CHEBUNBUN

天国はまだ遠いのCHEBUNBUNのレビュー・感想・評価

天国はまだ遠い(2015年製作の映画)
4.5
【濱口竜介の見えざる手】
今泉力哉、深田晃司、そして濱口竜介と日本インディーズ界で一際アート色光らせる鬼才が暴れている。

先日、異次元からカンヌ国際映画祭コンペ入りを果たした濱口竜介監督の短編がネット配信されていたのだが、これが想像の遥か上をいく傑作だった。

濱口竜介特有の厭らしい会話がファンタジーと融合し、ベルイマンも目玉が飛び出る怪作となった。

冒頭、AVのモザイク入れを生業にしているらしい男と、そこに相応しくない少女が共存している。そして、彼に仕事の依頼が来る。少女は「その仕事受けて!」と言う。

次の瞬間、我々は現実には映し出されていない虚像に背筋が凍る。それは、何気なく静かに訪れる。視線と空間が作り出すそのマジック。それは演劇とはまた違う。フレームを一枚挟むことで虚像が強調されているのだ。実に映画的、これぞ映画だ。

そして、物語は、「虚像をどこまで信じられるのか」というテーマを中心に置き、ひたすらディスカッションする。

神の視点で、その一部始終を傍観する我々ですら、目の前を信じられるのかが危うくなる。記憶の不確かさにより、実証が絶望的になってしまう修羅場からのカタルシス。実に素晴らしかった。