雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

ミズキ

ミズキの感想・評価

3.8
妻を失っても全く悲しくない。
愛していなかったんだろうな。
そう思ってても、
そう思ったのに、
少しずつ壊れていく、否、壊していく。
妻を知るために、自分を知るために、
何かを立て直すために。
壊して分解して並べてみて
本当の「姿」を、
本当に必要な「何か」を、
探すために。
ぽし

ぽしの感想・評価

4.1
破壊と構築
周りへの関心とグルーミングに気づくということ。
クリスとのシーンがとても好き。
kyoko

kyokoの感想・評価

3.8
邦題のシーンでそこかいってなった。ややこしい、けど嫌いじゃない。
奥さんは寂しかったのかなー。。
ひかり

ひかりの感想・評価

3.6
途中までこれは一体何が起きてるんだろうという感情しかなくて

ひたすら壊し続けるデイヴィス

何に対しても感情がわかない

ただ自分の本能のままに動いて動いて動いた先にやっと見つけたデイヴィスがやりたかったこと
デイヴィスが大切にしたかったこと
デイヴィスがなくなった奥さんとの大事にしてた思い出
それが最後の最後にやっと放たれて

ああ、これはずるい映画だと思った、、笑


本当にただ頭がおかしくなってしまった人間の変化を見せられてる気分から
一気に目頭熱くさせるなんてたまらない

我慢強い人に見てほしい笑
manami

manamiの感想・評価

-
周囲に対して無関心、なるべく関係を築かないようにやり過ごしてきた。妻の死を悲しむこともできず、妻との思い出すら浮かばない。そんなディヴィスの破壊行為は、彼が唯一、自分の外側の世界に働きかけられる手段なのか。それとも感覚のない自分が生きていることを確かめられる、自傷行為にも似た衝動なのか。
って言うかあんな素敵な家いらないならちょうだいよ。
そしてジュダルイスくんが可愛くてイケメン。

邦題を決めた人にじっくり問いただしたい。
Saeko

Saekoの感想・評価

-
なんでかわからないけど、もの凄く共感できる。
I wanted to be like that, but I don’t want to be like that.
気づくの時間かかりすぎね。
そんな時間かかったらもはや無いみたいなもんでしょって思った。
100分映画ちょうど良い。

このレビューはネタバレを含みます

都会に生きる代償のひとつなのかも知れない。無感動無関心。
文字通りの破壊を重ねることで心が、感情が再構築されていく。あらゆる場面にその瞬間が散らばっていて、すべてに意味がある。
何度も観て新発見が味わえると思った。
初見では、電車の急ブレーキ、猿の蚤取りが気に入った。

それにしてもこれは男性独特の物語であります。私には破壊の規模が追い付かず、せいぜい植木鉢壊すくらいで一件落着するから映画にならんわ。家壊す体力と財力が欲しい。
Yu

Yuの感想・評価

3.5
よく分からない。

けど多分自分の頭で考え心で感じることの大切さを話してた。

分解衝動や愛に気づく瞬間は、まさにそのことを表していたし、優等生ぽい奨学金受給者がクズなのもそう。
ゲイの話もそう。

けどヤク中の女の人は何やったんや。
よく分からない。
しよく分からない感が映画を魅力的にしてる感がある。
とめ

とめの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

静かに何回も泣いた。

泣けないこと、泣くということ。

奥さんがいること空気みたいに当たり前だったんだろうな。
奥さんも、それは中絶という女としては絶対の痛みを払っても。

壊れて、涙腺が壊れたように涙が止まらないときもあれば、壊れて、涙腺も壊れて、感情も壊れて、バランスが保てなくなるときもあるよね。

分析して理解するための分解、それを延長して衝動を足した破壊行動、わかりみが強すぎて。

破壊行動が終わるきっかけなんて、呆気ないものなんだよ。正気に戻る瞬間って確かにあるんだよ。それでも痛いものは痛いのだけど。
>|