夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

うい

ういの感想・評価

3.2
溢れ出るぽにょ感(笑)
でも嫌いじゃない!

すごくポップでキュートな映画でした。
くま

くまの感想・評価

3.8
どこまでも真っ直ぐに人を愛する人魚と、ひねくれものの少年の一夏の思い出

斉藤和義の「歌うたいのバラット」が主題歌だが、作中でも斉藤和義作の曲として使用されている。重要なメッセージのひとつとして様々なアレンジを加えられリフレインする

恋人、親子、友人、様々な愛情が
不器用に繋がったり、繋がらなかったりする
それが、たまらなくいとおしいと思う
湯浅監督最高すぎる!!!
この映画めっちゃ好きぃ(∩´∀`∩)

寂れた漁村に住む3人の中学生がうたを通じて人魚の女の子と出会うファンタジー作品。

あのキャラ何となくポニョっぽいとか、今度はこいつトトロっぽいやんとか、ジブリ意識しすぎちゃうん?って思った私をぶん殴ってやりたい。
もうね、ラストは大号泣よ
。・゚・(*ノД`*)・゚・。

これこそ世界に誇る日本のアニメ!!
大人も子供も笑って泣ける名作です♪
Aircon

Airconの感想・評価

3.5
アニメーションはおもしろいけど話は都合よすぎる感じした。
たぶん子供向けのストーリーなんだけど、
結構違和感ある設定とか展開多かった。
JPOPそのまま使うのもあんまり好きな演出じゃなかった。
放送がなんか良かった。
遊歩はかわいい。
chaaaanpon

chaaaanponの感想・評価

4.0
ポニョ(未見)、なのか、、?と思ったけどルーでした。たぶん「夜は短かし〜」のほうが上手くまとまってはいるんだろうけど、個人的にはこっちもとても好きだった!ふわふわと漂うような雰囲気と独特のキャラクターの動き、そして何よりもアニメーションでしかありえない世界観の表現…まだ2作しか観てないけど、完全に監督のファンになりました!
全体を通して小ボケが敷き詰められていてずっと笑えるし、もうね、ワン魚が… クライマックス直前のシーンですでに涙腺が臨界点に。まさかのシェイプオブウォーターみたいなくだりもあったし。もうみんな人魚になればいいよ🧜‍♀️
たたみ

たたみの感想・評価

3.5
THE・湯浅エーガ!ですね。おっさんには正直きっつい青春劇も、こうゆうアレンジならイケる!!
TARA

TARAの感想・評価

3.7
ぽ◯ょ感はある。
前情報無しで観て、POPなことにビックリ
少々聞き飽きた色々なところに使われ過ぎなあの曲がいいのか、逆にダメなのか、
今日もう1度子供たちに見せてみようと思う
Kuromakko

Kuromakkoの感想・評価

2.0
話が飛びすぎていて、人の感情が浅すぎて話についていけません
「夜は短し〜」しかり2時間にはおさまらない量をぎゅっと詰め込みすぎ
映像や音楽、ストーリーの骨組み自体は悪く無いのに、全てが「唐突」でした
見た順番としては今作の方が先で、その後最近になって「夜は短し〜」を見たんですよね。

この映画が日本で大きく公開されないのはどう考えてもおかしいんだよ!w

まぁ確かに「夜は短し〜」はその前の「四畳半神話大系」のヒットがあって、星野源だの花澤香菜、神谷浩史だの主役級を集めなんて感じの布陣だから当然大規模な公開館数ってのはわかるんだけどね。

今作のエモさをみんなにもわかっていただきたい。
このアニメで遊んでいる感覚、最高だぞ。
アニメを自由に使いこなせるからこそ可能な表現の自由さ、そして終盤のカタルシス!!

ただ一つ個人的に残念だったのは“あの歌”が結構頻繁に流れてしまうということかなぁ。
正直勿体無い気がしました。これは「心が叫びたがってるんだ」でも言ったんだけど、もったいぶれば良かったと個人的には思います。
映画において音楽の力は結構でかいので、しかも既存の曲だったりするとなおさらだと思うんです。それを複数回聴かせられるのは最後の、言っちゃえば最大瞬間風速が弱まってしまうと思うので、そこをなんとか…、とはおもいました。
またなぜあの曲じゃなきゃいけなかったのか、とか色々理由がそれとなくはっきりしているともっとよかったかも、なんて思います。

が、なんだかんだ最後にはアニメ的多幸感で胸が暑くなり感涙。

だからとにかく、見れ!!

と思います。
ikumura

ikumuraの感想・評価

3.4
海という自然は人間を育て、同時に脅威でもあり、でも人間が脅威だと思っているものが実は違っていたり。それを媒介する存在としての人魚。あちらこちら自分でもよく分からず涙が出そうになったけど、漁師の街に生まれて傘づくりに人生を捧げてきた主人公のおじいちゃんが一生抱えてた想いって・・・というところが一番グッときたな。(でもそこに納得できないところもあるので少し評価低め)君の名はに通じる要素もありますね。死生観的なものかな。
>|