夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価・動画配信

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

あらすじ

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

Rita

Ritaの感想・評価

3.8
ルーが教えてくれた大事なこと。

漁港の町に暮らす少年カイと音楽が大好きな人魚ルーのひと夏の出会いと別れを独創的なアニメーションで描いたファンタジー映画。

湯浅監督の作品をまともに見たのは今回が初めてで、改めて見てみますと驚きの連続でリズムにのって歌って楽しく踊るルーや島の人達の笑顔が伝染してくるかのように幸せな気持ちでいっぱいになりました。

広島の劇場で開催されているboidsound映画祭。音響調整された非常に大きな爆音が脳まで響いてドーパミンが増えた様な気がします。最高なアニメーション映画の体験が出来ました。
ちいこ

ちいこの感想・評価

3.6
これぞアニメーション!な動きや色彩が楽しい。
キャラクター設定がポニョ&トトロを思い出してしまうのが勿体ない。
lilytm

lilytmの感想・評価

-
必要があり。るーちゃんきゃわ。途中で離脱しちゃったからまた見たい
hine

hineの感想・評価

2.7
え!これは、ポニョ、ハム好きーでは?
アニメーションは素敵だったけど、物語が薄すぎだったかも、好きもきすも愛してるもあまり響かなかった。
ポニョにしか見えない😅
町会の会長さんは、長州力にしか見えない😅
高校生トラックメイカーとかなりポニョだけどポニョじゃない人魚
「あさりが砂を吐き出す」って話だと思うと、思いを伝えることと水のイメージが重なって気持ちいい映画と思えるようになった。

物語を通して"差別"を乗り越えるのに、、「人間が異種を認める」ってかたちに着地せず、おばあちゃんはじめ非人間(人魚)側に取り込まれていくっていう着地が良いなと思った。
サワラ

サワラの感想・評価

4.2
・ほんとうにものすごい映像美

・メンバーの喧嘩と和解とか、祟りの真相とか、なんか話運びのおざなり感や小っ恥ずかしさは感じるんだけど、それを補って余りあるアニメーション

・オープニングアニメーションの入りも最高

・主線を残す部分と消す部分の違いでいろんな変化を出してる

・物理的な立体を無視してキュビズム的な表現で空間や視点移動を描いてるんだけど、それが人の目を通して感じる広さとか大きさに近い感覚で、アニメーションの魅力がめちゃくちゃ詰まってる

・人を通り越してカメラが奥に入っていくカットが多かったのも印象的
ゆ

ゆの感想・評価

3.5
湯浅節を浴びたい!というモチベーションで観に行ったので満足。犬王の後にこれを観るとより"文脈"を感じてよかった。
犬王記念の湯浅監督作品特集でこの作品をチョイスする劇場のセンスよ
さかゆ

さかゆの感想・評価

3.0
途中までうーんだけど、
最後のおばあちゃんあたりから
涙とまらんくなる。
>|

あなたにおすすめの記事