Aquila

トゥームレイダーファースト・ミッションのAquilaのレビュー・感想・評価

2.1
えなにめっちゃ叩かれてんじゃん...笑

いやでもさまずはこの監督の作品見てみ。むしろよく出来てるでしょこの映画。見える地雷な時点で良心的じゃない?(褒め言葉)



映画の元になってるゲーム版トゥームレイダーをかなりやったことあるんで割と理解を持って楽しめたんですが、
そもそもゲームと同じシリーズ展開して、映画も盛り上がるかってそんなはず無い訳で。

ゲームは「キャラクターの成長」っていう大事な要素の一部をプレイヤーに委託してるから、弱い主人公から始まり苦楽を共にして、次作でより成長した主人公を操作することにカタルシスがあるんだけど、映画にはあまりそういう要素ないでしょう。
映画でそれが成立させるにはスターウォーズレベルのシリーズの知名度がなきゃ難しいよ。アナキンの成長は観たくても、ララクラフトの出自なんて誰も興味ねえもん。

世界のノーラン×世界のバットマンのタッグでさえ、ビギニングはイマイチうまく納まんなかった訳じゃん。評価としては3部作の中で最低でしょう。ダークナイトで大きく持ち直してるだけで。
ある程度見所を先に出して人気掴んでから知られざる始まりを描くとか、クレイグ007並みに冒頭4分で成り立ちを描き切るみたいな工夫が必要だったのではないかしら、と思いました。なんでこの映画にこんな文字数割いてんの俺。

トゥームレイダー版ダークナイトとなりうる作品がこの後のシリーズに出てくれば、きっとこの作品の評価も変わるはず。
見える地雷、どんどん踏んでいきましょう。