女神の見えざる手の作品情報・感想・評価

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

128。これは、ス、ス、スゴイ。深い、深すぎる。そして、爽快。
jijiko

jijikoの感想・評価

3.9
とても、面白い。
最後まで、何がホントなんだか、どれが真実なのだかわからない展開で、あっという間の鑑賞時間。
息つく暇もないとは正にこのことで序盤からスピーディかつスリリングな展開にドキドキしながら、勝つためには手段を選ばず己の信念だけで突き進むキレッキレのやり手ロビイストに釘付け。とにかく凄まじい、の一言
ごてふ

ごてふの感想・評価

4.2
日比谷シャンテ・シネにて。場所柄勤め人風の単身男女やカップルなどで6割超えの入り。開巻10分で傑作の予感。邦家にその概念(職業)がないゆえ≪ロビイスト≫って翻訳できませんわな。近い職種では業界団体の広報担当あたりかな。ひと昔まえにアーロン・エッカード主演で≪サンキュー・スモーキング≫という佳作あり。タバコ・アルコール・銃器など、所謂社会の必要悪的産物が何とか世間の人々にクリーンなイメージを持ってもらえるように奔走するロビイストの姿をシニカルかつコミカルに描いていた。本作は、まず精緻なモザイクのようなシナリオに感服。無駄な科白がなく細かな伏線も巧みで、競合する勢力の駆け引きと騙し合いにはダレ場が全くない。主人公はまるで魔女である。宿敵との鞘当から鍔迫り合い、互いの切り札を切った後の大逆転には息を呑んだ。ヒロインの矜持に感じ入り深い余韻に浸った。これぞ映画でしか体験できない醍醐味だろう。そっけない原題を直訳にしなかった邦題にも技あり。
広報、PRをお仕事にされてる方は必見!
ロビー活動を舞台にした極上のエンターテイメント。
大企業や政治家相手にひるむことなく世論形成の戦略を仕掛けていくロビー活動のおもしろさ。そんな世界の花形として活躍するスローン(ジェシカ・チャステイン)の魅力、それだけでも十分楽しめる。さらに後半のサスペンスにもあっと驚かされるしとても贅沢な時間を過ごせた。おもしろい映画観れて大満足!

今回の論争は「銃規制強化vs規制反対」。誰がどっちにつくかのシーソーゲームもあり、みていてハラハラさせられる。
文字通りなんでもありのやり口で相手の弱味につけこみ、世論を味方につけていく。
やり口を見てるだけでぞっとするし、マスコミを通じて知る情報は疑ってかからないといけないとあらためて姿勢を正される。

前半ぼんやり見てると取り残されてしまうほどのセリフの量。しかし無駄なセリフは少ないので聞き逃さないようご注意を。後半次々繋がっていきます。

スローンのキャラクターは続編を期待してしまうほど魅力的だった。スーパービジネスライクな言動とキャリア、目的のために手段は選ばない非情さ。でも自分自身でもやっていいことと悪いことの境界がわからず不眠症に悩み薬を手放せない。現代人の社会病を象徴しているような存在だった。
頭キレッキレの、超かっこいいジェシカチャスティン!
超おもしろかったー!
頭の回転早い人好き!!!
ロビイストって??くらいの知識しかないわたしでしたが、あーこれはおもしろい!!!
興奮!スリリング!

ここまで自分のこと信じられるひと、いる???
本当にかっけーな、姉さん。あーカッコイイ!!!!!
いろいろ書きたいのですが、ネタバレしてはいけないのです。この映画は。
でも、超かっこ良かったことを伝えたい〜!ただそれだけです。

会話のテンポも内容もジョークもスルスル溢れるように出てきて、これがまたおもしろいのだけど、字幕読みながら会話聞きながら、結構頭を使った。頭疲れてる時にはみない方がいいですね。

ジェシカチャスティンってなんかあんまりすきじゃなかったんだけど、かっこよすぎだわ〜!ずっとこういう役しててほしい!
BF

BFの感想・評価

4.2
ジェシカ・チャスティンあっぱれ!


フィクションだけど、実際こんな人いるのかな…もう画面に釘付け、ひれ伏しました…。選挙の直後に鑑賞したもんだから、より政治ドラマの威力が鋭くて。公開のタイミングバッチリ!?これ程までに振り切った人間像に陶酔、脚本も好感。良作…。

勝つためには手段をえらばない、って
この映画を見たら嫌でも見せつけられてしまって、もう中盤以降は笑っちゃうくらいの徹底さ。

伏線も後から効いてきて、テンポよくラストまで見終えました。

「女神」だなんて皮肉なタイトル、その''見えざる手''の狂気にすら思える…予期していなかった流れと、ほんの少し見える彼女の弱点というか、人間らしさが自分のフィルターではあるけど垣間見た時に、ふと目頭が熱くな李ました。

あと、あのリミット・レス感ある錠剤もやべえ。名前忘れちゃった。彼女、長生きしてほしいなあ…笑

銃規制の問題を軸にした物語。僕は「ロビイスト」という言葉さえ知らず、日本に居るから分かり難いとはいえ、いま国を率いる国の姿に疑問符を投げかける、力強い展開と会話、そのセリフたちにずっしりと重みを感じることができたパワフルな作品でした。

選挙直後のこの映画、オススメです。
らいと

らいとの感想・評価

3.9
とても面白かった。
いや痛快。
ここまでやり切れると楽しいだろうな。
Hironori

Hironoriの感想・評価

4.2
この映画は面白かった。
銃規制はタイムリーな話題だし、いろいろ考えさせられた。
ちはる

ちはるの感想・評価

3.9
信念の塊みたいだけど、結果を出さないと意味が無いという主人公に痛快!と共に彼女を象徴するかのようなピンヒール&常にスマホ&弾丸スピーチ&男に関しての部分に人間味が相まって魅力的だった。
しかし彼女と真逆タイプは揃って政治家だった…
あとはホテルの男に彼女と同じ素質をチラリと感じれたのが素敵だった
>|