雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

kyoko

kyokoの感想・評価

3.2
全体的にフワッとしていて、よく分からなかった、というのが見終わった直後の感想。でも人が何かに気づく時っていうのは、人との関わりを持った時なんだろうなと。
妻を亡くしてからも普段通りに出社する主人公。釘を踏んだり、銃を受けたり、殴られたり、そんな身体的な痛みから、徐々に心の痛みに気づいていく。最後お義父さんとバーで話すシーン、なんかグッときた。
純愛物だと思ってたらなんか期待してたのと違った😂
奥さんを亡くした主人公は妻が死んだのに悲しくない自分に気付く、自分は妻を愛していなかったのではと思い始める。
そこから破壊の衝動に取り憑かれる主人公、奥さんを亡くして悲しくないって自分では思ってるようだけど狂い方がすごい。僕は妻に無関心だったって言うけど、自分の妻を「海が好きで、鼻を鳴らしながら笑って、911の映像を見ては涙を流すとても良い子だった」って充分すぎるくらい愛情に溢れてる表現だなあと思う。
愛は感じられるけど破壊シーンが長すぎたし、いまいちよくわからない話だった。
su

suの感想・評価

2.5
よくわからないし、盛り上がりもなく眠たくなってしまった…
ただラストは爽やかで良かった。
レンタル鑑賞。

ボストンストロングの感動からジェイク祭り鑑賞、本作は妻を亡くした男の人生の破壊と再生の物語。
序盤の形容し難い暴走と迷走で不安を掻き立てられましたが、最後の展開で一気に感動の波が押し寄せる。後味が予想以上に良い脚本と演技に唸らされました。
子役との掛け合いもアクセントでジェイクギレンホールの演技に浸れる一本。
うまくいかない者傷ついたもの同士が、交流するなかで、少しだけ前に進めるようになる話。
悲しみはあるけど、ひたすら悲しむ陰鬱な話ではない。もちろん、観客から見れば明らかに主人公は傷ついているんだけど、主人公はそのことに自覚的じゃないので、メソメソはしない。
しかも、そのうち破壊行為に熱中しだす。

この部分は、妻の遺産ということで、何を残すのかが問題になっていると、個人的には感じた。主人公が物をひたすら壊すのは、妻と自分に関わるもののなかで残すべきものを選別していたのかもしれないし、エネルギーの源を探していたのかも。後者は例えば、CTだかMRIだか撮って主人公の心臓がないという妄想?シーンで暗示されているのではないか。

最後に彼は妻の遺産として何をチョイスしたのか。

スッキリ解決するわけじゃないところに、むしろ共感した。

あと、ギレンホールのダンス!さいこう!
Chiarums

Chiarumsの感想・評価

3.9
今までのジェイク作品の中でありそでなかったテイストなのではと。

妻が亡くなったのに涙も出ないどころか実感もわかず、しまいには愛してなかったとまで言い出すデイヴィス。
自販機に対するクレームを書いた手紙をきっかけにある親子と出会うことから、彼なりに妻の死と向き合い自己を取り戻す破壊と再生の物語。
原題どおり、家電やら家やらメチャメチャに破壊するデイヴィス。キャリアも投げ捨てまるで子どものような自由でいて無責任、やけっぱちな生活を送るようになりますが、少しずつ抑圧された哀しみから解放されていくように...
個人的に感じたのは、哀しみの表し方や愛する人を失った苦しみの表し方は自由であっていいんだということ。
涙を流して伏せっているだけが、弔いにはならないし傷ついた心が癒されるわけじゃないんですよね。
ラストは単純に大団円的な感じで丸く終わらず、どこか課題を残しつつデイヴィスもカレンも前を向いて生きて行く感じで終わったのが爽やかなエンディングでした。

デイヴィスは金融業界のエリートでもどこか大人になりきれてない男性、カレンも年頃の息子がいても何となく浮わついていて、精神的にも経済的にも男性に頼り、自立できてないある意味ヤングアダルトな女性。そんな二人が恋愛感情を飛び越え、良き友になり、まるで母と子供のような独特な関係性の中から互いの役割を果たしたように思います。
何より、デイヴィスとカレンが安易に結ばれなかったのがよかった。これで二人の関係が男と女的な生ぬるさを含むと、この映画の焦点がズレてただろうと感じます。そんでもって、カレンの息子が自分のセクシュアリティに悩みつつもなんか一番中身は大人だ!というかしっかりしてた!wあらゆる面において、監督のさじ加減は絶妙でした。

一度の鑑賞でも響きますが、二度三度と回を重ねて掘り下げて観ると、じんわりと胸に染み渡るタイプの作品です。
ジェイクと子役の演技が最高。

心の修復の過程はひとそれぞれ。
自分自信も現実に予想できない大きな悲しみに触れた時、どういった行動を取るのかな。。
恭介

恭介の感想・評価

3.9
今回、一気観しようと大量レンタルしたら
何気にジェギレ祭りになってた。

ノクターナル・アニマルズ
ライフ
そして本作。

ジェイクの演技は素晴らしい。そして作品選びのセンスも素晴らしいと思う。
観たい、と思わせる内容の映画ばかり。

原題のデモリション。
デモリションと言えば
スタローンvsスナイプスの夢の共演が実現したトンデモアクション映画、デモリション・マンが真っ先に出てくるとこが悲しいが、本作のジェイクもスタローンに負けず劣らずの破壊っぷりを見せてくれる(笑)

妻を亡くした事故から、ジェイクは自らを
破壊するかのように豹変していく。
当然、周りの人々からも変人扱い、もしくは妻を亡くした事により、おかしくなって
しまった人扱い。

亡くした妻を思っても一滴の涙も出ない。
愛していなかった?すら分からないほど、無関心だったのか?
だから今までの自分を取り巻く物や関係を全て破壊し、一度真っさらにする事で何かが見えてくるかもしれない。
自分を再発見するには必要な通過儀礼とでも言いうように、何もかも破壊していく。

そこに現れるナオミ・ワッツとその息子。
彼女との出会い方もジェイクがとるおかしな行動とちゃんとリンクしていて、脚本の良さを物語っている。

中盤までは落ち着いた、ゆっくりとしたテンポで進んでいくが、後半になるにつれて
意外な真実や出来事の連続で、徐々にジェイクがジェイクらしい本来の人間性を取り戻していくのに充分な説得材料となる。

正直、明確にテーマを理解出来た訳じゃなかった。何がキッカケでジェイクは目覚めたのか?なぜ本来の自分を再発見出来たのか?ちょっとボンヤリしたままエンディングを迎えた。

けど、それでいい。
物事はその人の捉え方次第。
1つの出来事で人生が変わる場合もあるし、いろんな要素が重なり合って変わる場合もある。
妻が死んでからジェイクが関わった全ての
人や出来事が気付かせてくれた。
釘を踏んだ事すら関係あるはずだ(笑)

そんな風に思ったら、エンディングに
凄く爽快感を覚えた。

ラストのジェイクの笑顔がたまらなくいい。
ぼぶ

ぼぶの感想・評価

3.6
妻が亡くなった。
最愛の妻だったはずなのに、交通事故に巻き込まれ、命を落としても少しも悲しくない。
妻との愛にすら、確信をもてなくなった彼は、自分の中の狂気をさらけ出す。

いつしか破壊という行為に取り憑かれ、身の回りの物を何もかも破壊していく。
そんな彼が、破壊し尽くした先に見たものとは…


なかなかにすごい映画だった。
もっと泣かせにくる展開とかなのかと思えば、狂気だらけ。
ファック連呼しまくるシーンとかあるけど、そのとおり、まさしく"ファック"な映画。
下的な意味じゃなく、クレイジーな意味で。

何かを捨てなければ、見えてこないものもあるのかも知れない。
ジェイク・ギレンホールの狂気の表現力は、本当に一級品だわ。
この人演技力もともとあるのに、狂気が更に神がかっているから、凄い。
眼力も凄い。

ただ彼じゃなかったら、見なかった映画かなー。
もっと煮詰めたストーリーだったら、良かったのかな。
曲の音量がやたら大きいとか、そういう演出面が良かっただけに残念。
カレン一家の存在が薄すぎる。

それでも、最後のほうは好き。
エンディングはありきたりなのが、これまた惜しいんだけどねw
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.7
妻を亡くしたのに、悲しくない。僕は妻のことを愛してなかったんだ。そんなことを言ってしまう男が主人公。何が問題か見つけるには一回解体してみないとだめなんだという言葉に従って物理的に物を解体しまくるけど、心の修理も同じだよね、という話。
以前とある雑誌で、モンタージュという表現手法の特色ある使い手としてテレンス・マリックとともに挙げられていたのが、このジャン=マルク・ヴァレ。なるほど。
>|