• Filmarksトップ
  • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの感想・レビュー

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:101分
    監督
    ジャン=マルク・ヴァレ
    脚本
    ブライン・シップ
    キャスト
    ジェイク・ギレンホール
    ナオミ・ワッツ
    クリス・クーパー
    ヘザー・リンド
    ポリー・ドレイパー
    ワス・スティーヴンス
    ブレンダン・ドーリング
    トム・ケンプ
    C・J・ウィルソン
    あらすじ
    妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

    「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・レビュー

    ライ
    ライの感想・レビュー
    5時間
    3.9
    やっと観れた〜
    長く公開してくれた渋谷シネパレスさん、ありがとう御座いますm(__)m

    妻の死に悲しくもなかったが、段々と生活に変化が。物を解体し、そした心が壊れて行く。そして、その先に見つけたものは。

    ジェイク・ギレンホールの演技は素晴らしかった。
    ジェントルマンから道化、奇怪な行動、本当の心を知った瞬間など。観ている側も辛くなりました。
    家畜人六号
    家畜人六号の感想・レビュー
    8時間
    3.8
    原題はDemolition。取り壊し、特権などの打破といった意味。
    「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」という邦題は宣伝部がスカしてつけたのかと思ったら、映画の終わりの方で意外な意味があるのがわかる。

    交通事故で突然妻をなくした男が、まったく悲しくないアパシー(無感情)状態になってしまう。
    当人が一種、壊れた状態になるのだが、それが鬱っぽい調子で描かれるのではなく、妙にすっこ抜けた、時にはよってはユーモラスですらある調子で描かれるのがユニークなところ。

    特に周囲の機械部品を本当に分解しだしてしまい、中を見たがるようになるという症状はかなり可笑しい。
    さらに解体業者の仕事を見ていて急にやりたくなってスーツ姿のままハンマーをふるって家の解体を始めるという冗談みたいな展開が痛快。一方で家を壊すというのは相当な重労働なのだなと思わせる。

    ときどきストーリーと関係ないフラッシュバックやイメージカットが入ってきて適度に通常の映画の流れを壊すとともに美的センスを見せる。

    一方で相当にムチャな自分の身体を傷つけるような真似をして平気というあたり、ひやっとさせられる。

    さらに自動販売機がうまく動かなくて商品が出ず、わざわざ機械に書いてあるトラブル時の連絡先をスマホで撮って、それで苦情の電話かメールをするのかと思いきや、不思議なことにわざわざ手紙を書く。
    手書きの手紙、という今どき連絡するだけだったら誰が使うのか、というツールを改めて持ち出したのがおもしろいところ。
    こやま
    こやまの感想・レビュー
    9時間
    3.5
    多くの方が書かれていますが、「永い言い訳」を思い出しますね。どっちの方がいいとは言いませんが、こちらの方が観念的? 分かりにくいのかなと。

    そして、邦題はこれじゃない感が。
    あの妻のメッセージが出てきても、あーなるほど!ってならなかったんですよね。読解力不足で申し訳ないんですが。
    ほかの人の解釈を聞いてみたい映画です。
    なりみ
    なりみの感想・レビュー
    10時間
    2.9
    妻がなくなって痛みを感じまいと無意識にしていたけど、その痛みを思い出してしまった時が見ていてとてもしんどかった。
    あとは邦題の意味が見た後もあまりしっくりこず…、内容はしんどさで終わるのではなく少し心が軽くなるような終わり方でよかった!
    ekoma125
    ekoma125の感想・レビュー
    10時間
    3.7
    複雑そうでシンプル、そして引き込まれる101分。
    色々なしがらみの中、他人から見れば狂ってるような馬鹿げたことを沢山して初めて気付く。凄く切なくて辛かったですが、最後には少し晴れやかな気持ちになりました。
    ジェイク・ギレンホールの演技は特に最後まで引き込まれるものがありました。その他のキャスト陣も素晴らしいの一言。
    けんけん
    けんけんの感想・レビュー
    12時間
    3.6
    ストーリーゆっくり進んでいくけれどおもしろかった。ジェイクギレンホールがやはりすごい演技をしていた。
    めばち子
    めばち子の感想・レビュー
    19時間
    5.0
    壊れてからでないとその存在を確かめることのできないものがある。原題の意味する『破壊』を経て主人公がたどり着く、かつて確かに存在した愛の在り処の象徴としてのメリーゴーランドを目にした時、どうしようもないほど涙が出て、図らずも嗚咽を漏らしてしまった。
    『ダラス・バイヤーズクラブ』でもそうだったが、失って初めて気づく大切なもの、尊厳や自由、自身に正直に生きることを奇をてらわずに、しかし誰もの胸にしかと届くように描きながら、一人の男の魂の再生へと至る物語は、日々の生活の中で何かしら大切なものを失いながら、それとは気づかずに(若しくは気づかない振りをして)やり過ごす現代の我々の物語として共振し、共鳴しながら、主人公たちのその強さで胸を打つ。
    ラストで遠くから主人公を望遠鏡で見つめる少年。中盤にも同じシーンがあったが、その時とは別人の、これから先の人生を確かな自身のものとして生きて行く二人がそこにはいる。
    そう。ここでの少年とは本作を観た我々一人一人のことなのである。
    マリアンヌ
    マリアンヌの感想・レビュー
    21時間
    3.8
    ハリウッド版

    いま会いにいきます?(^○^)あはは〰️。違う➰✨ごめんなさいね〰️。(^○^)
    panpie
    panpieの感想・レビュー
    22時間
    4.2
    ジェイクがぶっ壊れてた。


    いつもの通勤風景。
    頼んだのに水漏れしてる冷蔵庫の修理まだ?と話していたら横から車が突っ込んで来た!

    交通事故で妻が死んだ。
    妻が死んでも悲しくない。
    涙も出ない。
    何故?
    彼女のことを何も知らない。
    愛していなかったから。
    興味もなかったから。

    病院にあったm&mの自販機にお金を入れたのに商品が挟まって出てこなかった。
    ジェイク演じるデイヴィスは管理会社に苦情の手紙を書く。
    そこに何故か死んだ妻の事も書いて。

    ある日の真夜中デイヴィスは妻が死ぬ前に冷蔵庫の水漏れを直してと頼まれていた事を思い出し修理のつもりが全てバラバラにしてしまう。
    そこへ電話がかかってくる。
    苦情を書いて送った会社の苦情係(ナオミ・ワッツ)からだった。
    妻が死んだが涙が出ないとか愛してなかったという所が気になってなのか彼女と何度か苦情係を超えて電話や手紙のやりとりを始めとうとうひょんな事から彼女の家へ行く事になり彼女の恋人に会ってしまい疑われたり微妙なお年頃の息子にも会う事になる。
    彼女とその息子との交流でデイヴィスは無関心だった自分から少しずつエキセントリックな方法だが自分を取り戻していく。


    破壊と再生の物語。


    「永い言い訳」を思い出した。
    長い結婚生活においてこのやろ!と思う事は多々あっても死んだら別だと思うんだけど。
    そんな目に合ってないけど私ならやっぱり悲しくて泣くと思う。
    普段映画を観てるだけで簡単に感情移入出来るし涙はすぐに溢れ出すし止まらなくなる。
    「永い言い訳」の衣笠幸男もそうだけど男って泣けないものなのかな?
    悲しくないのかな?
    ちょっとそう思って悲しくなった。
    もしかしたらこれは自覚してなかっただけで愛していた妻の突然の死を受け入れられなかっただけなのか。

    でもこの映画の凄いのはそれだけではない事だった。
    ある母息子との出会いと結婚生活を破壊する事で再生を図るのだ。


    この息子くんが凄くいい!
    どなたかのレビューにあったけどかつてのエドワード・ファーロングを彷彿とさせる美少年!(*^^*)
    15歳で見た目は12歳、頭の中は21歳って母親役のナオミ・ワッツが言ってたっけ。笑
    この子も思春期真っ盛りの男の子で女親では寄り添えない複雑な問題を抱えていてその答えを求めていたから恋人がいるのにも関わらず母親が連れて来た変な男を警戒していたがこいつ意外と話せると分かった時に二人は自然と時には友達の様に時には父親の様に寄り添って行く。
    ファックを連発する少年にジェイクが叱るでもなくアドバイスするのだがこれは父親だったらこんな風には言えない。
    これが案外少年の心を捉えたのだと思う。
    ドラムも叩けるし踊りも上手かった!
    そこからのジェイクがヘッドホンをして街中を踊るとこはサイコーだった!ヽ(´▽`)/
    ここでかかるMr BigのFREEに痺れて(あとエンディングでかかってた曲もいい!)サントラ探しに行ったけど売ってなく…仕方なしにYouTubeで調べて聞いています。
    やばい!はまった!
    私も踊り出すかも⁈


    でもあの素敵な家をぶっ壊さなくても再生出来ませんか?
    これが私の疑問。
    壊さなかったら原題を全く無視してしまう事になるのだけど。
    死んだ妻の親がお金持ちという設定だからあんなに派手に壊しても生活は出来るし困らなさそうでそこがちょっと庶民とはかけ離れていて感情移入できなかった。
    生活に余裕ないですよね?庶民は。
    ぶっ壊したら終わりです。
    なので普通はぶっ壊しません。
    そこに共感できずリアリティに欠けた。

    義父フィルを演じたクリス・クーパー。
    よく脇役で悪役や軍の上層部の役などで見かける役者さん。
    今作では娘婿に敵意むき出しでいい演技をしていた。笑
    娘はやっぱり幾つになっても宝物でそれを奪い死に至らしめたちょっと変人で腹の中では何を考えてるかわからない婿を憎んでいる。
    お前が代わりに死ねば良かった!とデイヴィスに言い放つ。
    でもラストのフィルとデイヴィスのシーンは素晴らしかった!
    初めて二人の心が寄り添い琴線に触れたシーン。
    ここは良かった。
    心が震えた。
    涙が溢れた。


    「永い言い訳」は正直感動しなかった。
    子役や竹原ピストルさんが素晴らしかったが本木さんに感情移入できず原作のラストで号泣したにも関わらず感動できなかった。
    今作は「永い言い訳」を上回ったのは何故だろう。
    ジェイクのダンスかな。笑
    笑いも涙も感動もあのダンスから感じた。
    この映画の全て。
    壊れ欠けたあの母息子の設定は良かった。
    一緒にどん底から這い上がって行く様が良かった。
    惹かれあっても男女の関係にはならずでも心からお互いを理解し支え合っていた友達として描かれていて良かった。
    浜辺の二人のシーン良かったな。
    あとはやっぱりジェイクの演技かな。
    ていうかダンス。笑
    サイコーだった。\( ˆoˆ )/

    ジェイク・ギレンホール。
    前評判で今作は心配だったのだがこんなどっちに転ぶか分からない作品を引き寄せ感動させてくれた。
    壊れたらまた一から壊して始めればいい。
    あの微笑み顔はやはり憎めない。
    私を惹きつけて止まないあの微笑みをまた次の作品に探したい。
    たくみ
    たくみの感想・レビュー
    1日
    4.0
    突然の事故で妻を亡くした男のお話ですが

    正直前半は彼の奇怪な行動に共感できずに

    イライラしながら観ました。

    でも後半だんだん彼の心に寄り添っていける

    見事な演出が光っていた気がします。

    主演はジェイク・ギレン総帥。

    個人的には少し苦手な部類の役者さんなんですが

    年を重ねるごとに良い役者になってますよね。

    ナオミ・ワッツも良い感じのやつれ具合でした。

    原題は「Demolition」。解体とか破壊って意味ですが

    確かにこのまま「デモリッション」って邦題にするのは

    ダメかもしれませんが、こんなに変にロマンチックな邦題に

    したのもやっぱり失敗だな。雨とか晴れとか意味不明だもん。
    >|