夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価・動画配信

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

Sachiko

Sachikoの感想・評価

2.3

ポニョのぱくり?

ストーリーは違うけど
ポニョのぱくり?(笑)

中盤 だれた。

噛まれると人魚になるって
なんか嫌。

ファンキーな絵が
時々 きしょい。

散々 言って ごめんなさい。


あ、オープニングと
エンディングのアニメは
昔っぽくて可愛かった(笑)

「歌うたいのバラッド」が
この映画の主題歌だったとは
知らなかった。
わか

わかの感想・評価

3.2
フカヒレと人魚の町を舞台に、くすぶっていた中学生の男の子が成長(?)する物語。なんというか、湯浅監督だなぁという感じ。わたしは「夜は短し歩けよ乙女」のほうが好きです。

ルーの純粋すぎる愛情に、わたしの汚れた心はムズムズしてしまいました。
でも、久しぶりに聴いたYUIのfightがやっぱり良くて、このシーンはめちゃくちゃ沁みました…
YURINA

YURINAの感想・評価

2.5
『崖の上のポニョ』みたいだなと終始思ってしまった。同じ湯浅監督の作品であれば『夜は短し歩けよ乙女』の方が好きだった。

インターネットで感想や考察をあたるともう少し深い意味合いがありそうだけれど、私はそこまで解釈できなかったのでこのくらいの評価で。でもこの作品の良さが分かるように努力はしたいと思った。
ほの

ほのの感想・評価

-
めちゃめちゃ良かった。『マインド・ゲーム』よりも癖も強くなく、わかりやすいので湯浅作品を誰かにオススメするならこの作品から紹介するかもしれない。
ひょうたん顔のお爺ちゃんがなんとも湯浅作品ぽくてニコニコしてしまった。伊東伸高エキスなのかな。詳しくない。もっと過去作みたい。
本当に、みんな仲良く、それ以外に何かありますか?っていう。もうここにしかいたくなかった。
OP楽しかったなあ。カイくんはなんだかSASUKEくんみたい。踊るし、曲作るし。
ぴぴぴ

ぴぴぴの感想・評価

3.0
湯浅ワールド。夜は短しと同じテイストだけどストーリーが四畳半ほどしっかり組み立てられていないから全体的にふわっと終わってしまったのが残念。
USA

USAの感想・評価

3.4
何か見たことある要素でできたような映画だった。おじいちゃんと母の再会は泣けた。オトナ帝国や未来のミライと同様に既に過ぎ去った遠い過去や歴史には不思議と心を打たれる。
ときあ

ときあの感想・評価

3.5
海の描写がとてもキレイだった

ルーがとってもかわいい!

カイ達のこの町から出たい願望や田舎特有の町の人の反対意見の結束力の描かれ方がリアル

エンドロールに千鳥のノブさん、大悟さんの名前があったがノブさんはすぐに気づいたが大悟さんは1回見ただけでは気づかない

ルーのパパ良き

終盤にウルっときた
話自体は摩訶不思議だけど、
あの街に行ってみたい。
この映画が神秘的なのは
船乗り場が地下にある家、
卑怯の岩や無人島、
小さい島の中にあるアミューズメント施設など、
様々な場所の魅力が溢れ出してるからだと感じた。
空間萌え映画。
途中まで。
私はあまり得意ではない作画だったのとなんとも言えないんーって気持ちになったので途中でやめた。
自分の調子が良い時にまた見直す。
ばにら

ばにらの感想・評価

3.1
湯浅政昭監督。
ファンタジーアニメーション。
NHK-ETVだから教育なのです。
漁港に住む中学生カイは、父と祖父との3人暮らし。
趣味は作曲した音楽をネットにアップすること。
ある日、村に伝わる伝説の人魚少女ルーが彼の前に現れると言うお話し。
唄うたいのバラッドとルーの表情で泣けてくる。
おかげさまの祟りではなく、天災を助けてくれる不思議な力。
海女さんのシーン、ルーと母も重なり。
ファンタジーのラストは解釈もまたファンタジーとした。
物語の深さに気づくかどうか、ルーの可愛さには気づいた。
エンドは本物の斉藤和義かあ!これはいいなあ。
>|