イチロヲ

温泉スッポン芸者のイチロヲのレビュー・感想・評価

温泉スッポン芸者(1972年製作の映画)
4.0
亡くなった姉の跡目を継いで芸者になった元ストリッパー(杉本美樹)が、名器スッポンを武器に世渡りしていく。東映のお色気芸者シリーズ第5弾。舞台は兵庫県の城崎温泉。

池玲子の退場が心惜しいところだが、鈴木則文ならではのアナーキーな作風が全編に渡って弾けている。ナンセンス・ギャグのレベルはシリーズ最高潮と言っても過言ではない。

女体の研究に余念のない整形外科医(山城新伍)が女の地肌を黒くしただけで「黒人の出来上がりー!」とするところだとか、杉本美樹が芸者姿のままでバイクにまたがり公道を爆走するところ(もちろんゲリラ撮影)だとか、笹沢左保の子分役で菅原文太がカメオ出演するところだとか、鈴木則文にしかできない融通無碍な映像世界が完成されている。

クライマックスでは、無限精流千本突きの達人である名和宏とのセックス・バトルが展開。彼は元軍人の極右のため、軍歌をバックに大ハッスル。杉本美樹、大ピンチ!(ちなみに杉本美樹が演じているストリッパーの源氏名・三条さゆりは、実在のストリッパー・一条さゆりのパロディ)