daisak

きみの鳥はうたえるのdaisakのレビュー・感想・評価

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)
3.8
セピアっぽい光彩の超自然さとエッヂの効いたカメラワークは斬新で良かったが、ストーリーは特別何か起こるわけでなく、淡々と青春を浪費していく感のある3人。
それが良いといえば良いのだろうが、オジさんには途中まで煮え切らない思いが否めなかったです。
クラブのシーケンスでは、去年札幌で見たHi'SpecとOMSBのliveシーンが出てきて胸アツ!気持ち良さそうに踊る石橋静香さん。良かった。三宅監督、そーいう畑の人なのね、と思わずニヤニヤしてしまう。
柄本さんも染谷さんも彼らにしか出来ないよ、というさりげなく感情の機微を表現する役柄を見事に演じていた印象。
そして、目が覚めるラスト!ばっちり記憶に残してきました。