くろーだ

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うのくろーだのレビュー・感想・評価

4.0
初見で評価してはいけない映画…だと思う。が、あえて初見で。

薄っぺらく言うと、
『男に在る(?)、手に入れたら安心しちゃって、当初あった愛情が見当たらなくなっちゃった。もしかしたら無いかも。なので、一旦構築していたもの(心の象徴である目の前の自分の世界全て)をリセット(破壊)してみようと思います。』ていう映画。

で、実際に破壊していく過程で…ていう映画。

主人公の、失う前と失った時、破壊期、破壊後、の行動から見える心の動きは、何回か見るとより明確になるのだろうなと感じる映画でした。

目の前の世界が心の象徴だよなとか、
それを破壊したい。という衝動とか、
相手の気持ちを知った時に大切な想いとかを知ることができるんだよねとか、
なんか理解と共感してしまう自分て、大丈夫かな…とか思うのだけども。だ、大丈夫だよね?汗