夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

KH

KHの感想・評価

3.5
湯浅監督が好きなので見たって感じだけど、相変わらず好きでした。内容も面白いし、少しありきたりな感じもしたけどこの手の物語は、かっぱ然り、妖怪然り、人魚に限らず子供は味方だけど、大人は敵みたいな構図が出来ててスタートからなんとなくの内容を既に理解してる感じでその通り進んでいく心地良さみたいなのはあるけど、裏切って欲しいみたいな気持ちもありました。Netflixで見ました。
おぐ

おぐの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

恵まれた世界観、恵まれたアニメーション、恵まれた大筋からの、雑な人物描写
こんな感想です

セリフで語りすぎなんちゃうかなぁ
対象年齢層を広げるためにしゃーないんかもしれんけど、言わんでもわかることいっぱいあったよ
安直にそのまま感情を言葉にする人しかいないので、なんだか子供向けアニメとして見てしまいました

かといって、しぶくおしゃれにまとめたらアニメに合わんのかな

メインの三人が単純すぎたのかしら
主人公出てこないタイムもけっこう長かったし
うーむ
宮崎駿てストーリーメイカーとしてもすごいんやなと思いました
湯浅監督感満載でいい意味で胃もたれ気味です。笑
相変わらずのアニメーションで楽しかったです。
個人的にはめちゃくちゃ面白かったとは言えないのですが、世界観、設定は面白かったです。
漁村という舞台も湯浅さんが描くと楽しげでいいですね。笑
様々な有名アニメーション映画の要素がちらほら感じられて楽しいし(ルーのポニョ感とか)、ぶっ飛んだオリジナルも入ってて楽しい超えて逆にここまでくると恐ろしいというか...いろんな要素が詰まったセンスの塊ですね
シャフトの化け物語シリーズの雰囲気にも似てるし、シンプルに見えて伝えたいテーマは重そうな(深い)印象があったなぁ

とにかく!想像以上にぶっ飛んでるのでここのシーンって笑っていいの??!という気持ちになる、笑っていいよね
何がこんなに泣けちゃうのかわからないけどずっと泣いちゃってたわ〜心がほっこりする映画でした。
キャラクターがイキイキしてて、踊るシーンとか本当楽しかったし、ルーの表情も可愛くて、たまに入る雑なタッチの絵とかも良かったわぁ〜あとキャラクターデザインはねむようこさんだったんだね!好きな漫画家さんだから嬉しかったわぁ♪
あと、カイくんがハライチの岩井さんみたいで(笑)めっちゃタイプw
主人公のカイの声や雰囲気もいいし、流れてくる歌もいい。寂しさと明るさが混じったファンタジーによく合うポップな絵。
ただ後半が長すぎた。中盤までは好きだったのに~残念。
りかち

りかちの感想・評価

3.6
映像表現や、音の使い方が気持ちよかった。
アニメ表現がジブリやディズニーなどをオマージュしてるようで懐かしさもありつつ、今の表現と混ざってよかった。
hodumiiin

hodumiiinの感想・評価

4.9
ポニョと比較されがちだけど、そもそも比べるコトがナンセンスかなぁと。テーマも表現方法も違うし、ルーはルーで凄く良かった…。
日無しのモデルになった京都の舟屋の町に行ったことあるので、すごく町のイメージがわきやすかった。童話チックだけど美術が作り込まれていて、漁協や町の人々の設定もどこか実在しそうな丁度良いバランス。

人間側の主要メンバーセイレーン3人組の関係性も見てて楽しくて、主人公カイの声がとっても良かった。14歳の俳優さんてことでリアルにカイ。

お話とは関係無いけど、記録的豪雨で水浸しの町がリアルに想像出来てしまうのが辛かったー。見よう見ようと思いつつやっと鑑賞。
SHOTAISM

SHOTAISMの感想・評価

2.6
湯浅さんらしさとねむようこさんらしさの共存している様に感動する作品

映画としては正味いまいちな脚本
と音楽、設定の爪が甘い印象と無駄なシーンの尺が長い。
邦楽にあまり興味がないからか、音楽もストーリーとマッチしていないなあとモヤモヤ

蛇足
かーん

かーんの感想・評価

3.0
お久しぶりです。すっかりこの私は映画を観なくなっちまいました。これではイカンと夏らしい映画を一本。
いや、これはいかん。主人公とバンドのボーカルの女の子に感情が忙しくてついていけませんでした。
思春期って感情がせわしゅうのは分かるんじゃが、それでも何考えとるんかわしにはよくわからん所がいっぱいじゃ。
思春期×音楽は最高じゃ〜〜
>|