雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

キイロ

キイロの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』
邦題が間違いだと思う。本当のタイトルは「DEMOLITION」解体、破壊の意味。劇中の「If it's rainy, You won't see me, If it's sunny, You'll Think of me.」をタイトルにしたのだと思うけど、この訳のせいで最後、奥さんが浮気相手に宛てたものに見えてしまい理解出来なくてモヤッと。いろいろ調べてこの英語が出て来てやっと納得。英語で見たら、もし雨が降ったらあなたは私に会えない、もし晴れたら、あなたは私の事を考える、やん!タイトルも破壊の方がしっくりくる…ジェイクギレンホールは最高でした。周りを壊しながら自分も壊れながら、再生していく。見事でした。
映画自体は面白いはずなのに、日本に入ってくる時に違う人の手が加わった事により作り手の意図が濁ったのだなぁと。こういうのほんとに勿体無い…し、本来の形で観たい!

今作で義理の親子だったジェイクギレンホールとクリスクーパー、「遠い空の向こうに」で親子だったので、時間が経ってまた親子する日が来た事に勝手に胸が熱くなりました(*´︶`*)
rui

ruiの感想・評価

4.2
劇場公開時、茶屋町のLOFT近くまで行ったのに鑑賞しなかったことを後悔するほど、すごく良い作品。

喪失からの破壊と再生、想像。
随所にあるジェイク・ギレンホールの細やかな演技がくすっと笑わせてくれる。
共感ポイントがたくさんあって、それはある意味自分が欠陥人間ということを露呈しているようで、少し身につまされる思いなわけで…。
うまく言葉では言い表せられないのが辛いけど。

なによりこの日本語タイトルのポエチックさに心を掴まれた。

今日は朝から雨が降っていたけど、今はすっかりやんだよう。
Hanapuu

Hanapuuの感想・評価

4.1
もう一回見ないと正直わからない。
でも葛藤がにじみ出てきた。誰もがいわゆる普通の人で、善人でも悪人でもなかった。
愛してたけど疎かにしていた、という主人公の言葉は、心に響きました。
sugar708

sugar708の感想・評価

4.3
正に悲しみの5段階、死の受容を丁寧に描いた作品だと思います。

そして何より、愛するということは何かをそっと教えてくれる映画のようでした。
「疎かにしていただけ」
その言葉が深く突き刺さりました。
きっと、誰しも近い感情を抱くものだと思います。長く付き合っていく中で「本当に愛しているのだろうか?愛されているのだろうか?」
でも、それは少し見えづらくなっているだけで、確かにそこにあるんだと思います。

無表情な演技なのに悲しみを宿すジェイクギレンホールの演技は素晴らしく、それが溢れ出したしたときに我々の同じく琴線を揺さぶられると思います。

落としどころも非常に良くて、解体と再構築というテーマをビジュアルでも表現した素晴らしい作品だと思います。
T43

T43の感想・評価

4.0
失ってメソメソするよりも
もっとリアルな感情だと思った。
メリーゴーランドのシーンが
とても美しい。
映画自体は破壊行為を繰り返す荒々しいシーンが多いが、じわじわと静かに何かが心をくすぐり、今の自分に語りかけます。
人は仕事に、生活に慣れ過ぎて、人間関係、世間体に洗脳されて、気付けないことばかりで、全てを断捨離してみると、気付けなかった事に気がつくことがあるのかもしれない。そんな風に思いました。
しゅう

しゅうの感想・評価

3.8
 物事には全て原因があり結果があるけれど、時々思うのは、結果がまずあって原因は遡って作られるんじゃないかということ。葬式に涙のひとつも出なかったとして、それは彼が彼の妻をあまり愛していなかったことになるのか。そうじゃない。人生には色んな要素が複雑に絡み合っていて、ただ一つの結果から多くの原因を導き出す。その様々な要素のほつれをほつれたまま描き出した良作。観終わっても主人公の心の動きの原因のハッキリしたところは分からない。でもそれでいい。人間はAというスイッチを押したらBという感情が生まれる機械じゃないし、主人公の感情は主人公だけのものだからだ。それまでの人生全てがあの結末に向かって進む原因だったんだから、それでいいじゃないか。
 とても抽象的な話だし、分かりやすく涙が出たりはしない。一つ一つのカットが短く且つ編集力が凄まじいので、ふわっとした話なんだけど全く飽きずに観られる。時々自分の心の整理のために観返したい作品。
途中から見えてるものすべて
幻なんじゃないかと思った
カッコつけず心のまま生きてみたいと思った
Taul

Taulの感想・評価

3.0
事故で妻を亡くした男の心。
創造性に満ちた脚本。主人公を取り巻く人を巧みに出し入れし、リアリティとメタファの間を彷徨いながら、じっくりと人の心を解体して描いていく。共感や分かりやすさに頼らない挑戦と上品さ。余韻が染み渡る。
アリサ

アリサの感想・評価

3.8
愛していたけど疎かにしていた
彼女のことはあまり知らなかった
とはいえ喪失感ゆえに破壊衝動を抑えられなくなってしまう主人公が自分を再生していくまでのストーリーに共感して涙が出た
観た後も思い返していろいろ考えてしまう映画
>|