雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

やばすぎる。
解体のところあたりはちょっとやりすぎじゃね?って思うけど気分がいい
見終わってから邦題をしみじみと噛みしめる…
7N3

7N3の感想・評価

3.7
靄がかかったような頭の中とは裏腹に朝はまた来て、淡々と過ぎる時間に順応していく自分を不気味におもう。
わたしにも死んだ大切な人が居るけど、もう正にそんなかんじだった。

本当に「かなしく」ないなら、分解する気にもならないし、壊したいなんて思わないよ。
喜ぶ方法や愛する方法と同じで、かなしむ方法が人それぞれなだけだし、自分でもそれを「悲しみ」だと認識出来ないときがあるよ。

付箋でそれに気づいたんだね。
よかったね。
かの

かのの感想・評価

3.7
よく分かんなかった。
ただ、心に沁みる映画ではあった。
何が?と聞かれれば、分からない。
ただ、何かが沁みた。

言葉で愛していないと言いつつ、壊れていく主人公。
夫婦って難しい。
恋人とは、180度違うものだなと思った。

「夫婦として、愛を疎かにしていた。」

改めて、私も恋人との愛を疎かにしてないかなって考えた昨日、とにかく抱きました。
それだけでも、よかったのかなと思います。
なんと言えば良いのか。
決してつまらなくない。
なぜか分からないけど感動するし
心に引っかかって何度も見たくなる。
万人にオススメできる作品ではない。
けど自分は好き。
劇中に出てくる曲も良い。
邦題に関しても文句なしです。
【あらすじ】
妻ジュリアの父親フィルが経営する投資銀行で働くデイヴィスだが、妻が運転する車で出社する途中、彼女は事故死してしまう。デイヴィスはそんな悲劇を機に、自分がジュリアを愛していなかったと感じるように。そんなデイヴィスは、自販機から商品が出てこなかったと苦情の手紙を送ったのを機に、自販機を管理する会社で苦情処理係をするシングルマザー、カレンと知り合い、彼女やその息子クリスと交流するようになる。

【感想】
観終わった後の感情は喜怒哀楽のどれにも当てはまらないけど、心に沁みた良い映画だったなあ。

ギレンホールはやっぱり変人がよく似合います。あの眼が特徴的。

大切なものって失くしてから気付くことありますよね。だからこそいつも大事にしないといけませんね。
うめ

うめの感想・評価

3.8
破壊欲求がある気持ちなんとなく分かるなぁ。けど、家でそんなことしたら、誰が片付けるの?家具とか壊したらどうするの?って思ってなかなか出来ないことけどね。映画のセットだったら、かなり破壊できるのにねw
くろち

くろちの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

正直この手の映画は好みではないことが多い。
アート系の映画は難しくて、結局分からないってなるのがいつもの事でこの映画もしっかり理解出来てはいないです。
でも…なんか…すきだ( ´ ` )
ギレホさんの演技がすごいのは当たり前なんやけど、やっぱりそのすごさに毎回心奪われるものがあるよなぁ。
個人的には音楽聞きながら街中を踊ってるところがすごい好き!
ギレホダンシング( 'ω' و(و"♪
妻からのメッセージを見つけて"あぁ妻を愛していたんだ"と涙するところは1番の心つかまれるシーンだと思う。
そこでもウルウルきてたんやけど、最後のお義父さんに妻を愛していたと、奨学金とは違う形でしたい事がある、お義父さんと一緒にしたいと涙を浮かべながら言うシーンが1番見ていて胸にきました。
完全にギレホさんにもってかれた。
涙がウルウルどころではなくウリュリュリュ。
カレンとどうなったかは見てる側の想像次第なのかな〜気になるね( ˘ ˘ )
ナオミ・ワッツ綺麗〜。
妻が亡くなっても感情が無く愛していたのか分からなかったデイヴィスだったけど、妻が亡くなってからの彼の行動を見ていると愛していたからきっとそうなっちゃったんやろうなって。
壊して壊して壊して、やっと見つけたんやね。
でも、どうか愛はおろそかにはしないで。笑

そして息子役の子が親友の子の弟にそっくりなので、びっくりしました。笑
ずっと観たかった一本。

たんたんと静かに流れていく雰囲気が心地よい。妻を事故で亡くしたのに、何にも感じないディヴィス。ショックで心が欠けてしまったのかもしれない。でも、10〜12年前からと説明するシーンがある…。彼は元から感情が揺れ動くことが少なかったから、妻が居なくなっても平気なのかと自問自答を繰り返す。しかし、カレンと話をする内にジュリアへの愛に気づいていく…。
終盤でディヴィスが感情を抑えきれずに車の中で涙するシーンが最高。そこで一気に泣きそうになった。
愛ってなんだろう…。本当に好きなのか?迷った時にこの映画を観たい。
カイ

カイの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

原題は"Demolition"。一つの"破壊"(車)から始まる、妻への想いを探す旅。時折全てから自由になって心のままに振る舞えたらと思う。好きな音楽を聴きながら街中で踊り狂う。名前だけを知っている相手と友達になる。銃で撃たれてみる。人生とはコントロールすることの連続。そこから脱却することでデイヴィスは自分の本当の気持ちを知ろうとする。「自分は妻を愛していたのだろうか?」と。彼の愛が疎かになったためか。いつのまにか傍にいることが当たり前になっていた相手。どこまでも心のままに、正直に進んだ先に答えを得た。壊して、再構築する。心もまた、そうなのかもしれない。雨の日は会えない、晴れた日は君を想う。
はる

はるの感想・評価

2.8
色々な人のレビューを見て、
少しだけ、ほんの少しだけ理解した。


分からなかった自分が悔しいと思った。

でも、ひとに関心がなくて、失ってから色々な人や物に興味をもった感覚は、ちょっと前の自分とはって重なった。
>|