夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:113分
    監督
    湯浅政明
    脚本
    吉田玲子
    湯浅政明
    キャスト
    谷花音
    下田翔大
    篠原信一
    柄本明
    斉藤壮馬
    寿美菜子
    大悟
    ノブ
    あらすじ
    寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

    「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

    TAKEZOH
    5.0
    好きという言葉の純度100%の気持ちを相手に伝える力は、大人になると立場や利己的に嘘をついたり言葉に余計なものをつけて飾りたて、大人の都合でまわる世界を変える力と可能性を示しつつ、大災害から救い変わってしまった世界で若者が小さい世界を一歩踏み出す責任と代償を描き、
    人間の欲を剥き出しにした時の醜さと怖さは怪物のように、人魚たちの可愛らしさ無邪気さの対比を見せる湯浅監督の繊細かつダイナミズム溢れる破壊力ある画はより磨きがかかり、アニメ映画おける最高峰水準であり、こんなに皆がハッピーになり楽しく感動する作品は久しぶりだった♪
    ダメだ、じいさんの傘にやられた…。こういう映画を作ってしまうから、アニメってやっぱりすごいって思ってしまう。
    ナユラ
    4.7
    ポニョー!!じゃなくて、ルー!!
    そうすけ好き!!じゃなくて、カイ好き!!!

    イマジネーションの極み。
    アニメーションと音楽の波にのまれる爽快感は、海に入るより気持ちよかった。

    そして、ワン魚🐶🐟が、
    可愛すぎて身悶えました*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
    反則級の可愛さだった。
    ワン魚に出会えたことが何より嬉しい!

    内容がちと弱く映像の凄みで押し切った感はあったけど、湯浅監督の自由と疾走の想像の世界を堪能できて良かった。発想もだけど、それを映像に起こせる力が本当に凄いと思う。天才だわ。

    マインドゲームより本作の方が好きです。
    見て良かった👍
    アニメはほとんど見ないし、湯浅監督の事も知らないし、監督の作品も見た事ない中での鑑賞でした。

    冒頭から丹後の伊根町みたいな舟屋のある漁村の風景や民家の描写にちょっと感激して、あー良いなぁ!と期待も膨らみ、その後昭和のテレビアニメの始まりみたいな手作り感のあるオープニングもなんか懐かしい感じで面白くてワクワクしました。

    主人公のカイが両親の離婚で心を閉ざしてるっていう暗い性格も、マーニーのアンナちゃんみたいな闇を持つ捻くれた複雑な内面の子が好きなので、お母さんからの手紙を未開封のまま置いてあるところとかも良かったんですけどね、この子の寂しさややり場のなさや中学生ならではの拗らせた感じとか、もっとこんがらがった心が描いてあれば、もっとのめり込めたかなと思いました。

    でも、カイとルーが夜の街を散歩するのは幼い妹を連れてるみたいで、カイも自然とルーに癒されて笑顔を見せたりするところなんて、ほんとほっこりしてとっても良かったです。
    2人の境遇が似てる事もより互いを近く感じ、より特別な存在になっていくのを感じられました。
    ただ、カイの家の辺りは田舎の漁村て感じなのに、散歩の時にはコンビニやら電車やら綺麗な夜景もあり、なんや結構な都会やんかと思って、あのシーンで開けた街の感じを出す意味は何だったんだろうと思いました。

    ルーの事が広く知られるようになり、それを町興しに利用しようとする大人達の勝手さは既視感があるし、ルーに全部を持ってかれたユホの嫉妬から来る行動なんかは、後々の騒動の大きさを考えると幼稚に感じてしまうので、ユホの自分の中に抱えた葛藤なんかももっと丁寧に描写してあれば、ユホにも感情移入できたんだろうかと思いました。

    おじいさんの過去の回想やライブでみんなが踊り出すところは絵のタッチが変化して面白かったし、音楽も良かったし、良いところはあるのですが、人魚島が壁のようにそびえ立つことで町が日陰になることから日無町という地名もついてる設定の割には、日陰感があんまりなくて、日陰だから人魚が生息できるというかなり重要な要素なので、そこがもっと強調されてないとなぁ…とか、ルーのお父さんてあのビジュアルでなんで商工会議所だか漁協かのメンバーになれんねん⁉︎とか 笑、そういう設定に疑問というかツッコミ所もあって、気になってしまいました。

    ルーとの出会いによってカイが成長し大きく前に踏み出せるようになるけど、それよりもお爺ちゃんとタコ婆のくだりのインパクトの方が優ってしまってるところも惜しい気がしました。

    アニメ慣れしてないからか、ファンタジーについて行けなくて、騒動になってしばらくしてくるとちょっと置いてけぼり感もあって集中しにくかったですが、ルーも愛くるしいし町の情景も美しく絵が良かったです。

    94
    7se
    3.5
    『夜明け告げるルーのうた』 

    お気に入り度:★★★☆(3.5/5.0)
    鑑賞方法   :劇場鑑賞

    http://xxxchumsxxx.blog.fc2.com/blog-entry-52.html
    すごく好き。
    -分かり合う為に必要なこと-

    「夜は短し恋せよ乙女」は心に残る作品だった。
    「マインドゲーム」ふざけてるのかと思いきや、ほとばしるエネルギーに最後は感動させられた。

    今回も絵の躍動感がすごい。
    人物や背景までも伸び伸びと動いてる気がする。
    中盤のイッちゃってるダンスシーンのズムズム感とか、見ていて楽しー!
    絵の手作り感がすごい。
    下書きなしで描いてる?って雑な画を愛しく思えるかどうかで好みが分かれそうな気がする。


    寂れた田舎の港町。ここ暮らす物語の主人公は、多感な時期の子供たち。自身の進路に悩み、大人達の思惑の間で揺れ動く。

    地元の田舎町で一生を暮らすか、都会へ出るか。
    田舎町はどこか閉鎖的で、それが嫌で地元を飛び出しても結局上手くいかずに地元に根付くパターンもある。

    自分に合った、
    居場所を作りたい。
    必要とされたい。
    王国が欲しい。

    そんな中、人魚のルーが登場。
    環境の変化を恐れ、
    自身を脅かす存在としてルーを見る目と、
    町おこしに利用出来る存在としてルーを見る目と。

    大人(自分含む)ってズルいなーって思うのは、「あなたの為だから」とか言って本当は自分の為だったりする。そんなあんちくしょうな真似が不信感を募らせたりする。

    この物語も例外でなく、大人たちの思惑によって翻弄され傷ついてく。

    町ではどんどん騷ぎが大きくなり、
    反対に少年は自身の殻に籠もりシンジ君状態。

    そしてある大災害が発生。
    乱暴な言い方をすると、これは住民や主人公の為の荒治療に思える。
    時に説明するよりも、皆が同じ事象を体験し共有することで気づくことがある。そこに言葉と行動で結束し、信頼が生まれ、事態を乗り越える力になっていく。


    思いを伝えることが出来なかった青春。
    地元の海が懐かしくなった今日この頃。。
    液体がぶるんぶるんひゅ~ん。

    主題歌である斉藤和義の「歌うたいのバラッド」が好きだったのでうまく入り込めず。
    マヒロ
    4.0
    田舎の港町に住む、何事にも無気力な少年・カイは、同級生にバンドに誘われたことをきっかけに、不思議な人魚・ルーと出会うことになる…というお話。

    湯浅監督の「映像だけで語る力」は今作でも爆発していて、ルーとカイが街中を歩くシーン、思わぬところで効いてくる傘のシーン、疾走するルーのパパ、そしてカイの祖父が真実を知るシーンなど、何も語らずとも登場人物の感情が手に取るように分かる表現力は流石としか言いようがない。最後のは思わず涙腺が緩んだ。
    題材が題材だけに水の描写が多いんだけど、水中の揺らめきとか光の屈折なんかをアニメーションならではのダイナミックな描写で描いているのも自身の現れなんだろうな。
    『マインドゲーム』の狂いっぷりには及ばないけど、突然踊り出す人々みたいなトンデモシーンも違和感なく受け入れられるのも、湯浅監督だからこそなのかも。

    ストーリーやキャラクター的にはちょっと気になるところもチラホラあって、例えば人魚に恨みを持つ「タコばあさん」は行動やその顛末も含めてカイの祖父と役割が丸かぶりしていて存在意義が分からないし、主人公のカイは最初から最後まで何を考えているのかがハッキリしないので、感情移入しづらい。キーキャラクターであるルーも、思っていたより活躍しないのが物足りない。最初のセッションシーンはすごい良かったので、もっとルーが唄う場面を入れて欲しかったな。何よりタイトルが『夜明け告げるルーのうた』なのに夜明け告げるところで唄わないのはいかがなもんか。

    『夜は短し〜』なんかに比べてもレビュー数が極端に少ないので、あんまり観られていないんだろうけど、埋もれてしまうには惜しい作品だと思う。オリジナルでバカ受けした『君の名は』はやっぱり突然変異的存在だったのかな。

    (2017.120)[25]

    このレビューはネタバレを含みます

    じいちゃんにやられた。
    じいちゃんにやられてしまった…。
    ずるいっ…。じいちゃんっ…。
    エンドロール中に2回思い出し泣きするレベル。

    線がぐねぐねしてて話の展開もぐねぐねしててリズミカルで、オマージュいっぱいあって、何が味方で何が敵なのかもぐねぐねしててこれからのアニメはこうあって欲しいと思ってしまいました。

    ゆうほには何回死んで欲しいと思ったか分からないし、ルーはずいかゆいwって思ったところもありましたがそんな思いも凌駕するエモーショナルさがありました。歌うたいのバラッドってところがまた渋いよなー。別の曲だったらまた全く違う印象になったことでしょう。
    >|