女神の見えざる手の作品情報・感想・評価

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

4.1

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

Ray

Rayの感想・評価

-

映画館で鑑賞。

自分含め2人しかいない劇場で前につんのめって観てました。この作品、めちゃくちゃおもしろいです。っていうより、あのラスト、気持ちいいやろーなー。トータルで見てあの主人公はすごく人間的だなと思いました。

このレビューはネタバレを含みます

よくできたストーリーで大満足。なぜ、この映画がオスカーでは全く引っかからなかったのだろう。
銃規制をめぐる二転三転ということで、私が真っ先に想起したのは『ニューオーリンズ・トライアル』。敵の悪事が露見して・・・という展開も良く似ている。
ただ、あちらは、あくまで「法廷を舞台にしたどんでん返し」というゲームのような作品で、作品全体の「格」という意味では、こちらの勝ち。主人公も、全くの善人というわけではなくて、手練手管に長けた、『ニューオーリンズ~』でいえば、ジーン・ハックマンのキャラに近いところが、作品に深みを与えている。
ラスト近くには、「おーっ」というどんでん返しがいくつか用意されているが、私が、個人的に最も「おーっ」と言ったのは、男娼が主人公を売らなかったとこですね。
脚本がとびきり面白い!ロビイストとは、常に先を読むのが仕事。相手が自分の急所を突いてきた時に、一番の切り札を出す。主役のエリザベスが本当に凄い。彼女の“仕掛け”には、本当にたまげた。
ぴーこ

ぴーこの感想・評価

3.0
セリフが多くて、字幕追うのが大変だった。
オチがもう少し凝ってたらよかった。
happy0403

happy0403の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

リアル志向であるのに主人公の頭が良過ぎて現実離れしている。
ある切り札で大逆転をするがそこがありえな過ぎてびっくりです。そこをこの作品の売りにしてしまうのは頭が悪過ぎ。
これが史実なら納得できる大傑作ですが、、、。


しかし!この作品はもしこの天才が存在したなら?という見方をすれば無茶苦茶面白い。
普段知る事の無い政治ロビイストの世界をテンポ良く描いているのは誰が観ても面白いはず。
切り札に関してはありえないものですが中盤での銃保有者の登場で票が動く瞬間。
鳥肌たちました。


日本ではやはり終盤の大逆転が評価されますがそれ以外のところがこの作品の1番の魅力ですよ!と言いたい作品でした。

おすすめ。
ぎゅう

ぎゅうの感想・評価

5.0
2017年に観た映画の中でベスト
闘う女性はいつだってかっこいい。
周りになんと言われようと自分の信念を貫きバリバリ仕事をこなす様は見ていて爽快です。
主人公は人間性について叩かれていて、確かに欠点もあって不器用で
偏屈だし天使のような道徳観は持ち合わせていない。
けれども
主人公の中での正義は貫いていてとていいなと思いました。
究極のツンデレヒロイン

映画自体もスリルとドキドキが止まらないとてもテンポのいい映画でした。
Mana

Manaの感想・評価

4.0
ずっと見そこなっていたけど、どうしても見たかったのでイオンシネマ 多摩センターまで足を運んでやっと観れた。とても満足度の高い作品で足を運んだ甲斐があったので良かったです。
実は待ってる間に色々感想を読んで筋を知ってしまっていたけど、それでもハラハラして目が離せませんでした。

個人的にジェシカ・チャスティンは今一番熱い女優。モリーズ・ゲームも是非観たい。
kitkitkit

kitkitkitの感想・評価

4.0
【女神の見えざる手】


タイミングが合わず、逃していた本作を、久しぶりに下高井戸シネマで。

敏腕ロビイストの女性、スローン。
成功の為なら、手段を選ばず、
使えるものや人はすべて利用する。

感情をすべて押し殺した表情。
このできる女感が凄い。

展開もはやく、セリフもスピード感もあるので、油断(ウトウト)してると付いていけなくなります。危なかった〜。

ラストは圧巻でしたね。
これ家でもう一度、観るやつだわ。
玉

玉の感想・評価

4.3
おっっっもしろかった…!!!
人間性をひたすら叩かれる主人公だけど、銃規制側を選んでくれるだけで相当まともな人だと思う。
久々の映画館での観賞。

下高井戸シネマはいつ行っても活気があって良いですね😃(たいてい土日に行くからかな?)

アメリカの政治に疎くても楽しめる内容でした。
主演の人のバックボーンを描かないのは敢えて?なのかもしれないけれど、あの人格を形成する迄のお話も入れ込んでも良かったかな?と素人ながらに感じました。

銃規制…テレビのニュースだけだと法案そのものの可否にフォーカスがあたるけど、その裏側にこんな顛末があると思うと、政治にも多少興味を持たないといけないと有権者云年目の自分は思いました。
>|