夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

risa

risaの感想・評価

3.6
『夜は短し歩けよ乙女』で好きになった湯浅監督。柔らかいタッチはそのままで、ちょっとドラマのある映画。でも相変わらず見やすくて、終始明るい気持ちのまま。人魚が抽象的な形のまま描かれているのがお気に入り。
Lisbeth

Lisbethの感想・評価

3.8
前半飽きちゃったけど
最後まで見てよかった

徐々に話について行けなくなるんだけど
曲と感情が理性を吹っ飛ばしてくれる

タコ婆のシーンが本当に、、、
やるせなさと救いが刺さる映画だった
竹

竹の感想・評価

3.0
湯浅監督ぽさ満点の、アニメーションとしてはとても楽しい作品だった!
いれたい要素がモリモリ選手権だった。

キャラの性格があんまり好みではなかったかな…。あとポニョが脳内をチラついた(笑)だけど、地方の問題とか田舎から外に出る決意をする 思春期の少年少女の姿は、共感できないけどきっと青春なんだろうな~と思った。

個人的には漁船の上で傘をさすシーンがグッときた。
そして、愛する人と一緒に居たかった気持ち、その切なさが どうしようもない攻撃的な思いになっていた。
彼らの人生を思うと、大きな部分を人魚によって狂わされてしまったことも理解できるし、かと言ってそのままでは死んでしまう状況だったから、解決方法が違って人間にとっては離別の結果になってしまったけど、人を思う気持ちは両者にあったんだと思うと、観てる側も切ないねー。

やっと観れて良かった~~。
56

56の感想・評価

4.0
ルーちゃん可愛いかった

色彩も音楽も幸せに溢れてて
けど泣けるところもあって
ピュアで心が揺れ動かされる映画

劇中曲のチョイス最高
marie

marieの感想・評価

-
湯浅さんって感じは結構した
いいんだけど、う〜ん期待しすぎたかも
さかも

さかもの感想・評価

3.8
楽しい映画だけどずっと死の影がちらついていて人はつねに個別の存在なんだと言われているようだった
作画やキャラデザ、音楽はいいんだけどバカが原因でストーリー動かされるとあんまりノレない

人魚と港町のアニメってなるとどうしてもポニョがチラつくし、中年歌手の名曲を主題歌に持って来るのもどうしても秒速がチラついてしまう。作り手側が意識したしてないにかかわらず
う侍

う侍の感想・評価

3.6
ポップな絵面と動きで泣ける予定ではなかったのに、ちょいちょいと心を揺さぶられた。
人魚は仲良しです。
あと飯が美味そうです。
わしもルーに会いたかった。
みとみ

みとみの感想・評価

4.5
ポニョ!って何度も思ったけど
そんなのどうでも良い!良い!

個人的に、夜は短し は
だめだったけどこれは◎

ああ、すごい良かった。
期待してなかった分ハマった感がすごい。
ルー!また会いたいよ!ルーーーーー!
Ay

Ayの感想・評価

4.0
フラッシュアニメーションという事で動きとかが特殊で面白いです。
絵柄というか世界観も良い。
ストーリーですが、基本的には優しい映画ですね。
良かったです。
>|