雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

えび

えびの感想・評価

-
邦題の意味、わからなくて調べたら涙がだーっと…😭

大切な人をなくしたときにわたしはどんな感じ方をするんだろう
重い映画を想像していたのですが、、そんなことなかった!
軽快に物を壊してゆくジェイク!
ありがとう!!私もなんだかスッキリしてきたよ!!笑
ナオミワッツの笑顔がキュート!
息子役の子もイケメンでほんといい味出てる!!!!
「人が死ぬ→残された人が故人の名前を叫び、嘆き悲しむ」
みたいなシーンに辟易している人にオススメ。
かんち

かんちの感想・評価

4.5
あらすじは「妻を亡くしたのに悲しめない男の再生への物語」で、「妻を愛してなかった」って本人が言うシーンもあるけど、
いやめっちゃ引きずってるやん…!って思ってた
だって頻繁に妻の面影追ってるよね?
何気ない日々の中に思い出存在しちゃってるよね?
自分では気付いてないのかもしれないし、妻本人からも「関心がない」って斬られてるけど、
それでも、一緒に過ごした時間を反芻する姿は切なくて、愛っていいなぁってしみじみ
特に終盤のメリーゴーランドのシーンとか、愛でしかないって感じ
泣けた〜

何日か経ってから、主人公はPTSDだったのかな?って、ふと思った
目の前で車に突っ込まれて妻に死なれたら、精神的ショックが小さいとは言えないよね

電車の非常レバー下げちゃうシーン、わかりみしかない
あたしも小さい頃から、高速乗ってる車の窓から指を出してみたい衝動に襲われることが多々ある
なんかやっちゃいたいな!?みたいなね
ぽにょ

ぽにょの感想・評価

3.3
邦題のセンス😩
絶対 ラブストーリーとか
感動系の話だと思って
借りる人多い(笑)

もやもやしてネットで解説
調べちゃったら、スッキリ。
良い壊れた映画。
本気で悲しいことがあると泣けなくて自己嫌悪になるのがすごい共感した
やっと泣けたねって背中をさすってあげたくなるジェイク・ギレンホールでした…

案外こっちの方がリアルな反応なんじゃないのかなぁと思いました。
近くにいすぎて?当たり前すぎて?突然いなくなった現実に心がついて行かないというか。
むしろついて行ってしまったらデイヴィスはもっと壊れてたような気もする。自分の心を守っているってかんじで。きっと無自覚だけど。
デイヴィスにとっては、喪失感があることを自分で認められる状態になるのに"解体"するという過程が必要だった。

っていうか、本当はどんなときもそうだと思うんですけどね。
人間は自分で自分のこと騙しながら生きてますから。本当はどんなこと感じてるのか、何を大切に思ってるのか、何が気に入らないのか、時間をかけて解体しないと実は自分でもよくわかってないと思うんです。デイヴィスのように、何かのきっかけで注意を払うようにならなければ、たぶん一生そんなこと考えないって人の方が多いんじゃないかなぁ。

無関心が楽だから。他人のことも自分の事すらも、必要最低限の感情まで制御して過ごす。ことが当たり前になってくなんて、なんて味気ない毎日なんでしょう。

何もかもぶっ壊したいと思う気持ち、ちょっとわかる。最初は分解だったのにだんだん壊すことが目的になっていってましたね。
私、ときどき自分がゴムボールなら良いのにと思う時があるんですよ。集団で行動するの苦手だし、世間話もうまくできないし。自分だけじゃなくて他の人も、空気を読んで余計なこと言わないようにしながら上辺だけの会話をしている状態が気まずくて仕方がない。でもなんとか頑張っているうちにもやもやしてきて、ゴムボールになってそこらじゅう跳ね返って暴れ回りたいって思う。何が嫌とかじゃなくて、もう「今」が嫌。
デイヴィスの感じとはだいぶ違いますけど、でもなんとなく共感しました。家ぶっ壊してくとこ。
あのシーン一番好きかも。
MODS

MODSの感想・評価

3.6
好きになりたい作品なのに、最後のメモ書きが腑に落ちてくれなくてしんどい。
quicker

quickerの感想・評価

4.2
人生はスクラップ&ビルド。途中であきらめないで最後まで見て欲しい映画。

このレビューはネタバレを含みます

自分の妻が死んだ実感が湧かずにいるというのは、西川美和の『永いいい訳』のようだと思った。奥さんがいなくなったから、新しい彼女の子どもとのふれあい?みたいな軽いお粗末なお話ではなかった。子どもは子どもの悩みがあり、誰にも相談できずにいた。
相談しても正直に話してくれる相手はいなく、あんたはなんでも正直に言うから、だから正直に話すけど……と言って本当の心の中を相談する。
決まって大人は、それにぶつかって乗り越えてみせろと言う。
だけど主人公のデイヴィスは、一人間としてのアドヴァイスをする。だけど日本ではあまりないセクシャルな悩みがくるか〜。大人の僕は答えられないかもな。そのお悩み。
なんかずーっと同じテンポで話は進むけどオススメしたい作品かも、好き嫌いがはっきりしそうですが……
>|