Rees348

女神の見えざる手のRees348のレビュー・感想・評価

女神の見えざる手(2016年製作の映画)
4.1
世の中の好評価や良いレビューは出尽くしてるのでサクッと、違うことメインで。成功者だからと言って高いご飯をリッチに食べたりせずササッと安飯で済ます一方、エスコートクラブで人間らしく生理的な欲望を満たすとこは生き方として個人的に好きです。完璧な成功者より傷物を感じさせる天才だから興味も持つし共感も出来る。また当然ながらラストの切り札のシーンは首より上がゾクッとしびれ熱くなりました。あの部下が撃たれそうになったシーンと救った男は相手ロビー側の仕掛けではないか?と最近のアメリカ映画やドラマを見続けていると思うが果たして、、、

ゼロ・ダーク・サーティがまた観たくなりました