CHEBUNBUN

CHEBUNBUN

ブログ「チェ・ブンブンのティーマ」管理人
現在大学4年の映画ファンです。「70年代デンマークポルノ映画がドグマ95に与えた影響」の卒業論文を教授に提出し悠々自適ライフを満喫中。

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

3.5

【日本が誇るドラッグ映画PARTⅡ】
昨年、数々の映画ファンを洗脳したカルト映画がある。その名は「HIGH&LOW」。5分でA to Z語れてしまうスカスカな内容。もはや断片でしかない映像の塊なのだが
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.0

【惜しい!】
「ショーン・オブ・ザ・デッド」「スコット・ピルグリム」のエドガー・ライトが帰ってきた!しかも、彼がずっと温めていた車映画!

しかも、海外の映画祭で観客賞を獲り、Twitterでも高評価
>>続きを読む

アンドレイ・ルブリョフ 動乱そして沈黙(第一部) 試練そして復活(第二部)(1969年製作の映画)

3.1

【アンドレイがアンドレイを撮った】
アンドレイがアンドレイの映画を撮った!日本でも人気が高いアンドレイ・タルコフスキー。日本では「惑星ソラリス」「ストーカー」あたりが人気なのだが、海外のシネフィルは結
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

1.0

【 「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」感想】

「君の名は。」二匹目のドジョウを狙った案件だが、エモさキモさ童貞生臭さ消しの達人川村元気さんも、新房さんを前になす術がなかった、、、

フェ
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.2

【「スパイダーマン ホームカミング」感想】
いやーTwitterネタバレ地雷原をかいくぐった甲斐だけありました大傑作。打ち上げ花火とは月とスッポンな青春映画の傑作でした。

冒頭1分から驚きサプライズ
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.0

【「すばらしき映画音楽たち」感想】
Twitterの評判通り、すばらしい作品でした。

単に名曲誕生の裏側を描くのではなく、ハンスジマー等の作曲家がいかに重圧に耐えつつ、新しい音を探しているのかを、映
>>続きを読む

十五才 学校IV(2000年製作の映画)

2.5

【今観ると、ちょっとキツいかもしれない...】
山田洋次監督は「男はつらいよ」シリーズを作るうちに感じた問題意識を、「学校」シリーズで露骨に扱った。そのシリーズ4作目「十五才 学校IV」はなんと舞台が
>>続きを読む

The Lost City of Z(原題)(2016年製作の映画)

3.6

【トムホランド出演のインディジョーンズ爆誕物語】
本日は、町山智浩も紹介していた冒険映画「ザ・ロスト・シティ・オブ・ゼット(THE LOST CITY OF Z)」を紹介します。製作がブラッド・ピット
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.3

【したまちコメディ映画祭映画秘宝案件!抱腹絶倒人種差別コメディ】
ホラーホラー言うもんだからブンブン、身構えてみました。というのもホラー映画って結構苦手で、特に不意打ち系の驚かせ方が嫌いなのだから。た
>>続きを読む

マジック・マイクXXL(2015年製作の映画)

4.3

【続編だからって侮るなかれ!貴方は立/勃たずにはいられない!】
今まで観ず嫌いしてきた作品がある。それは「マジック・マイク XXL」だ。2012年に巨匠スティーヴン・ソダーバーグが手がけた男性ストリッ
>>続きを読む

モーターサイクル・ダイアリーズ(2003年製作の映画)

4.0

【「エルネスト」公開記念!チェ・ゲバラの旅に想いを寄せてみよう!】
10/6にチェ・ゲバラと共にボリビアで戦った日系人フレディ前村を扱った伝記映画「エルネスト」が公開される。監督は「闇の子供たち」「団
>>続きを読む

ファースト・ラブ(2011年製作の映画)

3.5

【熱いぜ!格好いいぜ!ガールズサーファー!】
社会人になると、妙に夏に部活映画を観たくなる。それこそ「ピンポン」は大好きな映画の一つ。正直、教員免許所有者であるブンブンは、日本の部活システムに大いに不
>>続きを読む

SUPER 8/スーパーエイト(2011年製作の映画)

4.0

【J.J.エイブラムスが描く愛あるスピルバーグの肖像画】
先日、どいらじを聴いていたら、夏休み映画として「スーパーエイト」が紹介されていました。あの「スター・トレック」も「スター・ウォーズ」シリーズも
>>続きを読む

君が生きた証(2014年製作の映画)

4.0

【前へ出たいときに観たい傑作音楽劇】
TwitterでNetflixオススメの映画を探していたら、「ファーゴ」の名優ウィリアム・H・メイシーが初監督した音楽劇「君が生きた証」がメチャクチャ面白いという
>>続きを読む

星の旅人たち(2010年製作の映画)

3.5

【夏休み!自宅から旅に出よう!】
夏休み初日!10日も夏休みを頂いたのだが、貯蓄に回す為に海外旅行は自粛。(来年は、どっか行こう。なんなら、3連休を有給で4連休にしてアジア弾丸旅行しよう!)

その代
>>続きを読む

if もしも・・・(1968年製作の映画)

4.0

【もうひとりのトラヴィス】
世界三大映画祭の一つにカンヌ国際映画祭がある。カンヌ国際映画祭は、ベルリン、ヴェネチアと比べて受賞する作品に偏りがある為、ブンブンは映画に嵌まり始めた中学時代から毎年注目し
>>続きを読む

愛しのグランマ(2015年製作の映画)

3.6

【実はクレジットカード社会を皮肉ったLGBT映画】
Netflixで配信されている映画は非常に多く、それも日本では知名度の低い監督や、地域の作品が多いので、映画オタクのブンブンでも「観るか否かで」悩ん
>>続きを読む

ブロンド少女は過激に美しく(2009年製作の映画)

4.1

【まるでポートワイン!100歳が生み出した甘い童貞映画】
ブンブンは美しい風景、情景に包まれている映画が好きです。そんなブンブンを魅了する監督の一人にマノエル・ド・オリヴェイラがいます。ポルトガル出身
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます。

【「ソーセージパーティー」は人種と宗教の関係を徹底的に掘り下げたケツ作だった件】
昨年、「スーパーバッド 童貞ウォーズ」や「ザ・インタビュー」のセス・ローゲンが、「劇場版 きかんしゃトーマス」シリーズ
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます。

【全米が飽きた!ラジー賞シード権獲得案件】
ローランド・エメリッヒと並ぶ、アースクラッシャーことマイケル・ベイが2007年から始めた変型するロボット玩具「トランスフォーマー」の実写化第五弾が日本でも公
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます。

【実は小松菜奈が一番演技上手かった件】
映像化不可能な漫画を次々と映画化し、大草原をはやしまくっている、日本の宝こと、三池崇史。そんな彼の新たな挑戦は、荒木飛呂彦に向けられた。どちらも1960年生まれ
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.2

【子どもに魅せたい!ヤバすぎる経営学】
映画呑み部参加前に新宿でなんか観ておきたいなと思って観たのが本作。大傑作。なんなら、子どもがいるなら魅せたい作品でした。

マクドナルドがいかにして誕生したのか
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

4.0

【挫折経験者必見!厭世からの卒業】
ディズニー×ピクサー映画「カーズ」シリーズ3作目。実は、最初の作品はマイケル・J・フォックスの「ドク・ハリウッド」のパクリ且つラストが気にくわなかったので、食指が動
>>続きを読む

インポート、エクスポート(2007年製作の映画)

3.5

【ユートピアはユートピアではない】
ユートピアだと思っていた場所が、実は過酷だった作品は昨今沢山作られる。しかし、物語の尺や焦点の都合上、一方面でしか語られないことが多い。それこそ多面的に描いた作品は
>>続きを読む

荒野の千鳥足(1971年製作の映画)

4.5

【実はクリスマス映画だった!】
予告編を観る限りだと、夏休み映画っぽく見えたのだが、フタを開けてみたらクリスマス映画でした。確かにオーストラリアは日本と気候が逆なので当然なのだが...

原題のWAK
>>続きを読む

ジェラシー(2013年製作の映画)

3.0

【陰鬱だが美しい...】
ヌーヴェルヴァーグの血を継ぐ監督群の中でも、ジャン・ユスターシュとフィリップ・ガレルは作品の陰鬱さで有名です。本作も例に漏れず、凄い暗い話です。ただし、面白いことに彼の「パリ
>>続きを読む

木と市長と文化会館/または七つの偶然(1992年製作の映画)

3.0

【究極の政治ディスカッション劇】
本作は7つの章から成り立っているのだが、明確なストーリーはなく、ひたすらに人々の会話を撮っていく。まさに現在進行形を撮り収めるドキュメンタリーに近い作品です。いきなり
>>続きを読む

レネットとミラベル/四つの冒険(1986年製作の映画)

4.0

【議論の面白さ】
長らく欲しいなと思っていたエリック・ロメールのDVD-BOXを買いました。ってことで、そこに収録されているオムニバス映画「レネットとミラベルの四つの冒険」を観てみました。果たして..
>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

4.5

【逆身長差ラブコメの大傑作!】
密かにヒット話題になっているフランスの逆身長ラブコメ「おとなの恋の測り方」を観てきたのだが、これが恋愛映画オールタイムベストに入る程素晴らしかった。


観る前は、
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

4.5

【サトシがイエスキリストになる日まで】
ドラえもん、コナン、クレヨンしんちゃんと「007」なんて目じゃない、「男はつらいよ」に勝つんだという勢いでシリーズ化されているキッズムービーたち。

今回、ポケ
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター/幻のポケモン ルギア爆誕(ばくたん)(1999年製作の映画)

3.5

【キミにきめた!公開記念 ロケット団の純愛映画だ!!!】
今週末に劇場版ポケットモンスター第20作目が公開されます(「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」「白き
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

1.6

【「メアリと魔女の花」が失敗作な5つの理由】
スタジオジブリが解体され、「思い出のマーニー」のプロデューサー西村義明が設立したアニメ会社スタジオポノック。そんなスタジオポノック初映画が遂に公開されまし
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

2.2

【もう一つの「フォースの覚醒」であり、「ローガン」であった】
海賊王になれず、借金王になりはててしまったジョニー・デップを支える福祉産業こと「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの新作がいよいよ公開
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

【ただのじいさんコメディと侮るなかれ】
SNSが発達し、気軽に情報交換できる時代。Twitterではしばしば、映画の邦題に関して論争を呼んでいる。それこそ最近だと、マーキュリー計画に携わった女性技術者
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます。

【ちびまる子ちゃんMEETS○○】
6/28(水)から、全世界で配信されているNetflixオリジナル映画「オクジャ」。「グエムル 漢江の怪物」で世界的に成功を収めたポン・ジュノ監督が再び、モンスター
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます。

【ドイツ版「男はつらいよ 寅次郎真実一路」だった件】
昨年のカンヌ国際映画祭にて、批評家満場一致レベルで高評価を得るものの主要賞で無冠(国際批評家連盟賞は受賞)に終わり、この前のアカデミー賞でも外国語
>>続きを読む

>|