きみの鳥はうたえるの作品情報・感想・評価・動画配信

きみの鳥はうたえる2018年製作の映画)

上映日:2018年09月01日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

配給:

3.7

あらすじ

みんなの反応
  • 邦画の中でも雰囲気が素晴らしい、役者さん同士の空気感と距離感が大事
  • 退廃的な暮らしをしたいと思う、三人の演技が自然で独特の空気感が素敵
  • 20代の輝き、空気、友達、恋、夜遊びやクラブが詰まっていて心地良い
  • 画面に映る情報だけで、何が起こっているかを想像させる絶妙に気持ち良い映画
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『きみの鳥はうたえる』に投稿された感想・評価

日常の中にある物語が、映画になっている。
「僕にはこの夏がいつまでも続くような気がした」という冒頭のセリフがいい。
実際には、終わりがない物事なんてない。すべての物事は絶妙な関係性で成り立っていて、…

>>続きを読む

佐藤泰志の同名小説の舞台を東京から現代の函館に移して映画化した青春ドラマ。監督は本作が初商業映画となる新鋭、三宅唱。

★1982年第86回 芥川龍之介賞 候補

函館出身の作家、佐藤泰志の本と出会…

>>続きを読む
まおう

まおうの感想・評価

3.8
温度とか匂いが伝わる、伝わってきすぎて、ちょっとムセそうだったったー

染谷くんの盆踊り卓球フォーム🕺🏼
msmn

msmnの感想・評価

4.5

少し前に観たときはそこまで惹き込まれなかったのに、なんかずっと引っかかってて、その上で1回原作を読んで、もう1回映画に戻ってきた。こういう引っかかり方をする映画は2回目観ると大抵面白い。1回目で気づ…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

『夜明けのすべて』で大好きになった三宅唱監督作品。
『ケイコ、目を澄ませて』含め三作目の視聴。

柄本佑、最高!
佐知子から貰ったパニーニを食べてる時の表情や仕草が面白すぎて一気に好きになった。
染…

>>続きを読む
Fostoria

Fostoriaの感想・評価

3.2

いったい何を見せられているんだろう?と思いながら何故か最後まで見れてしまう不思議な作品。
こういう人たちって実際にいるんだろうなって思う。
生真面目さや誠実さはなくても生きていけるし、割りを食うのは…

>>続きを読む
y

yの感想・評価

3.0
クラブのシーンはリアルだった。
いつまでも楽しい面白い曖昧ではだめだ、ちゃんと自分の感情に向き合わないと。

2024-31
hynon

hynonの感想・評価

3.9

何からも逃げて、いいかげんで、どっちつかずでいられた最後の年。
あの頃がいちばんキラキラしてたーー。

「南瓜とマヨネーズ」「夜空はいつでも最高密度の青色だ」「佐々木、イン、マイマイン」など、センチ…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

登場人物たちとじぶんの感覚というか世界がちがいすぎて途中までは違和感をとおりこしてすこし不快というか受け入れ難くもあった。 
このひとの映画は2度と見ないだろうなって冒頭で思っちゃったくらい。
オリ…

>>続きを読む
samiam

samiamの感想・評価

4.0

下高井戸シネマによる三宅唱監督作品特集。
「ワイルドツアー」に続いて本作を鑑賞。。。

主人公3人のキャラクターと3人の関係性に目が離せなくなる魅力的な作品。。。

観賞後、三宅唱監督のサプライズ登…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事