マロ先輩

修道士は沈黙するのマロ先輩のネタバレレビュー・内容・結末

修道士は沈黙する(2016年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

予告編からしてスっごく面白そうだったので期待しながら劇場へ。
始まってけっこうな時間が経過した気がするんですが事件解決のヒント無し?あの密室で何があったのか?告解は何だったのか?じらしにじらされもしかして聴き逃してしまったのか?と自分も疑い始めた後半も後半で答えが。なるほどね、あの公式は沈黙と共に提示しないと意味が無い、だから修道士に託したのかと納得。沈黙も時には武器になるんですね。
ちなみに自分が好きだったシーンはシェパードが会議のテーブルをグルグル回って結局はいつものご主人様でなく修道士の前でお座りした事。あの場で誰が力を鍵を握っているのか分かってらっしゃる。最後も修道士の後を着いて行く姿が可愛かったです。
答えが分かった上でもう一回観たら色んな伏線とかも見えそうなので機会が有ればもう一度観てみたいなと思いました。