雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

Zn

Znの感想・評価

-
よくある内容だけど心の変化の描き方が自然発生的でいい
タイトルがバリ好み
ちょっと言えないけど、凄いよ。
冷静に壊れる人の姿。
これは実際に自分の目で見てほしい。
音楽聴きながらノリノリで
フリーダムに出社する所すき。

修理するためには一度分解しなければならない。直すためには破壊しなくては。
組み直すためには、新たな人間関係が必要。これらがよくわかる。

ナイトクローラー然り、何か壊れた人間の役がほんとハマるなこの人。

泣いた
ファイトクラブがみたくなった
Jun1582

Jun1582の感想・評価

4.0
なんかわからんけど好き。さっきまで一緒にいて、いるのが当たり前の人が急にいなくなると、世界の見え方が変わる。その気持ちめっちゃよくわかる。そして言葉にならない感情とか...。そのへんの表現がぶっとんでるしよく表されてる。でも、夫婦という、元は他人やと肉親とは感情も違ってくるのかもしれんし、なにかしら毎日を送らせてくれる存在とか感情の拠り所も違うのかもしれん。カレンは現実に引き留めてくれる存在やったのかな。男女とかそういうのじゃなく。そういう私にはわからんかった感情も含めて、死の非日常さ、受け止め方、夫婦、ぶっとんだ子、ひっくるめて全部そのまま好きやったな。何年か後にまた見て、感想の違いを楽しみたい。
にしても、家は完全復元したんかなー笑
ユキ

ユキの感想・評価

3.1
ジェイクギレンホールは心が壊れてる役すげー合う
だけど人間性や感性や感情を取り戻して行くその姿は一種のカタルシスを起こす
破壊や人との出会いを通して妻を亡くした自分の心を整理するお話。途中主人公の行動がエスカレートしすぎて共感しづらくなったものの優しい映画だった。多くを語らず表情などで見せるので好き嫌い分かれそう。邦題のシーンはとても好きだけどこのタイトルにはモヤモヤしてる。
Lifesucks

Lifesucksの感想・評価

4.1
突然パートナーを失う。繰り返す自問自答。感情が寄せては引いてを繰り返す。
我を見失い、全てを捨て、破壊する。

エリートで冷淡な男が、パートナーの死をきっかけに堕落していく様子をジェイクジレンホールが好演している。
とみー

とみーの感想・評価

3.4
(こんなあなたにオススメ)
・一風変わった恋愛映画を観たい方
・心がなんだかサッパリしない方
・ボーッと黄昏たい気分の方
・イチャイチャラブラブな恋愛映画は好みじゃない方

(こんなあなたには向かないかも)
・結構難解な部分も多々あり
・意味分からん人には まじで意味分からんかも って感じ
・イチャイチャラブラブ観たいなら回れ右
・主演の目力ぱない

[喪失の果てに何がある?あなたは相手の事をちゃんと見れていますか?黄昏系ヒューマンドラマ]

なんと言っても タイトル!
洒落てない?洒落てるよね
back numberの曲にありそうだよね?
ストーリーは 妻を亡くした男が妻の事を知らなさすぎてヤバイみたいな話
とにかく洒落てる 洒落倒してる
ストーリーは結構難解なとこもありますが なんとなくこの男の気持ちも分かる自分がいます

とにかく言いたい事はこれ

洒落てた
tamai

tamaiの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

妻が死んだのに涙も出ないぼくは“おかしい”のかな?

義父「修復するにはまず解体!」

なるほどね、やってみるわ!
冷蔵庫、コーヒーマシン、会社のトイレ...

義父「何やってんだ!」

他人の家も解体...

足に釘が刺さった!クソ痛えww
銃で撃たれてみた!クソ痛えww
最高!いい痛みだ!

自分の家も解体...

はぁ〜スッキリ。...そういえば、ぼくの周り“おかしい”奴らばっかやん。
ジャンキー、クソガキ、自販機野郎...
義父!お前もや!
人ってみんなどっかおかしい。今になってやっと分かったよ。


ん?メモが落ちてる。サンバイザーに貼ってたやつだ...。
「雨の日は会えない、晴れた日は思い出す...」
そうかぁ、愛されてたんだなぁ。
あれ?泣いてる...。良かった、ぼくもちゃんと愛してた!

なんで気付かなかったんだろう。思えばぼくは楽な道しか選んで来なかったな。勉強はズル、就職はコネ。
そうか、結婚生活も疎かにしてたんだ。でもこれからは違う。何事もちゃんと向き合うよ。

悪い思い出はぶっ壊した。良い思い出は修復した。
今のぼくは駆けっこで1位にだってなれる。
めちゃくちゃ良かった…。主人公のどうしようもないやり切れなさや、全てを破壊してしまいたいという衝動にとても共感できた。絶望的なことが多く描かれているが、しっかりと希望のある描かれかたで、とても良かった。
やっぱりジェイクギレンホールの映画に外れはないな…。
>|