書庫番

クリード チャンプを継ぐ男の書庫番のレビュー・感想・評価

4.2
2,015年12月23日 立川シネマ・ツーにて鑑賞。

製作決定の一報を聞いた時は正直、「またあざとい事を…」と思いました。
しかし鑑賞後の今、全力で謝罪します。
ごめんなさい、本当に素晴らしかったです。
本作の素晴らしさは、嘗て失敗作と呼ばれた「ロッキー5」の存在すら必要だったと思わせる程の完成度を誇る事だと思います。
中でもボクシングシーンの作り方が白眉の出来なのです。
本当にアメリカのライトヘビー級のタイトルマッチ中継をを視ているかのような構成に唸らされました。
アドニスの塞がった左目、コンランが試合終了後にアドニスに掛けた言葉、本当に良いものを見せてもらいました。

ハンカチ携帯必須の本作は必見です!