夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

Cocoa

Cocoaの感想・評価

3.5
なんか惜しい、が監督ならではのサイケデリックなアニメーションはやはり好きだ。
期待していた以上によかった。
予告ではポニョやん!っておもってたけど、ごめんなさい。全然違った。
感動する。
nccco

ncccoの感想・評価

3.3
初湯浅さん作品鑑賞。
独特のタッチで、ポニョとかトトロとかもののけ姫みたいな宮崎駿の影響もがっちり感じさせつつ、アメコミ的なコミカルさとテンポのよさが印象的。ポップ音楽を効果的にアニメに取り込むところがいいですね。

田舎だからこそ華が引き立つ女の子とか田舎町ならではの都会コンプレックスみたいなものも描いてるんだけど、「都会出たけど結局こっち戻ってきちゃったよ」みたいなことをカラッと話すお兄さんが出て来たりして全然暗くないのがいい。

ちょっと後半無理に感動させに来てる感じは鼻についたけど、おじいちゃんのエピソードとかなんで産業が傘なのかとかの仕込みがラストで生きるカラクリとか、「みんな海に還っていく」的なあったかさとか、普通に良かったです。

とにかくルーが反則的に可愛くて、主人公のカイがかっこよくてキャラクターが魅力的。(お父さん若すぎお兄さんかと思ったよ、、でも声優鈴村健一だから許すw)異界との触れ合いによる主人公の成長というベタな展開も恋愛要素一切なしでとっても爽やか。
なによりこんぺいとうの箱をひっくり返したようなポップで華やかな色彩!!ファンタジーの宝石箱でした。

個人的には途中からルーとセットになるワンちゃんの人魚が可愛くてツボであの子が出てくるだけでキュンキュンしていた(笑)
「夜は短し~」も観なきゃ観なきゃ!!
JunT

JunTの感想・評価

3.7
気分爽快なポニョのお話。ストーリーは、正直つながって気持ちよく流れてはいない感じ。しかし、気持ちのいい映画
面白かった!。シナリオに説明不足を感じつつもそれを補って余りある勢いと楽しさと優しさが溢れて爽快感があった。等身大の思春期の想いと大人達の身勝手と優しさが混同してるのもリアルで良かった。
こめ

こめの感想・評価

4.5
めっちゃ凄い遊園地の廃墟での演奏から始まり舞台となる日無し町がすごく素敵だった。

ファンタジー要素多めだけどテーマも盛りだくさんで現実的な部分もあって良かったし、なにより湯浅正明監督のサイケなアニメーションが最高!映像だけで魅せられる感じが好み。

女の子の歌の上手くなさとかリアルな感じだった。確かにポニョっぽいのはどうかなって思った笑
アニメーションの表現も音楽もストーリーもかなり良かった。劇中歌について知らずに行ったけど、好きな曲だったから更に感動した。爆音映画祭で、スクリーンで見れて良かった...
正直ポニョと似てはいるんだけど、どっちの作品も最高なので見てほしい
たしかに傘を開くだけで泣く日が来るとは思わなかったですね。

もはやドラッグ。動きがキモチイ、音がキモチイ、色彩がキモチイ。感覚を刺激する全てが快楽に繋がっていた。
絵が好きではなくあまり期待せずに観た。嗚咽を我慢しなければならなくなるくらい泣いた。良いとか悪いとかではなく無理矢理心が揺さぶられ涙が流れた。好きな登場人物はルーくらいでほとんどあまり好きにはなれなかったがただほんとうに震えたし演出もネタバレになるので言えないが素晴らしかった。主題歌も良い。観るべき作品である。
たなか

たなかの感想・評価

4.1
とても楽しめた!!
どんどん気持ちが引き込まれていった。
「ルー!」って画面見ながら叫びたくなる感じ。
DVD買おう
>|