• Filmarksトップ
  • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの感想・レビュー

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:101分
    監督
    ジャン=マルク・ヴァレ
    脚本
    ブライン・シップ
    キャスト
    ジェイク・ギレンホール
    ナオミ・ワッツ
    クリス・クーパー
    ヘザー・リンド
    ポリー・ドレイパー
    ワス・スティーヴンス
    ブレンダン・ドーリング
    トム・ケンプ
    C・J・ウィルソン
    あらすじ
    妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

    「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・レビュー

    murajun
    murajunの感想・レビュー
    1時間
    3.0
    ストーリーが荒く起承転結がバラバラに感じたが、その一つ一つがビジュアル的にも内容的にも面白かったので全体的には見応えある良い映画だった。
    natsu
    natsuの感想・レビュー
    4時間
    -
    「たかが世界の〜」と同様、タイトルにものすごく惹かれて鑑賞。妻が死んだ…でも悲しくないという設定は「永い言い訳」と同じで、子どもが再生にからむところも本当に偶然?って疑うほど一緒で驚く。どちらも筋書きは好きだが、こちらは破壊の具合&精神崩壊、シングルマザーとの出会いやシチュエーションがありえない設定…と、とにかくいろいろやりすぎで、非現実すぎて感情移入しにくかった。ラストがよかっただけにとても惜しい。どなたかも批判されていたが、邦題タイトルと内容があわなすぎる。劇中では天気なんて全くふれておらず、突然みつけたメモのステキな言葉をタイトルにしただけ…。コピーがインパクトあっていいだけに、騙された感が半端ない。
    さんたく
    さんたくの感想・レビュー
    5時間
    3.0
    あいかわらずギレンホールの演技は大変よい
    ただ、ひとつひとつのエピソードの扱い方が丁寧ではなかったような感じがした。
    悪い映画ではないのだが…という感想
    spica
    spicaの感想・レビュー
    6時間
    -
    飛行機の中で、何の予備知識もなかったが、ギレンホールの情けない顔に惹かれて見始めた。

    妻が死んでも全然悲しめない。私には、無意識の部分で喪失感を感じているから物を壊すのではないかと思って見ていたのだが、全然違うかな。

    ギレンホールは全くダメになったように見えるのだが、シングルマザーの息子にとってはとてもいい相手だったようで、うまく現実に適応できない大人というのは、意外とつらい思いをしてる子供にとって救いになるのかなと思った。

    飛行機でも集中して見れるときもあるのだが、微妙なニュアンスみたいなものを見逃してしまってるかもしれない。

    もう一度見返した方がいいだろう。
    ぎぎぎ
    ぎぎぎの感想・レビュー
    7時間
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    序盤は編集チャラいし主人公ずっとトチ狂ってるしあまりノレなかったんですが。
    自宅破壊シークエンスの、一発撮りだけが成せるスリル。こればっかしはアガらざるを得ない。ジェイクギレンホールがブルドーザーとか持ち出すしでさいくぅ〜
    トーキョー映画館番長
    トーキョー映画館番長の感想・レビュー
    8時間
    3.0
    残念ながら評価は曇り…「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」。ハリウッド版《永い言い訳》との評があったけどそこには及ばなかった感じ。妻が死んで悲しみが無かった、だからきっかけを得て家を壊し始めた、の展開についていけなかった。クリスクーパーは再評価。
    マオ
    マオの感想・レビュー
    8時間
    3.5
    ある日、交通事故で妻が死んだ。
    彼女の親、自分の親、同僚、周りが涙を流し悲しむ中、デイヴィスは涙を流すことも、悲しむこともなかった。
    たいして妻のことを知らなかったことに、自分の無頓着さに気付かされ、彼女への愛はなかったのか?とまで考える。
    それを気に、いろんなものが気になり分解し破壊し始めた。
    そうすることで、無頓着な自分を理解しようとした。

    悲しみの吐き出し方は、人それぞれ。
    人にも自分にも無頓着ゆえに、うまく悲しめない。
    そんな男が唯一見つけた、感情のはけ口。

    苦情を出した自動販売機の会社のカスタマーサービス係、シングルマザーのカレンモレノと、彼女の息子。
    2人との出会いで、また少し自分を知れる。

    デイヴィスと息子くんの絡みが本当に最高。
    もっと見たいもっと見たい、と思ってしまう。
    年頃でちょいグレ中の少年が何でもかんでもfuck付きで喋る姿に
    「使い方が違う。fuckは素晴らしい言葉
    だけど、使いすぎるとバカにみえる。」
    と論するシーンよかった。
    少年が聞くいい感じの音楽にハマり、いつも通りのつまらない街中を踊り狂いながら歩くシーンも、一緒にぶっ壊すシーンも、悩みを聞くシーンも。


    何もかもぶっ壊したくなる時はあるから、破壊シーンは見入っちゃうというか、あんなに思いっきり壊せたら絶対気持ちいいだろうな〜〜。いや、ぶっとんでるけどね。

    悲しみの極致をまだ知らないから、特別共感はできない。
    ただ、こういう映画もいいなと思う。
    じんわり地面に広がる水たまりのように、ラストは、不思議な感情が心に広がっていく。挿入歌やエンディング曲も良い。

    感情が死んでしまった役のジェイクギレンホール、最高。
    彼のあのなんとも言えない表情だから成り立つ良さ。髭がある時もかっこいいけど、剃るとまた違うよさ。ぶっ飛んでるのに、終始色気漂う。いい俳優だわ。
    flare
    flareの感想・レビュー
    9時間
    3.5
    2017/2/20 渋谷シネパレス
    NARISHIMA
    NARISHIMAの感想・レビュー
    9時間
    3.7

    このレビューはネタバレを含みます

    最後、愛の見つけ方がどうも唐突で、最後まで納得いかず終わった。
    時折差し込まれる妻のカットで匂わせるんだろうけど、ひたすらネジが飛んだサイコ野郎に描くもんだから、こっちも理解不能。それが狙いかもしれないけど、膝を打つ感じにはなれなかった。
    でも、ジェイクのお得意サイコ野郎な演技を観れたし、冷める演出になりそうでならないギリギリなところが観てて楽しめたので少々加点。人によったら冷めちゃうかもね。
    JAVA
    JAVAの感想・レビュー
    9時間
    4.5
    富 名声 愛すべき人…
    幸せになれる要素は人によって違うということを まざまざと感じました

    幸せって何なんだろうって考えながら生きられる位の余裕が一番有り難いのかもしれないですね…
    >|