emily

ベトナムの風に吹かれてのemilyのレビュー・感想・評価

ベトナムの風に吹かれて(2015年製作の映画)
3.2
 日本で離婚しベトナム・ハノイへ移住し、日本語教師として働くみさおは父の訃報で帰国し、施設に入れようとしている認知症の母をベトナムに連れて帰る事に決める。ベトナムの温かいい人たちに触れ、母はたちまち元気を取り戻し明るく毎日を過ごすようになる。しかし母は事故により車いす生活になり、介護の現実に直面する。

 ベトナムの街並み、日本の雪景色、バイクにのり職場にむかうみさお。生き生きしていて、ハノイで暮らす人々のぬくもりに笑顔が交差する。ドキュメンタリーのように太平洋戦争などのモノクロの映像を交えながら、日本とベトナムの関係を、昔と今への繋がりを優しいタッチで描いていく。終盤は介護に直面する辛い現実をしっかりと描き、それでも”命”のありがたみを感じさせるエピソードを交えてゆっくりながらも物語に動きと柔らかな風を感じさせる。辛い現実の中で、一日一日を積み重ねていく。その中で嬉しい事も悲しい事も、そのすべてが明日に繋がり、未来を作っていく。シンプルな中に、戦争のエピソードや、母と娘のエピソードを交える事で、生の大切さをゆっくりと感じさせる。