風来坊

銀魂の風来坊のレビュー・感想・評価

銀魂(2017年製作の映画)
3.8
もうアニメ版でも映画化されている紅桜編を何故またピックアップしたのかが分からない…今更感があります。紅桜編はわりと初期の頃の長編エピソードなので銀魂を知らない人にも確かに取っ付き易くはあるのですが…。どうせなら実写オリジナルか他のエピソードで冒険して欲しかったなぁと思います。

キャスティングは思ったより違和感なくて驚きました。小栗旬さんはやる気のない感じと死んだ魚の眼の感じで銀さんらしさを出していました。近藤役の中村官九郎さんはゴリラ感は今一つなものの歌舞伎界の大物なのにこういう役を引き受けちゃう姿勢に感服です。長澤まさみさんもイメージ崩壊で良かった。その他、キャスティングも良いと思いますが鉄子役の早見あかりさんがあまり鉄子に合ってないような気がしました。

仕方ないところでしょうけど、役者さんの役作りがほぼアニメ版に寄せてますね。この辺ももっと冒険しても良かったかなぁと思います。エリザベスの着ぐるみ感は味があって良いんじゃないですかね(^^)
定春のCGは残念…全然可愛くない…。機動戦士や風の谷の件や源外の工場での源外とのイチャイチャは面白いです。少々おふざけが過ぎるかも知れませんが原作もおふざけが過ぎる事もあるので良いんじゃないでしょうか。

色んな所にジャスタウェイが置いてあったりとファン向けの細かい笑いもありますね。バトルシーンも意外に見応えがありました。桂やエリザベス、真選組の活躍が乏しいのと好きな所が省略されていたのは個人的に残念。どうせ酷い事になっているんだろうと期待せずに観たら、小さく纏まった気がしますが原作の雰囲気を再現していて驚きました。雑で残念な部分もありますがまあ良いと思います。続編ではもっとはじけて欲しいなと思います。