女神の見えざる手の作品情報・感想・評価

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

4.1

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

超絶大傑作!
早口映画の新たなる系譜。とにかくジェシカ・チャスティンの早口が聴きたくてたまらなくなる。音に関することで言えば、殆ど街を映していないにもかかわらず、サイレンの音で街(=世界)描くその巧みさが見事。ハードボイルド。
観てて、フィンチャーってまだ人間の温かみを残してるんじゃないかなーと思った。『ソーシャル・ネットワーク』と『ゴーン・ガール』を好きな人は観てほしい。個人的にはこの二作を超えてると思う。
ジェシカ・チャスティンの背の低さと色の白さが「信頼できない語り手」感を何重にも醸し出していて、翻弄されるのが気持ち良い。

このレビューはネタバレを含みます

皆が仕事をした。自分の仕事、自分の人生、これでいいのかと突きつけられる。

もっと英語わかるようになりたいと切に思った。吹替があればよかったんだけど、字幕を追っていると顔が覚えられないんだよ。

ヒロインには三流で負けてもキャリアがある。牢獄行っても将来があるか。最後、彼女の視線の先にはなにがあったのか。

敵が最終的に個人攻撃に出るだろうなんて現実として想像がつくし、あの部下が実はヒロインの切り札なんじゃないかっていう展開もドラマとしては定番。
でも完全勝利ならヒロインは無罪放免だろうと思ったらラストでは矯正施設にいる。じゃあ彼女の敗北かっていうとそれも違う。すべてが計画どおり。
エスコートサービスの男の偽証だけは違ったかな?

震える。

時間があっという間で息をつく隙もない。こんなでかい作品がつくれたたなあ。
ノヴ

ノヴの感想・評価

4.7
こんなに、頭をフル回転させて観た映画は珍しい。

シンゴジラのスピーディーな会話が好きならこれも相当。

何かを成すことが大きければ大きいほど、その代償も比例する。
主人公のしてきた目的を果たすためにしてきた所業について、観終わった後。
改めて観返したくなる映画。
デビゲ

デビゲの感想・評価

4.0
あっという間の2時間でした。
まったく無駄がない、良作。
ロビイストが題材の、また1つアメリカらしい映画ができましたね。しかも銃規制法案というね笑
上院下院議員を動かす彼らたち、つまりアメリカは彼らによって動かされているといっても過言ではない。それはつまりは世界に影響を与えるロビイストたち。
冒頭で、今まで一緒に仕事をしていた仲間が一瞬で敵味方に分かれたり、人種バックグラウンド関係なく能力のあるものがしっかりと評価され高い報酬で働いてるのもアメリカらしい。逆に結果が出なかったり、会社にとって必要なくなるとすぐにfiredとなる。それもアメリカらしい。だって優秀な人材は世界から集まりますからね。

仕事のためには手段も選ばない鉄の女スローン役のジェシカ・チャスティンのまた1つ代表作となりましたね。というくらいハマっていた。
ただ、最後の服役中のシーンで、スローンが「5年だからね」と言っていたシーンが謎。出所するときの彼女の表情の意味も謎。
だから最後のはちょっとモヤっと終わった感じがしました。
Hirosay

Hirosayの感想・評価

3.6
冒頭からジェシカ・チャスティンの会話のテンポが早すぎてついて行くのが大変でしたが、最後まで緊張感が途切れず、面白かったです。
とてもよくできたストーリーだと思いますが、主人公の背景が殆ど語られず、ロビイストとしてなぜそこまでするのかが分からないので、深い感動とかは無いかもしれないです。
最後の主人公の表情が印象的です。あれはどういう意味なんでしょう?
ぱんだ

ぱんだの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

エリザベス・スローンという1人の女性の生き方を描いた作品、という取り方が「Miss Sloane」。
彼女の人間的な部分と、非人間的な部分をひっくるめて、超越した能力自体を表現したものが「女神の見えざる手」という邦題な気がした。

合理性を重視した冷徹な人間に見えて、実は感情的だったり弱い面もあったり結構人間的で、そこがすごくいい。
芯を貫き通すためには、何だって使う。自分さえも。そこに彼女の美学がある。

結構考え方は似てる気がする。私にはそれを維持する能力も気力もないけど。
彼女がここまでくるまでのスピンオフを観たい。
某脚本家の方が絶賛していて興味を持ちました

やーーぁ頭脳戦
冒頭会話についていくのが大変でしたがw
後半ぐいぐい引き込まれました。

すべては彼女の手のひらの上。
彼女自身が自分のキャリアも人生もなにもかも投げ打った一大プロジェクト。
その彼女なりの価値がわからなかったなぁ。
彼女の背景描写ほぼなく…
まぁ、蛇足でしかないからあったとしてもカットだったんでしょう。

どこまでが計算だったのか…

ラストの表情が意味深でした
Manamin

Manaminの感想・評価

5.0
ロビイストとか何か全然知らずに観に行ったのですが、とても良い作品でした!!
たぶん今年ベスト3に入ります!!


最初っから全てが巧妙に計算し尽くされた映画ですね

ラストとても衝撃でした
まさに『激震』ですね笑
lp

lpの感想・評価

3.7
公開終了間際のみゆき座に滑り込み。銃規制強化をテーマに、アメリカのロビイストを描いたサスペンス。

脚本が素晴らしい。ロビイスト達の駆け引きに、グイグイ引き込まれた。特に「ある事件」によって、一気に情勢が様変わりするシーンが素晴らしい。冷徹な主人公の仕事狂人っぷりも良い。
ラストの逆転劇は予想通りで少し物足りなかったけど、爽快感はあった。

上映時間は2時間オーバーだけど、それに見合うだけの見応えがあるサスペンスでした。
やまだ

やまだの感想・評価

3.8
人生かけた理由がチャレンジングな案件ってこと?イマイチ分からず、ちょっと消化不良な気が…。ラストはぞわぞわしたけども。。もう一回見たら変わるのかな。
戦争広告代理店を久々に読みたくなったわ

好き→超ドライ。「あなたの感情と人生に何の義務もおってない」とか言ってみたいかも。「ニュースルーム」の面々。キャラクターも似てたような笑
>|