女神の見えざる手の作品情報・感想・評価

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

Smiley

Smileyの感想・評価

3.5
最初の方セリフ(字幕)の速さについていくので必死だったけど、最後の大逆転はすごかった!
なんか、まんまと騙された感があったなぁ🤔
だけど、アメリカの腐った政治家たちを一気に潰す感じがスッキリした!!!
manara

manaraの感想・評価

3.9
面白い。賢くなった気分になれる。信念とそれに伴う行動と社会に訴えたい国際問題の話
最初難しかったけどグイグイ引き込まれていったね。

ジェシカ綺麗です。。。そこかい(笑)

日本でもこんな映画がうけてほしいね。
作業しながらみる映画ではない。
後々後悔する笑

え?どっから??ってあっと驚かれた
先手、先手で勝ち目ない。
かっこよすぎて無理やった。

内容しっかり把握したいから
これももっかい見る映画。
りーん

りーんの感想・評価

4.3
激震!!
あの瞬間、手足に鳥肌たって手汗まで出て一気に目が覚めた。こんなの久しぶり。
勝利に固執し、氷のように冷たい。何故そこまで?と思うけど、きっとそれが彼女の生きる目的なのだろうと思いました。そして、その根底にあるのはネズミに対する怒りなのかなとも。
周囲を欺き自分を偽り、欠片も弱さを見せないけれど、境界を越えてできてしまった亀裂を戻すことは難しい。エズメのことは心苦しかったです。
でも、曇り空に日が差したようだった。
ジェシチャスさんが綺麗だしかっこよかった。
羊男

羊男の感想・評価

3.3
漫画勇午の劣化版的なストーリー。目的を達成させるためには、友人の危険や自らの命も問わない。目的主義の最終型の怖さはある種の芸術性も帯びる。
ほいみ

ほいみの感想・評価

3.0
月曜から夜ふかしの
桐谷さんが激推ししてたので
借りてきました。

内容は結構難しい!

けど、主役のジェシカ姐さんが
終始カッコよくて
ちゃんと物語理解してなくても
戦う姿や生き様を見てるだけで
胸を打つものがあった。

戦う女は美しい!
satoo

satooの感想・評価

4.0
知的な言い回しが良かった
難しいテーマで理解しきれてない部分もあるから知識付けてからまた見直したい
なすび

なすびの感想・評価

5.0
いや〜なかなかに骨太で知識もない身で見るのにはだいぶ疲れました、、、法律とか政治とか自分が普段苦手としている分野の用語がバンバン出てきて台詞も多いのでついて行くのに必死(割と置いてきぼりだった)やっぱりそこらへんの知識身に付けたいなーこう言う映画ももっと楽しめるようになりたい!と思いました😖

それにしても強いねーちゃんが(ほとんど)1人ででっかい権力に立ち向かうのはめちゃくちゃカッコいいね。しかも自分のためとかじゃなく、正しいと思ったことのために身を切るのも厭わないって…スゲーなぁ。。。

見てて最近読んだ「ミレニアム」思い出してたよ。ミレニアムも強い女たちがあの手この手で権力に立ち向かって行くけどほんとこの主人公もミレニアムから出てきたみたいなスゴ強女だったわ…情報収集と秘密主義大事

ジェシカチャステインめちゃくちゃ強そうでいいよな〜〜ガタイもいいし顔もゴージャスかつ強いし美人!説得力!こんな女性になりてぇ〜〜って思うけどなかなかなれんのが現状。(家に閉じこもってdvd見るしか脳がないのが現状)

そしてその主人公の魅力を一層引き立てているのが衣装とメイク!!!そこそこのハイブランド感ある服装(ZARAで似たようなの揃えれそう、明日ZARA行こう)白!黒!派手色!で隙のない鎧をまとっているよう。リップも必ず赤や濃いピンクでマット。また赤毛がいい。きっと全米の女子が赤毛に憧れた。時代はブロンドから赤毛に移るかもしれない(「ノクターナルアニマルズ 」然り)とにかく強そうだった。かっけぇ

主人公以外の女子キャラも強くてサイコー。みんなタイプは違えどサバサバキャリアウーマン。いや〜〜こんな人になりたいぁ〜〜一応キャリアウーマンへの憧れはある系ゴミ女わたし、、、

ジェシカチャステイン現実でも女性の地位を上げる運動しててかっこいい、惚れた。これからお姉さまとお呼び慕う…!


地味にがんばるマークストロングかわいい


しかしここまでフィルマの評価が高いのは何故…??みんなやっぱり強い女にしばかれたいのか…?
“ロビイスト”って日本ではあまり馴染みがない。
圧力団体の利益を政治に反映させるために、政党・議員・官僚などに働きかける人々のことらしい。
米国ではかなりの影響力をもつことがこの映画から窺い知れる。

政府を裏で動かす戦略のプロ“ロビイスト”。その天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン(ジェシカ・チャステイン)。
真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包む彼女は、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう日々。
そんなある日、彼女は銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。
全米500万人もの銃愛好家、そして莫大な財力を誇る敵陣営に立ち向かうロビイストたち。
大胆なアイデアと決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、エリザベス・スローンの赤裸々なプライベートが露呈され、予想外の事件が事態を悪化させていく…。

台詞の内容が難しく3割は何を言っているか分かんないが、7割方の理解でも楽しめます。
ミス・スローンは、銃肯定派からのあの手この手で妨害を先読みし、辣腕、というか剛腕で逆境を突破していく。 さながらスパイ映画のような頭脳戦が白熱する。
ジェシカ・チャスティンが知的でエレガントな美貌のミス・スローンに適役というか、彼女以外考えられないくらいはまってる。
悔しいけど、これはダマされちゃいました。
>|