女神の見えざる手の作品情報・感想・評価

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

もひー

もひーの感想・評価

3.8
これ、ジャンルはミステリーではないと思うんだ。日本人にはあまり馴染みのないストーリーで最初はついてくの必死。そもそもロビイストってなんなの、てなる。けどわからなくても観てればなんとなくわかってくる!最後はもっとありえないくらいにスカッとしたエンディングにして欲しかったかもり
追い詰められては裏返し、最後の逆転劇が見ててきもちよかった!
NORIDAR

NORIDARの感想・評価

3.8
社会派痛快エンタメ!
まさかスパイ映画だとは…。笑

落ちだけあんまり好きじゃなかったな。
他は最高すぎ!ずーーっと面白い。

ジェシカチャステインじゃなかったら成り立たないんじゃないかっていつも思わせるジェシカチャステイン。
ロビイストたちによるキリキリするようなゲーム、心理戦であっというまの2時間強。
エンタメと民主主義のカクテル割り映画をつくらせたら、やっぱアメリカにはかなわないと実感させられた一作。
スローンの弁護士役の使い方がとってもクール。
HITOMI

HITOMIの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

銃規制法や裁判、政治などを取り扱っているものの、内容は一級品のサスペンス映画でした。何度も追い詰められながらも、最強のシッペ返しで相手を叩き潰す爽快感が、とてつもなく堪らなかったです。
まさに、私失敗しないので!😄
 めちゃくちゃ面白い!
 
 久しぶりに集中して映画を観た気がする。構成がしっかりしている。息をつかせぬ展開で見事と言う他ない。
KANMATE

KANMATEの感想・評価

3.2
少し、ロビイストっていう設定と向かおうとしてる相手の意味や基礎的な知識が足りず撃沈。題材としてとても大事なものを扱っているので再チャレンジしたい
銃規制が遅々として進まない現実に痺れを切らしたアメリカが創り出した、ヒーロー。あるいは、成功のためには他人を陥れることも厭わない、アンチ・ヒーロー。ミス・スローンの実体は、そのいずれか、もしくは両方だろう。

タネ明かしの瞬間には「参りました」と声がもれた。社会派ドラマ/法廷スリラーでありながら、一介のロビイストの情熱が国家に「激震」をもたらす姿を描く、上質のエンタテインメント。
展開、飽きさせないし、主人公の強さ弱さ、両面出てて魅力的でした
kanegone

kanegoneの感想・評価

3.7
テキパキ、ハキハキ。
無理をしながらも、きっちり出来る女性。
仕事も全力で、アレも全力。

この映画を観てると、「率直なことはいいことだ」と改めて思う。この映画が、この主人公が好評を得てるってことが、なんか他人事なのに嬉しく感じた。


人生で大切なのは、勝てる道ばかり選ぶことではなく・・



と、見せかけて!

なんと!

あーいう知的な女性が、
あーいうホテルにて、
あーいう人と汗を流して・・

一度だけはがれた鉄面皮が、まさかあの局面であーやって効いてくるとは・・ドキドキ。

そらぁ最後はああなりますよ。

参った!

主演のキャラクターが図抜けて素晴らしい。箸でメシを食うだけでかわいいってのはお見事です。役者もすごいけど、これは脚本の力だと思う。
興味を感じた方は、ぜひご覧ください。めっちゃスカッとします。
>|