• Filmarksトップ
  • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:101分
    監督
    ジャン=マルク・ヴァレ
    脚本
    ブライン・シップ
    キャスト
    ジェイク・ギレンホール
    ナオミ・ワッツ
    クリス・クーパー
    ヘザー・リンド
    ポリー・ドレイパー
    ワス・スティーヴンス
    ブレンダン・ドーリング
    トム・ケンプ
    C・J・ウィルソン
    あらすじ
    妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

    「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

    初めてみるこの感じ。
    なんか不思議と入りこんでいく。
    すごく深い気がしてならない。
    Shiren
    3.8
    ・冒頭の衝撃的な事故シーンから始まり、ぶつ切りのカットで主人公の事故後の状況を描写される。本当に主人公は妻を愛していなかったのか、それとも妻を突然亡くしてしまった衝撃で愛していなかったことにしようとしているのか観客にも主人公本人にも理解できない状況で進む物語。
    ・自動販売機で買った商品が出てこなかったからと販売機ベンダーに長文の手紙を送ったり、手当たり次第に身の回りのものを分解したり、徐々に主人公が奇行に走ることで始まる非日常の世界。怒涛の序盤の展開から完全に予測できない結果への着地は見事。
    ・感情を表に出さない主演のジェイク・ギレンホールは完全にハマリ役。こういう不気味なサイコパスっぽい役柄で右に出る俳優は他に思いつかない。あと子役?のジュダ・ルイスが美少年すぎる。今後ブレイクしそうなので注目しておこう。
    ・同じテーマで作製された邦画「永い言い訳」と対比させてみると非常に面白い(最終的なテーマと結末はまるっきり違うけれど)
    Yushi
    3.8
    パッと見だとめちゃくちゃでわけわからん作品に感じてしまうけども、後半にかけてジワジワ響いてくる映画でした。
    ジェイク・ギレンホールは今作も素晴らしい!
    ジュダ・ルイスくんは美少年すぎてずっとお顔を眺めていたかった…。「シニカルでひねくれた賢い少年」という役柄が似合いすぎてた。これからが楽しみですね。
    ぴのこ
    3.0
    妻を無くしたのに自分が悲しんでいないことに
    気づいてしまった男性が
    破壊と分解を繰り返しながらそのものと向き合い
    自分の欠け落ちた部分を再構築するストーリー。


    先ずは邦題とポスターから
    イメージしていた内容とは
    全く異なる見せ方でした、
    鬱々としたような雰囲気は無く、なんなら爽快。
    いい感じの音楽なんかもかかっちゃって、
    この映画の良かったポイントは
    音楽とクリスのcoolさと
    クリスとディヴィスとの関係。
    兎に角クリスがいい仕事してました!!


    全体としては
    鑑賞後何だか腑に落ちない
    ディヴィスの感情がいまいちピンとこない
    自分にモヤッと残るこの感じを
    解明すべく色んな人の考察をみて考え
    そこで気づいたのは勿論自分の理解力の無さ。
    ”雨の日は会えない グルーミング”
    で検索しますとすっごく分かりやすい
    考察書いてくれてる方が居ます。
    あのチョコがmmのピーナッツで
    ある事にまで意味があるとはなぁー。。
    もっと目を鍛えて学ばねばと
    思った次第です。

    ですが理解しても尚何だかなぁーだったのは、
    彼の愛が薄っぺらく感じたからかなぁ、と思いました。

    失ってから大切なものに
    気づくとは良くある話で、でも
    彼はそれすらも気づけない?
    感情に蓋をしてしまっている
    自分と向き合えない、、、
    わかる、それはわかる、
    それって気づいているのに知らない
    ふりをしているってならまだしも
    彼は確実に物事に無関心な人間であった訳で
    そのうえ他の女性にに現を抜かし
    ボコボコになって周りの状況も
    ぐだぐだになってそこでようやく
    気づく自分の気持ちって愛って
    どれ程のものなのかと根本的に
    思ってしまったのでした。


    あとは妻の妊娠の件での
    母親の発言は嘘なのか本当なのか
    分かりにくい、分からない。
    ワゴン車の伏線のためだけの嘘?
    事実なら事実でんんん!?だしなぁ、、
    JohnOsh
    3.9

    このレビューはネタバレを含みます

    『後ろ歩きのショット』が象徴するようにアート映画の要素もある。得てしてアート映画はそのストーリーは単純なものだけど、これはストーリーも挑戦的で、社会的とも言える。総じて分かりにくい節はある。
    邦題だが、例のセリフの主語と目的語を逆転させて、主人公を主体にしたもの。スタッフの独自解釈が濃く、原題の『ザ・破壊(the demolition)』とまるで逆なのは、かなり攻めてると思う。ただ、この映画は感動物語ではない。いわゆる泣ける話ではない。たぶん。邦題はその辺ミスった感。
    普段ドラマとか見まくる人々は、妻が死んでも悲しめない主人公のことをサイコパスとか普通いないとか言うかも知れないけど、現実のところ、ドラマみたいにラブラブの夫婦なんてそういなくて、仕事を一番に、でも時々ささやかに微笑みあうような、主人公夫婦の関係はすごくリアルだし、むしろ世間では幸せなほうじゃないかと思う。自分達は本当に愛し合っていたのだろうか?っていう疑問がこの映画のテーマの一つだったし、ラストで描かれたのは『妻が主人公を愛していたこと』であると同時に『主人公が、妻を愛していたと気付くこと』でもある。だから邦題はそこの無意味なネタバレにもなってて本当よくない。何か邦題の悪口ばっかり言ってるけど。
    映画の中では失った妻との物語のほかに、義父との物語、ナオミワッツ、その息子、それぞれの人物と独自の物語が築かれていく。それが一種のリアリティでもあるし、どの物語も見ごたえがある。見終わったあとに残るのは爽快感。ともかく、タイトルは『破壊』だと思って一度見てみて欲しい。
    壊れた感情は回復するのか、自分はしないと思う。
    ジェイクギレンホールが喜々としてジェイクギレンホールを演じるさまは彼のファンとして楽しめる。が、映画としては古臭さを感じてしまった。00年代中盤辺り、こういうの流行ったよなあ
    おすぎ
    3.0
    あんなスマートな顔したイケメンな気狂い、いる??笑

    あの家のセットたちは、
    壊されるために造られたのか
    それとも
    (映画を)創るために壊されたのか

    破壊されてく描写は好きじゃない><
    ほんと良かった。
    >|