トゥームレイダーファースト・ミッションの作品情報・感想・評価

トゥームレイダーファースト・ミッション2018年製作の映画)

Tomb Raider

上映日:2018年03月21日

製作国:

3.4

あらすじ

世界をまたにかけるトレジャー・ハンター“ララ・クロフト”!資産家で冒険家の父親が遺した彼女への最初のミッションは、世界を滅ぼす“幻の秘宝”を封印すること。世界を救うため、次々に降りかかる謎と幾重にも仕掛けられた罠を突破し、ララは誰よりも早くその“幻の秘宝”にたどり着くことは出来るのか!?

「トゥームレイダーファースト・ミッション」に投稿された感想・評価

最初からお色気ムンムンのアンジーのララに比べるとアリシアはまだ子供やん!
って感じやけど、それも想定内で作ったらしいから次回作に期待しよう(笑)


以上。
SOH

SOHの感想・評価

3.3
「映画→ゲーム」だったら良かったかもしれない。トゥームレイダー自体、少しかじった程度だからそこまで詳しくないしなんとも言えないけど、『アンチャーテッド』信者の自分としてはこの類いは嫌いではないもののこれでは物足りないな。
ぐりこ

ぐりこの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アリシア・ヴィキャンデル可愛いけど
キャスティングミスじゃないのか?
と少々気がかりでした。
でも結構乙女なララも新鮮。

オープニングの卑弥呼w
いやいやどこの史実からそんな
ネタもってきたんだと苦笑...
しかし、日本人は全く登場しない
この矛盾...

そして、途中で絡んでくる少年達。
いやお金目当てでこんなしつこく
来ないでしょとストーリーツッコミ所
満載...

いやアクションを楽しむんだ!
と思いながら観ました。
あんなに濡れて資料が読めるわけない
でしょとか笑

都合よくあるパラシュート。。。笑
しかもちゃんと開く!
途中の日本軍?の飛行機が
ラピュタっぽくて一瞬萌えました。

そして、襲われたときにある
都合よくある石。
後攻撃する直前に髪をかきあげる仕草
それいるのか?

突然の父親との再会...
生きてるんかい!最近の映画に
ありがちな亡くなった人間復活
パターン!

そして娘が会いに来たのに
ミステイクってwww

弓で銃には勝てんよ君は
エルフじゃないんだー!
とかツッコミ入れたり...
しかし、見事な命中率!!
いつ弓習ったんかい!

なんか映画というよりゲームを
プレイしてるような
感覚になる作品でしたわ☆
ゲームですものね。
YayoiN

YayoiNの感想・評価

2.6
卑弥呼など日本が一応舞台だったり、ユニークなところは面白いけど、なんだか微妙な出来だった。アクションシーンかな、、なんでこのシーンいれたの?っていうのが多くかった気がする。次回作に繋がっているようにも思えなかった。
VFXシーンは派手で個人的には好みでした。
アドベンチャーとしても高水準にまとまっていますが、導入部がダラダラしてたり、説明が多かったのはファーストミッションという題名の通り。

次回作はもっと暴れてくれるのを期待してます。
nicole

nicoleの感想・評価

3.4
ストーリーはなんとなく読めてたけど(卑弥呼の正体はびっくりした!!)それでも面白かった!!ひたすらお嬢の腕力すごすぎない!?!?ってなってた。
しほ

しほの感想・評価

3.5
初めてアリシアを観た作品が
お嬢様役だったからか、、
アクション系もできるのか!!
と感動した( ^ω^ )◎

日本の邪馬台国の卑弥呼の墓を
巡った冒険系の話なんだけど、
なんかありきたり?な
アドベンチャー感があったかな。

最後の卑弥呼の秘密と黒幕は
予想してなかったからびっくり!

親子愛には感動した◎

ララって名前可愛いなー♡
観ました‼

なんかララ弱い。。。
無敵感、エロスがない。。なんか寂しい
また別物の映画と思うようにしよう‼

やっぱりララはアンジェリーナ・ジョリーじゃないと(T0T)

好きな所
狐の尻尾をつけて街の中おいかけっこ‼(笑)

ララの可愛いらしい所
謎の父生きてたのに、会いにきて叱られシュン‼
ジャングルでアクションは好きです(笑)

普通に面白かった。。。
MK

MKの感想・評価

3.0
うーん、なんかあんまりだったなぁ。
前半は主人公の未熟さゆえの鈍臭さにがっかりさせられたし、後半は特に面白いとも思えなかった。
悪くもなく、良くもなく…
本作の最大課題は新たなララ・クロフト像を描けるかどうか.アンジー・クロフトが鮮烈だったので相当に高難易度な課題であるが,頑張ったんじゃないかしら.初めての冒険を選んだのは正しい選択だ.ゲェム自体をしらない人にもすんなり入りやすいし,何より質屋で2丁拳銃を構えたその姿は確かにララ・クロフトにみえた.その質屋であるがニック・フロストだよなぁと思ってエンドロール確認したら,名前出てこない!IMDBで確認したらアンクレジット扱いだけど,なんだろ?ゲェムのファンだから出演させてよー,ギャラいらないしーってお話かしらね.
OPにスクエニのロゴ登場で軽く笑う.そしてヒミコと来たもんだ.トンデモ日本文化は勘弁してほしいなぁと思っていたが,その心配は杞憂だった.ヒミコの墓が時代と全く合わなかったが,それくらいは勘弁してやるよ.あと殉死者の墓も.そのヒミコであるが,KUBOを思い出した.KUBOはあらたな日本人像を生み出したもんなぁ.まぁKUBOだから悪い気はしないが.
テンポよし,ダレなし,ゴギンズありで視聴は楽しかった.あとララ・クロフトはブルース・ウェインだったのね.
>|