ソウォン 願いの作品情報・感想・評価

ソウォン 願い2013年製作の映画)

소원/Hope

上映日:2014年08月09日

製作国:

上映時間:123分

4.1

あらすじ

「ソウォン 願い」に投稿された感想・評価

途中で見るのを辞めたくなるくらい衝撃的でショッキングな映画だった。実話を基にした話だからこそやるせないくらい考えさせられる社会的な問題を取り上げてるこの映画を見る意味があるのかなと思う。
実話ベースと知っているからこそ、目を覆いたくなるような残酷な話。

この映画の面白いところは、事件自体ではなく、それによって傷を負った被害者とその家族の生活に焦点が当てられているところだ。

ハッピーエンドとはお世辞にも言えないが、一筋の光は差したのではないか。そう言えるラストだった。

周りの人たちの優しさにも救われるところがある。

残虐な事件に、韓国映画特有のドンヨリムードも加味されて、とても気楽には見られない重い話となっている。それでも見る意味のある映画だと言える。
maverick

maverickの感想・評価

4.9
ずっと気になっていて、ようやく鑑賞出来た。本当に、本当に素晴らしい作品。愛しい一人娘を性的暴行で傷つけられた両親の話。実際の事件を基に作られており、あまりにも酷い話で暗く憂鬱になる話かと思いきや、両親や周囲の温かさ優しさに涙が止まらない。一人の少女とその家族の幸せを踏みにじった許しがたい事件を描きつつ、そこから再生へと力強く歩んで行く姿に胸がいっぱいになる。娘のソウォン役の女の子がとても愛らしく、それが余計に涙を誘う。子役とはいえ自然な演技でそこも素晴らしい。こういう所でも日本との差を感じてしまう。父親を名優ソル・ギョングが演じる。この父親には多くの人が共感することと思う。不器用ながらも真っ直ぐに娘を愛している姿に涙する。娘も年頃から、そんな不器用でちょっとダサい父親と距離を置いているのだが、でもしっかりと家族の絆で繋がっているのだなというのが伝わる。事件のせいで家族の日常は破壊されてしまう。夫婦もバラバラになりかけるが、それを繋いだのは他でもない愛する娘への想いであった。本作には様々なテーマが盛り込まれている。性犯罪者への罪の軽さを問う司法への疑問であったり、そうした被害を受けた本人と家族の苦しみ、それでも世界は優しさで溢れているんだよということなど。時に辛く苦しく悲しく、時に優しく美しく。あざとさや安っぽさなど微塵も感じなかった。作品を作る側の本作に込めた想いがひしひしと伝わる珠玉の名作である。韓国映画で、『私の頭の中の消しゴム』と肩を並べる名作だと評したい。この家族が最後にどういう選択をするのか。是非ご覧いただきたい。このような誰かを苦しめる事件がこの世の中からなくなりますように。同じように傷つき苦しんでいる人の支えや希望に、本作がなればよいなと思います。
レビューが高かったから気になってたけどこういう映画ね。重すぎた。実話の方も調べたけどエグすぎた。人間のすることじゃない。自分の娘だったら…吐きそうだった。お父さんは娘を安心させようとしたのにレイプされたことを思い出したんだな。それでもできることをして愛を感じて涙が止まらなかった。
どんな代償で償われても足りない。折り合いなんてつけられない。そういう悲劇は世界中に溢れている。8才の少女、ソウォンが体験する悪夢は小さな体と心で耐えられる許容を遥かに越えていた。人の手で守られてきたものがどうして人の手で壊されてしまうんだろう。八つ裂き同然の痛みを想像して奥歯が軋んだ。あまりに凄惨なソウォンの姿に脳が全てを拒絶してしまいそうになる。両親もまた、傷ついた我が娘にうまく寄り添えない。何もかも差し出せるのに。愛しているのに。こんな苦しみに立ち塞がれて希望なんて見出だせるわけがない。「立ち直る」なんて、文字で見るだけで穴が開きそうだ。それでも、この映画は家族が歩まなくてはならない未来を開く。無情な現実や戻らない日常から目を反らさないままその道をそっと照らす。ドラマチックな部分はもちろんあるけれど、その光はどこまでも誠実だった。ソウォンに向かって幼なじみの男の子が声をかけるシーンがある。「ソウォン、頼むから早く元気になってくれよ」困ったように、労るように、ポツリとこぼれる声。がんばってね、よくなってね、場合によっては無責任に響いてしまうそれが柔らかく、けれど力強くソウォンを包む。こんな悲劇に相応しい慰めの言葉なんてこの世界には存在しない。だからこそ心のままに。ソウォン、早くよくなってね。元気になってね。映画まるごとに込められた真摯な願いが、わたしの胸にも行き届く。
顔夕

顔夕の感想・評価

4.3
もう重いとかいう次元じゃなくて、直視できないところもあった……ちゃんと観ないといけないんだろうけど。
実話ベースってことで、演技とか撮り方とかかなりの本気度を感じた。
希

希の感想・評価

5.0
胸に刺さる映画。
犯罪を犯した人間が軽罪になってしまう現実。
傷ついた人間が笑っているのは周りの人間を同じ目に合わせたくないから。
nagipei

nagipeiの感想・評価

5.0
観終えてから実際の事件の凄惨さを知り、裁判官が減刑したのがより信じられない
あのおっさん出てきた瞬間、もう言葉にならない嫌悪感で…辛い。
キムヘスクの役のおばちゃんが、なんか詐欺系なの?ってわりとずっとヒヤヒヤしてたけど違くてよかった。
日本だとこういう優しさは身内以外はお節介かと懸念してしまいしない人が多いだろうな。
2008年に韓国で実際に起きた少女レイプ事件とその裁判を基に作られた家族ドラマ。8歳の少女ソウォンの演技に何度も泣かされた。
Aya

Ayaの感想・評価

4.6
泣き所満載の映画です。悪い奴に立ち向かった彼女の強さに心打たれました。
>|