オリオン

ババドック 暗闇の魔物のオリオンのネタバレレビュー・内容・結末

ババドック 暗闇の魔物(2014年製作の映画)
4.3

このレビューはネタバレを含みます

『ババ…ドック、ドック、ドック…』
はい、心の闇に入り込まれました。
いや、心の闇が現れた、が正しいかな。
人の深層心理ってのは本当に恐ろしいものですね。
その事を、無駄のないストーリー構成と映像技術、女優さんの迫真の演技で魅せてくれます。
ホント、母子ともに役者さんの演技力には目を見張るものがあります。
キリキリと観る者の感情を締め上げていく内容は、この手の映画の中では優れてるほうですね。
ハッピーエンドと思われるラストも、地下室(心の闇)の奥底にまだ潜む『ババドック』に、いつまた支配されるかわからない不安を残しながらの終わり方。
それにしても…事故った相手から請求は来ないのかな(笑)