女神の見えざる手の作品情報・感想・評価

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

おね

おねの感想・評価

-
これはダーク・ヒーロー映画。
失うものがあると判って勝つことをえらぶことができる強さ。
ジェシカ・チャステインの彫りの深さの説得力。
mayu

mayuの感想・評価

3.9
緻密な構成、最後のどんでん返し。
見ていて最高に面白かった。
自分も操ってる気持ちになってしもうた。
もず

もずの感想・評価

4.1
サイコパス資本主義大国アメリカで、信念に従って政治ゲーム(闘う)する、
孤独でメンタルがtoughすぎる女の話し


米国のエリート女は、恋する暇ないから金で男を買うってのは何かの本でも読んだ気がする…

ロビイストって日本じゃあまり聞かない気がする…
hiromix

hiromixの感想・評価

4.0
面白い!
魑魅魍魎とした世界で、スパイ活動をしながら、巨大な反対勢力と闘うロビイスト。

攻守が切り変わり、アクション映画のような楽しさで、観ることができた。
まぐ

まぐの感想・評価

3.5
仕事内容を理解するのに少し時間がかかってしまったけど、計算尽くされた妥協のない仕事の仕方は圧巻。赤リップが彼女の強さを更に引き立たせていて素敵。結末が物凄く気持ち良い。
凪風

凪風の感想・評価

4.3
ロビイリストという日本にはない職業。見ていて新鮮な感じと社会派という難しい作品。 これは、一気に集中して見ることによってすごく展開のリズムの良さを感じる。そして、ラストの展開の面白さ…ラストが見ていてすごく心地の良さ、スカッとする気持ちになりました。見ごたえありの作品でした。
りの

りのの感想・評価

-
ロビイストという職があることも、精神的に追い詰められるくらいの心理合戦も見所だった。冒頭は難しくて、寿命が縮みそうな辛い展開かと思いきや、見終えてみたら爽快。ジェシカ・チャステインがカッコイイ!!終盤のミネラルウォーターを飲んでからの語りが好き。面白かった!!
DSPEC

DSPECの感想・評価

4.3
この映画は2つのストーリーで物語が構成され進行して行く。

銃規制法案を通すのに必要な上院議員の賛成票を勝ち取る為に、ロビー活動を通して知略、戦略を使い奔走するリズと彼女のチームのストーリー。

以前の過激なロビー活動に対して規制が掛かり聴問会で、自らに降りかかった火の粉の払う為アクションを起こすリズのストーリー。

緻密で抜かりの無い脚本はこの2つのストーリーを見事にラストにリンクさせる。

彼女は聴問会の席で “ 激震 ” を起こす事で、銃規制法案の成立の為に自らを犠牲にし、心から正しいことと信じて自らの信念を貫き、偽証罪で服役する事になる道を選ぶ。

その時初めて善人とも悪人とも判断出来ず、得体の知れなかったエリザベス・スローンの正体を我々は知ることになる。

ラスト刑期を終え施設を出たリズの視線の先に何を見たのか?

エズメ? シュミット? フォード?(彼もエスコートサービスの仕事に信念を持って従事している) それともスマホで呼んだハイヤー?
そこには新しい仕事の依頼人が居たと思いたい。だって続編で彼女を観れるから…


この映画は賞レースとは全く無縁なのに驚いた。まさか銃賛成派のロビー活動が…
Kaorinon

Kaorinonの感想・評価

3.4
最後の逆転劇はスッキリ!もう一度観たい。WOWOWオンデマンド
千屋

千屋の感想・評価

3.7
ロビイストって向こうやと正当な職としてあるんやなみんな知ってて投票してるんやろうか。追い詰められてからの逆転劇のカタルシスはみんな好きよね。精神を病むほどのワーカホリックって設定がまたカッコいいな似合うのは女主人公やからなのかな
>|