雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

mspiral

mspiralの感想・評価

3.5
邦題にもなった『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』って詩が出でくるシーン、重要なのはわかったけど、一回観ただけじゃ分かりづらいよ(笑)
見終わった後、解説を観て初めて「そういうことか!」と。(私の理解力の問題かもだけど。)
2回、3回と観るうちにさらに良さがジワジワくるやつかも。
nannahanae

nannahanaeの感想・評価

3.6
小粋。ジェイクギレンホールの演技が素晴らしい。現実だと静で表現されがちな心情を動で表現してて、ちょっとわかるなーってなる。クリスも絶妙だった。途中、iPhoneのCMかな?って思うようなオシャレシーンがこれまたいい。
Sanko

Sankoの感想・評価

2.0
うーん。途中から早送り鑑賞に。期待していただけに、ちょっと、残念。
Komi

Komiの感想・評価

3.8
「破壊を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは-ー」

ってあらすじには書いてありますが。


本当に大切なものとは何だったんでしょうか?彼はそれがわかったんでしょうか?
どれがきっかけで彼は感情を取り戻せたんでしょうか。

突然の喪失に感情がついていけずに、それまで通りの日常を送ろうとしてしまう。そこはとても理解できたんですが。

難しくて一度観ただけでは整理てきませんでしたが、なんか良い作品だったのは感じられました。

自販機会社にクレーム出して繋がる縁、って、不思議で素敵です。仕事だからではなく、心で感じて反応してくれる人と出会えた。人との縁って、計算ではないんですよね。
maochi

maochiの感想・評価

-
タイトル負け。もう少しロマンチックなものを期待していた。ファック。
破壊からの再生。
「おまえだったらよかったのに」とか「産めばよかったのに」とか、遂に膿を出し切った。
穏やかなメリーゴーランドがデイヴィスを癒していくね…
森川

森川の感想・評価

3.9
愛しきれなかっただとか、壊したいだとか、本当に人間はどんなシンパシーで繋がるか分からないなって思わされる。デイヴィスが妻の話を出来たのが、親身に気にかけてくれた義父ではなくて、たまたま電話をかけた顧客対応の人だったのは心苦しいけど、仕方ない!ある程度関係の無い人になら、っていうのも分かる!し、そこで得たカレンとクリスとの関わりと"demolition"で自分(妻)と向き合って、少しずつ綻んでいくデイヴィスがドチャクソに魅力的だった。雨上がりに光ってるみたいだった。クリス役のジュダ・ルイス君をガン推しする!!!
じゅん

じゅんの感想・評価

3.8
初見の感想は、『ん?結局...え〜っと...ん?』となったのが素直な感想です。
考察を読んでもう一度観るとストンと気持ちが入ってきて自然と涙が出ました。

邦題がいまいち?
ジェイクギレンホールが更に好きになりました!あと音楽がよかった!
誰しもに起こりうるすごく人間味あふれる映画 。
最後には自然に涙が流れる感じ 。
何回見ても飽きないと思う 。
watermelon

watermelonの感想・評価

4.4
何年後かにこの映画をまた観た時には、この感覚がわかるようになっていてほしい
>|