雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

Ally

Allyの感想・評価

2.0
タイトルに惹かれて。

想像とは違った内容で、しかも表面的ではなくて抽象的な描き方をしたストーリーで心情を理解するのが難しかった。

ディヴィスとクリスのやり取りはよかった!
ひじき

ひじきの感想・評価

4.2
恋愛映画とは言いにくい。女性にはイマイチな評価を受けるだろう。

愛とはなんぞや?おろそかにしてはいないか?と男性諸君に問いかける、男くさい映画。

繊細な、情緒的な悩みを抱く、現代の男性に見て欲しい映画。

楽しむ映画ではなく、振り返り、心に入り込み、自分だったらどうだろう、と置きかえて観る映画。
原題ままだとスタローンの棚に置かれそうなので物語に出てくる一節を引用したのは良かったのかも。
スクラップアンドビルドのお話。破壊は物理的なものだが、組み立てられるのは心。妻の死に何の感情も抱かなかった序盤からラストの躍動感のある表情に変わって行くまでをジェイクギレンホールが好演している。猿の蚤取りを毎晩観ているのはよくわからなかった。5時半にきっちり起きるのとランニングの日課と併せてルーティンを異常なまでに守る性格を表したかったのかな?
1回で理解できなかった、もう1回観たらわかるかも?
RinaKato

RinaKatoの感想・評価

3.0
あまりにも旦那さんが周りに無関心で驚いた。いい話だったけどあまり好きではない。絵の描写は少し古いかな。
一回じゃ絶対理解できへん。
恋愛映画ではない
AyA

AyAの感想・評価

3.5
鑑賞中、日本の『永いいい訳』が頭に浮かびました。

破壊する事が直結に心の模様を表しているようで、私自身も若干スッキリするような。

クリス役のジュダ・ルイスくんが良い味出してるなあと思いながら見てました。
aya

ayaの感想・評価

2.0
わたしには難しかった。
ただジェイクは素敵だった。
n

nの感想・評価

4.5
ジェイクの繊細な演技、表情一つ一つが素晴らしい。タイトルの意味が分かった時に自然と涙が出た。観終わった後もじわじわと感動が押し寄せてくる。
うまく言えないけど、映像がきれい。
内容は静かだけど、ぶっ飛んでたり笑えたり、悲しかったり、ずっと見れちゃう。
タイトルをどう解釈したらいいのやら。
>|