ちびまる

ソウォン 願いのちびまるのレビュー・感想・評価

ソウォン 願い(2013年製作の映画)
4.0
この事件の犯人はもはや人でも何でもない。映画を観てずっと涙が止まらなかった。

平凡で幸せだった日常が、ある日突然音を立てて崩れ落ちる。地獄へ突き落とされる。小さな身体で辛い現実に向き合わなければならないこと、被害者家族の悔しさ、悲しさ、怒り…そんなものが、どーっと心に押し寄せて苦しかった。

映画の中では被害者家族の周りにいる人たちが、すごくいい人たちで希望を感じさせるストーリーとして描かれていたことが、ある種救いだったかもしれない。

何気なく、この作品の元となった事件を調べてみたら聞くに耐えない卑劣な事件だった。

劇中のソウォンの父母が「何で自分の子なの?」と心境を絞り出すシーンが頭から離れません。子供を育てるのが怖くなってしまうようなお話でした。