夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:113分
    監督
    湯浅政明
    脚本
    吉田玲子
    湯浅政明
    キャスト
    谷花音
    下田翔大
    篠原信一
    柄本明
    斉藤壮馬
    寿美菜子
    大悟
    ノブ
    あらすじ
    寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

    「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・レビュー

    み
    の感想・レビュー
    2時間
    4.2
    アニメーションってすごい、とただただ感動した、脱力してて一切技術を見せつけない感じが最高です
    パクさんヒワン
    パクさんヒワンの感想・レビュー
    2時間
    5.0
    おれも幼い人魚とキスして照れたい
    獏
    の感想・レビュー
    8時間
    5.0
    こんなにも悪人がいなくてスキの気持ちがまっすぐでドラッギーな映画があるのか…
    ミントグリーンの海面と歌うたいのバラッドが脳内でしばらくタプタプきらきらし続ける。驚くほど良かった。邦アニメ映画でダントツに好きになってしまった
    SintarouTakada
    SintarouTakadaの感想・レビュー
    8時間
    3.2

    このレビューはネタバレを含みます

    ぬめぬめ 動くところが アニメらしい
    表現で 面白いと 思った。
    ルーの 影響で 踊り出す 人間たちや
    ルーの キラキラした 瞳が 良かった。
    音楽も良く 音楽の 力の 底力を
    見せつけられたような 気がする。
    残念なのは 細かい 設定を 知ることなく
    物語が 終わって しまったこと。
    海とルーの お母さんの エピソードは?
    最後の 緑色の 海は?
    あまり わくわく できなかったのが 残念。
    人魚アニメと 聴いたら ポニョが
    印象強く セリフが 被ってて 残念。
    子供向けの 作品 だろうから 突っ込むと
    負けかも。 所々にある シュールな
    笑いは この監督の 魅力なのかな。
    thirdtreeman
    thirdtreemanの感想・レビュー
    9時間
    4.5
    予想外の王道感動作。全然ヒットしていないようだが、子供たちに見せたい映画。グラン・ブルーみたいに公開時ダメでも後々多くの人が観てくれれば。
    第三回活き〆ワークショップがツボ。周りは笑ってなかったので、声を抑えるのに必死。
    他の方のレビュー同様、ジジイのシーンにこみ上げるもの有り。
    スペース☆ダンディの魚回のような少しアナーキーな感じもあるのかと思ったが、奇をてらうような所なし。
    yude
    yudeの感想・レビュー
    9時間
    4.5
    さすが!!!

    予告からだけどポニョがかなり浮かぶし、君の名はも少しチラついてしまったのだけど、そこと比べる必要ないほど湯浅節をガンガン出してて本当に良かった!

    あとやっぱ夜は短しやマインドゲームしかり、何度も声出して笑ってしまう描写があるアニメはこのひとの作品に限るなぁ

    ワン魚のゆるさと出してくれーのときの可愛さ、神社のオヤジの顔の雑さ、塾の先生の「え、立つの?」、キスのあとの恍惚顔、ルーのパパの上陸後の日陰待ち時間、ユウホのパパの登場時の歩き方、千鳥

    ジジイババア泣かされた、アニメーション表現で感情揺さぶられた感じだったのもスゴイ

    ストーリー面は、アニメ表現に気を取られすぎてちゃんと理解できてなかったかも笑
    なんで水浸しなんだっけみたいな

    なので考察を読んでみたけど、"影の中で暮らす人魚"が個々の内に秘めた夢や好きなことの象徴、みたいな感じで書かれててなるほどと思った、それと好きなことを好きと言えないカイが出会ってユウホの最後のセリフまで行き着くわけだなぁ

    そう思うと泳げないカイが泳げるようになるというのも良いエピソードだな、「沈む想像をしたら沈んだ」とか

    大人たちはそれぞれ夢を追った人や現実的な人がいるけれど、夢破れて出戻りしましたみたいに見える人も、町での新たな夢や希望を持ってたりして、子供たちは進路に悩む時期で自分のやりたいことと親の姿(現実)を見て悩んでいて、まじで登場人物いっぱい出たのにちゃんといろんな人の夢とか現実とかあって良いストーリーだったなぁ…

    君の名はもそうだけど、明確な悪がいないのにドラマになってるのって良いなぁ〜

    ルーの髪の毛や目のふよふよ感とか全体的に水がキモティ良い


    26作目
    ss
    ssの感想・レビュー
    9時間
    5.0
    まず観てください。
    これは後世に語られるべき傑作です。

    アニメーション表現力の豊かさは当然のこと、脚本演出音楽等々の全てが文句なし。書きたいことは山ほどあるけどスペースが足りない。

    「君の名は。」があれだけ売れたのにこっちがこんなに受けてないのが残念で残念でならない。
    保田祥宏
    保田祥宏の感想・レビュー
    10時間
    4.5
    マインドゲームからカイバ、ピンポン、夜は短しは観てないけど湯浅政明監督の集大成な雰囲気。色彩豊か音楽軽やかで楽しい作品でした。
    もこ
    もこの感想・レビュー
    10時間
    5.0
    オープニングからエンドロールまで死ぬほど泣いた
    優しすぎる映画だ〜〜〜
    悪役、というか憎むべきポジションのキャラクターはいるんだけどその人たちにも優しい結果がきちんとある
    最高のジュブナイル 音楽っていいなあ!

    今歌うたいのバラッド聞くと泣きます
    ひろお
    ひろおの感想・レビュー
    10時間
    4.9
    絶対に好き嫌いが激しく分かれる作品だと思うんですが、僕は圧倒的に賛です
    絵が動くという当たり前のことが、ホントに多幸感に充ちてる
    感情とかドラマとかを、言葉以上に叩きつけられて、よくわからないままに感動してしまった

    傘をさす、それだけで涙が溢れた映画は初めてです
    >|