そ

夜明け告げるルーのうたのそのレビュー・感想・評価

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)
4.7
opの入り方が最高。ルーが「これはルーの映画!」って言ってる感じ

人間のキャラは主人公含めエゴ丸出しで誰にも感情移入出来ない。反面、ルーやその他の人間以外のキャラの屈託のなさが愛おしくなる。
自分の気持ちを言葉にすることの大切さ

ルーの父が走るシーンで泣いた。
湯浅監督はアニメにおけるこの「疾走感」を出すのが本当に上手いと思う