雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

毛布

毛布の感想・評価

-
邦題から気になってた作品。「雨の日は君を想う、晴れた日は会えない」、いや素敵でしょ!気になっちゃう。
でも原題とは全然違くて、想像した内容とも違くて、びっくりした。なぜ邦題は美しい感じにしたんだろう...
いい意味でなんとも言えなかった。少年が好き。
とろろ

とろろの感想・評価

3.5
久々に洋画。タイトルに惹かれて WOWOWで録画しておいた作品を鑑賞。
主人公の心象的と言えばいいのか、回想のような場面が入り、完全に理解したとは言えないけれど、見入ってしまった。
今までの人生の解体…なかなか刺さるものがあると思うのは自分だけだろうか?
こんなずぶ濡れ裸ん坊で泣いている、顔面濃厚胸板厚男さんの気持ちが手に取るように判るなんてどうしたことだろう。画面の音も色も光もぐんぐん身体に入ってくる。私も同じ景色を見たし同じ空気を確かに吸った。日常が一瞬で昨日までと切り離されて、身体が強力に撥水加工された空っぽの袋みたいになって、降りかかる数多の言葉は一粒も浸透せず、すべての現象は象徴となり、実態は身体をすり抜けて、なのにフラッシュバックのように脳は記憶を再生し続け、今日の季節すら忘れて過ごした日々。今もその延長線上に立っている。ディヴィスは私だ。

奇異の目で見られるであろう破壊行動も、心底羨ましかったし見てて快感だったし私もマイ斧を持参して参加したかった。彼のあらゆる衝動は1つ残らず必要なこと。綻びだらけで騙し騙し生きるよりも、読まれるはずのない手紙を書いて、家電を全部分解して、雑踏をめちゃくちゃに踊りながら歩くべきなのかもしれない。一度きちんと壊れて再生すべきなのかもしれない。せめて身体のネジが錆びついてしまう前に、バラバラに解体して部品を全部並べてみたい。足りないパーツが沢山あることに安心したい。そして不具合だらけなのにずっと耐えて動いてくれてたこの小さな器を労ってあげたい。
mino

minoの感想・評価

4.0
理解しようとなんかしなくていい。
ていうか、出来ない。

あることをきっかけに溢れ出る感情が物凄く荒かった。
それでいて悲しかった。

別に観ていてスッキリしたわけではないし、感動するわけでもないけど、1度観ればきっと忘れないだろう作品。

あと、ジェイクギレンホールって素晴らしい。本当に素晴らしい。
Toku

Tokuの感想・評価

5.0
気になった言葉
見えなかった事に気付き始めたんだ。いや、見えてはいたのかも、ただ無関心だっただけで。今はなぜか全てが何かしらの象徴になった。「象徴に」…

気になった音楽たち
Redford (For Yia-Yia And Pappou)/Sufjan Stevens
Crazy On You/Heart
Touch Me I’m Going to Scream Pt. 2/My Morning Jacket
Mr. Big/Free
Watch The Show/M. Ward
Sweaty Fingers/Cave
La boheme/Charles Aznavour
When I Was Young/The Animals
Warwest Regards/Half Moon Run
のーみ

のーみの感想・評価

3.9
妻の死に対して悲しむことができない夫。アメリカ版「永い言い訳」かな?
壊れたものは一度分解して組み立てなおすこと、そう義父に教えられたデイヴィスは次々と周りのものを破壊していく。直し方も分からないのに。そんな彼の行動にすごくやるせなさを感じた。

最後にタイトルの意味が分かると書かれていたけど私には理解できなかった。解説サイトで理解できたけど、初見で気付ける人すごい。

流れは淡々としているけど、色々考えながら観れてすごく良かった。
kogacola

kogacolaの感想・評価

4.0
登場人物少なくて観やすくて個人的には好きな映画。が、邦題はありえない。
その言葉は劇中でも1つのポイント。しょうもないネタバレ。この邦題だと映画が別のに感じる。原題がしっくりくるし、中身はけっこうイカれてる。
分解して組み立て直す。もうこのままいきすぎたらバラバラ殺人でも起こしそうな、、ギリギリそこまではいかず、カウンセリングじゃないけど、カウンセリングになって立ち直りましたと。
ルイ

ルイの感想・評価

3.0
9/22 demolition

やもめ、孤児、fuck、クレイジーフォー・ユー、見てたけど気に留めなかった。
破壊と再生。理解は出来なくもないけど・・・・ハマれない作品だった。Demolitionがなぜ「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」なんて詩的なタイトルになったのだろう?ジェイクギレンホールが途中ナイトクローラーの彼に被って観えなくもなかった。

直ぐに他の女に手を出して、その息子と仲良く妻と一緒に暮らした家を壊す?やはり殆ど共感は出来ない。その息子があんな状態の男に懐くかな?しかし観どころはその息子と主人公のコンビネーションの良さのような気がした。一体どこに共感すればいいのだろうか。
たくや

たくやの感想・評価

3.1
破壊と組み立て直し。

爽快なシーンがありながらも、終始考えてないといかんので疲れた。

こういう表現をより深く理解できるようになりたい
>|