Canape

ジェーン・ドウの解剖のCanapeのレビュー・感想・評価

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)
3.6
ビビりの挑戦シリーズ。検死官が運ばれた美女の遺体から死の謎を解き明かしていく物語。全然気が休まらない緊張感ビリビリ。音・色・ライティング・煙。その巧みな攻めにもうほぼ指の間から。美しいマネキンのような遺体のチェックが始まると、解剖する間もなくする間もなくビビりにはグロすぎる展開。外傷もないのに骨は折れてるし膣も傷あり。どうして死んじゃったんだろう。だんだんこの子が可哀そうになってきて推理しながら最後まで頑張って見る気に。完走したものの慈悲の気持ちは見事に裏切られおっそろしい展開の連続に瀕死の状態。とりあえず、遺体見たい♡なんなら顔にかかってる布もとって撃ちぬかれて穴の開いた顔も見たい♡とか言う息子の彼女が全然理解できなくてひっぱたいてやろうかと思いました。
ジェーン・ドゥは名無しの権兵衛の意味。