にっきい

騒音のにっきいのレビュー・感想・評価

騒音(2014年製作の映画)
2.2
あなたの住んでいる場所は、本当にあなただけの場所ですか?

関根勤の初監督作で地底人がでてくる、と言う情報だけで劇場公開時に見たかった作品。
結局時間が合わず見られなかったので本業がお盆休み突入(副業は休みないけどw)したので、DVD鑑賞する事にした。

地底人が地上に現れたので、ダサいオッサン達が地底人と闘う話し。
と、あらすじにするとダメ親父たちが正義に目覚めて悪と闘うアクションコメディみたいだけど、ネタバレになるので詳しくは書けないけど、ダサいオッサンはダサいまま。
と言うか、ダサくないと意味がない(笑)
しかも悪者だと思われていた地底人が地上に現れたのは、地上に住む人々のある行動のせいだったり、普段は仮面を付けているのだけど、仮面を外すと美男美女なので、同情されてオッサン達の立場は悪くなる。
この辺、展開が遅くモタついた印象でした。
地底人が出てくるまでの人物紹介を兼ねたショートコントぽい部分が面白かったので、もったいなかったです。
それこそ関根勤の交友関係をフルに活用していましたね(笑)
ラストは一応ハッピーエンドだったかな?(笑)

仕事を終えてから深夜に見始めたんですが、最初は面白くてニヤニヤしていましたが…、
中盤以降展開がモタついて何度も寝落ちしそうになりました!(笑)
握っているスマホを何度落としたことか(笑)