雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.8

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

8さん

8さんの感想・評価

3.9
1人の男の人間性と人生の脆さを描いたドラマ作品。

デイヴィスは出世コースに乗り、富も地位も手に入れたウォールストリートのエリート銀行員。高層タワーの上層階で、空虚な数字と向き合う味気ない日々を過ごしていた。

ただその日を迎えるまでは…


『僕はあまりにも君に無関心だった。』


多くの情報を得ずに挑んだ期待作。タイトルから読み取れる先入観を上手く払拭してくれた内容だった様に思える。環境の変化によって気づくまだ会った事もない新しい自分。自分の事は誰よりも自分が知っていると、当たり前の様に感じているのは間違いだと教えてくれる。突然の出来事が生んだその過程には、今まで感じた事のない喪失感と絶望感に満ちていて、清々しくもあり危うくもあり、解放感や自由を感じた人も居たと思える。しかし、それはあくまでも自分が置かれた状況の序章でしかない。何かを失うには得ていないと失えない。失ったものを再び得る事は出来ないが、得てから失うまでの長くあっという間の時間に触れてみてはどうだろう?と感じる作品だった。
takahiro

takahiroの感想・評価

4.5
一度きりの人生、これじゃないなと思うコトをやっても意味がない、やりたいことをやって満足した方が気持ちもスッキリできる。←それが寄り道だったとしても
ささいなコトでも、大切な人の優しさに気づけたとき成長できて、優しい涙がでる😊
この作品で救われる人は沢山いると思う。
佐藤

佐藤の感想・評価

3.0
なかなかいい映画。でも内容と詳細を予習して行きたかった。初見では分からないもの多過ぎや。
misshi

misshiの感想・評価

4.0
実は自分の気持ちを理解するのってむずかしい。
ぽん

ぽんの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

解体して「組み立て直す」と思いきや壊して壊してぶち壊しまくるからびっくり。言葉の意味をちゃんと拾いながら観ると深いね。クリスとの交流よき。ちゃんと好きだったって気づくまでが長いよ〜
「行き止まったら壊して建て直せ」をまんまやってたジェイクさん。その奇行も失ったことを受け入れられない混乱した心情ゆえと思うと、ジェイクの演技が刺さるんだなあ。しかし、家屋解体現場の手伝いはスカッとして気持ち良さそうだ…とか思っちゃった😁
あい

あいの感想・評価

3.6
"If you wanna fix something, you have to take everything apart, and figure out what's important, what'll make you stronger.
Repairing the human heart is like repairing an automobile, just examine everything, then you can put it all back together."
きよ

きよの感想・評価

4.7
妙に邦題に惹かれて劇場に足を運んだ作品。若干理解し切れていない部分はあるものの…すごく好きな作品になりました。美しい映像とギレンホールの演技が素晴らしい。納得のいく展開。そして、何と言っても、等身大の結末が良かった。理解し切るまで何度も見て、いろんな発見をしたいと思える。前向きになれる作品。
くみ

くみの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ジェイクギレンホールはいつも何かに固執してる感

「その時から目に映る全てがメタファーになった」

根こそぎ倒された木?大木を倒す嵐?自らの人生のメタファーを探る人が美しい
>|