いわやん

相棒 劇場版Ⅳ 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断のいわやんのネタバレレビュー・内容・結末

3.7

このレビューはネタバレを含みます

相棒シリーズ。
前作の島での作品が、あまりにも?だったので、今作は相棒らしく楽しかったです。

群集のテロのネタは、以前も使ってましたけど、やはりスケール感を出すには必要不可欠なんですね。

パレードで、大勢のエキストラを使い映画作品として、通常のテレビ版との差別化を図っていて、真犯人も鮮やかにどんでん返しが決まってました。

私は、相棒のBGMも好きで刑事ドラマのスケールを越えてると思います。

今作では、鹿賀丈史と北村一輝が重要な役割なんですが、配役が絶妙で私好みで(笑)

鹿賀さん、知らない間に歳取られましたね。