きみの鳥はうたえるの作品情報・感想・評価・動画配信

きみの鳥はうたえる2018年製作の映画)

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「きみの鳥はうたえる」に投稿された感想・評価

wenhua

wenhuaの感想・評価

4.2
授業で鑑賞。最初は雰囲気映画かと思ったけどかなり良かった。セリフひとつひとつが好きだったので脚本を読み返して反芻する。
誰もが抱えてる側面を見せつけられてる感じ。テンポや雰囲気好きだった。
そこのみにて光輝くと同じく

演者さんは皆良かったが内容の希薄なただただ気怠くて暗い映画でした。深いテーマがあると見せかけてだらだら生きることを称賛してるだけという。
ごう

ごうの感想・評価

4.6
絶妙なバランスで成り立っている関係に危うさを感じた。
いつかは終わりが来る事から目を背けて、ただただずっと続けばいいと願う時間は夏のお祭りみたい。

誠実に不寛容な“ぼく”に共感はできないけれど、どこか同調する部分もあって自分が嫌になったりするし
人に依存しない行為で自分を守っていた“ぼく”の心の変化をもっと見ていたくなった。

佐知子の表情だけでラストをこちらに委ねるやり口でしたが、ドロ沼ですよドロ沼…、そんな先しか見えないですよ。

とにかく3人のお芝居がほんとにご馳走だったしブルートーンで踊り続けるシーンが良かった。
wako

wakoの感想・評価

3.8
函館の景色と、始まらない、終わらない、そういう日常が呼応している。そして、たくさんの感覚、その時の気持ち、匂い、酔い、あまりにもわたしのあの時とも重なってまだ青い。古くなっていない。なっていかない記憶。いい映画だなあ。
えにし

えにしの感想・評価

3.0
ひと言で言うとすれば、一人の青年が「失いたくない」を「得る」までの物語——なのだと思う。登場人物の誰のことも好きになれないけれど、嫌いにもなれないこの感情を何と説明すれば良いのだろう。それはたぶん俺が彼らに少しずつ似ていたからだ。「僕」も静雄も佐知子も、森口も店長も静雄の母も、全員少しずつ俺だった。息をするように嘘を吐くのも、二人の関係を邪魔してやいないかと気遣うのも、誰でもいいから繋がっていたいと願うのも、どれもみな俺が通ってきた道だった。この時間がいつまでも続けばいいのに、と願うことは、すなわちその時間に終わりがあるということだ。惰性じゃない道を、彼はこれから歩きはじめるのだろう。きっと初めて。
鳥は歌ってくれなかった

 バイト先で知り合い肉体関係を持つようになった僕(柄本佑)と佐知子(石橋静河)と僕の同居人である静雄(染谷将太)の、ひと夏のゆるい三角関係を描く、恋愛映画。

 「そこのみにて光輝く」などの佐藤泰志の小説を、函館を舞台に映画化。ゆるい日常描写を積み重ね、何も起こらない中で微妙に変化していく3人の関係を描き、何か起こりそうになったところで唐突に終わる。

 何気ない恋愛を描く雰囲気はいいんだけれど、登場人物がみんな好きになれなくて、結果作品自体も好きになれないパターン。特に、何事にもいい加減な僕と、その対極にあるバイト先の同僚森口(足立智充)の二人の言動には終始イライラさせられっぱなしだった。

 もしかしたら、エンディングの先があれば好きになれたかもしれないけれど、それはまた別の話ということかな。
ai

aiの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

これをリアルとかおもう自分がきもくていやになった

ストーリー全体がじゃないけど空気感とかがリアルな瞬間がたまにあってドキっとする、きゅんとかじゃなく変な動悸がして苦しいかんじ

これが青春とかいって褒め称えるのはなんか違うきもちわるい、実際そうかもしれないけどもっときれいなものだっていう憧れみたいなのを捨てずにもっていたい
思ったより良かった

邦画だなぁと思いながら鑑賞

石橋静河すき
も

もの感想・評価

2.0
【分かるし、憧れるけど】

別世界に思えてしまう。

ちゃんと働こうよ。ちゃんと向き合おうよ。相手と、自分と。

って思ってしまって、ストーリーに上手く入り込むことができなかった。

5分くらいのMVだったら、とても良いんじゃないかなという雰囲気。
>|

あなたにおすすめの記事