きみの鳥はうたえるの作品情報・感想・評価

きみの鳥はうたえる2018年製作の映画)

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:106分

あらすじ

函館郊外の書店で働く「僕」と一緒に暮らす失業中の静雄。「僕」と同じ書店で働く佐知子が加わり、3 人は、夜通し酒を飲み、踊り、笑いあう。だが微妙なバランスのなかで成り立つ彼らの幸福な日々は、いつも終わりの予感と共にあった。

「きみの鳥はうたえる」に投稿された感想・評価

tohko

tohkoの感想・評価

4.0
3人の男女が楽しげに笑いあう
ドキュメンタリーのように自然に…
永遠のようで一瞬の均衡
舞台は静けさと雑踏が程よく馴染んだ街、函館
石橋さんの透明感としなやかさ
あの後の彼女の言葉は?
不思議な清々しさを感じながら映画館をあとにした
MOTO

MOTOの感想・評価

4.0
柄本佑。石橋静河。染谷将太。
男2人に女1人。
函館。ハセガワストア。やきとり弁当。
函館のやきとりが実は鶏肉ではなく豚肉なように、出会いからどこかに齟齬を抱えていた3人の織りなす心地良くも居心地の悪い現代モラトリアム劇。

もう2010年代後半なのにどこか1970年代みたいな函館の街、「夜空はいつでも〜」から一皮も二皮も剥けた石橋静河が堪らなく美しくて心臓を掴まれた。
mika

mikaの感想・評価

3.9
一晩中遊んだあとの朝焼けはとても儚くてきれいなことを思い出す、なにもないんだけど何かがある朝。無茶をして遊ぶこともだいぶ減ったけどたまにはいいかもなと思える。
こんな風に生きてみたいなって、自分とは正反対な彼らに少し嫉妬をしながらすごした106分。
kyon

kyonの感想・評価

4.5
深夜のコンビニ、音楽に浸るクラブ、少しの灯が照らす夜道、ふざけて笑い合うマンションの部屋、ちょっとしたトラブルが起きるバイト先、こんなにも瞬間瞬間に惹かれてしまうなんて。

台詞の応酬と表情のリアルさ、冒頭から静かにはじまって、「僕」が佐知子のために数字を数える。

ちょっとした視線や表情、仕草、セックスをする姿すらもあまりに自然で、いつの間にか、そう、いつの間にか後半になるにつれてまさに没入していた。

ああ、いいなぁ、こんな瞬間。
瞬間が繋がって、特定の時間になる感じ。映画って良いなぁって思うし、三宅さんの目線はやっぱり共同作業なんだね。

生活が溢れる衣装たちも良かった。邦画でイケてる作品って聞かれたら真っ先にこの作品挙げる。
u

uの感想・評価

4.3

あまり映画館で邦画を観ない私が
二本続けて観るなんて…しかもそのどちらも良作で凄く気分が良い。

この作品、なんとなくで観たら
めちゃくちゃ良くてビックリしました。

ずーっと観てられるというか、
なんかもうたまらないんすよ!!
あの三人の関係憧れる。実際にはそれぞれの立場で傷ついたりするんだろうけど。笑
あんぬ

あんぬの感想・評価

3.6
邦画感満載で画は綺麗。1度観ただけじゃ分からなくてちょっと難しかった。メール画面とか見せすぎないところは良かった。
yu

yuの感想・評価

3.5
このまま永遠とこんな生活が続いていくのかなあと思うふわふわした日常。多分わたしがフワついた生活を送っているからかもしれないが、自分が3人と一緒に映像の中にいるような感じもありつつ、なんだろうか、とてつもなく東京感というか、違和感とは感覚が違うけれど遠巻きに眺めてしまう感じもある。ラストシーン、最後の佐知子の表情が全てだったように思います。
また大好きな映画に出会えた喜びを噛み締めまくってる。
全セクション大勝利だよなぁ。
なんか、色々語りたいけど、
とにかく大好き!とにかく良い!
好みがはっきり分かれると思う。わたしはとても好きだった。
最後の方で染谷将太が匂いについて触れるけど、食べ物にしろお酒にしろ海にしろ、自分もその場にいるんじゃないかと錯覚してしまうほど匂いを感じ取れる映画で、すべて画面の中の出来事だということが信じられないくらいだった。
函館の夜景は美しいし、石橋静河は綺麗だし、ビジュアル的にも楽しめる。
本当にどうしようもない人たちの愛すべき日常の話で、何にもないけど何もかもがある感じ。カラオケのシーンとエンドロールが最高。もう一回観たい。
saori

saoriの感想・評価

4.7
この3人のことは知らないのに知ってる夜のことで知ってる朝の匂いがして、結局覚えているのはこういう夜のことだよねっていう話ですって見てない人に話したらさっぱり分からんと言われたけど、この映画はそういう日々のことです。私達のあの日々は長かったのか短かったのか
>|