修道士は沈黙するの作品情報・感想・評価

修道士は沈黙する2016年製作の映画)

Le confessioni

上映日:2018年03月17日

製作国:

上映時間:108分

3.4

あらすじ

「修道士は沈黙する」に投稿された感想・評価

vinotinto

vinotintoの感想・評価

3.3
分かりやすいミステリーではなく、行間を読む作品。仕事で疲れた状態で見たので行間すっ飛ばしまくりであまり入ってこず。もう一回見たいです。
abemathy

abemathyの感想・評価

4.0
重厚な色味と美しい構図を神妙に観ていたのだが、コメディとして楽しめばよかったのか。ニヤリと笑うタイプ。
鳥のさえずりを録音している修道士。とぼけた顔と狡猾な顔を使い分ける修道士。急に泳ぎ始める修道士。沈黙する修道士。設定コントかよ。
柴猫

柴猫の感想・評価

3.5
沈黙こそ最大の自由。
G8財務相会議直前、一人の男の死体が発見される。自殺なのか他殺なのかも不明のまま、各国の財務大臣やゲストとして呼ばれたロックスター、絵本作家、修道士といった人々の間で繰り広げられる群像劇。

設定や展開として小説向きかなと思ってしまった。会話劇は面白いけど、映画として実写で見せられるとさすがに違和感。映像ならアニメとして見てみたかった作品。ただラストのシーンは大好き。
「自分に死をもたらしたとしても、他者を救うための行為ならば自殺ではない。道疑心のために死ぬのなら自殺ではない」って解釈は面白かった。
切身

切身の感想・評価

3.7
殺人犯を探るミステリーではなく、経済に翻弄される権力者たちの滑稽な姿を暴くブラックコメディだった。
ある意味裏切られて面白い。
Campanella

Campanellaの感想・評価

5.0
『薔薇の名前』でショーン・コネリーが演じたウィリアム修道士を彷彿とさせる、セルヴィッロによるサルス修道士が聞いた告解の守秘義務に関するジレンマをサスペンスに仕上げてます。

日本の大臣の名前「Y.KIRUCHI」はどこから来たんだろうか?

■良く分からなかったシーン
・自由を叫びながら全裸で駆け抜ける3人の女性
・日本の大臣に「アジア人にはあなたの沈黙が分かる」って言われておもむろに服を脱いで泳ぎ出す(寒そう)
・男子トイレに隠れてて見付けられたおじいさん
・ロシェ氏の葬儀の演説中に手品のように忽然と消えるサルス修道士

ギリシャの格言を引用しておきながら「経済破綻した国ですよ」って痛烈だなぁ…

あの数式でリーマンショックが予期できるんだ!?
きっとパラメータの選び方がポイントなのだろうね
ohoh

ohohの感想・評価

3.0
期待値高めだったので 正直 微妙?でした。悪くは無いです!
ただ よくわかりませんでした。結局 殺したのは誰だ… 修道士が世界経済に影響を与えるくらい重要な数式を知っていてG8メンバーが焦る。的な話だったような…
告解の内容も最後まで明らかにされなかったような…笑

見た後 ネタバレサイトも見ましたが 謎は解決できませんでした
scarface

scarfaceの感想・評価

3.3
これはなかなか掴みづらい。。セルヴィッロの芝居は楽しめるし、余韻もあるが。
あきら

あきらの感想・評価

3.5
これは難解……
というか相当変な映画な気がする。

舞台がG8経済相会議とかいう中、肩書き付きの曲者がヤイヤイやってて、しかも人が死んで。
あるべき混乱の中で修道士だけが異分子。しかも沈黙してるとか。
なんとも言えない座りの悪さが続くんだろ?と思ってたらいきなりぽかーんとえ?ラスト?みたいな。

サスペンスでもなくヒューマンでもなく、社会派?とも違う。とにかく変な後味の映画だった。
とりあえずわんこでまとまった……のか?
寂々兵

寂々兵の感想・評価

3.6
シリアスなツラして相当変な映画。G8財務相会議でエコノミストが死亡するが、秘密を握っている修道士は戒律のため何も話さない。ということでミステリだが、俺は他の連中たちとは違うぜ修道士さん、みたいな顔してやってきてはのらりくらり躱されていく役人たちが滑稽なコメディでもある。『グランド・フィナーレ』的なホテルからの景観やプールなんかの本筋にあまり関係なシーンがいちいち美しい。事件の真相よりも修道士自身のことが気になって仕方ないコニー・ニールセンがとても魅力的。面白かった。
ドロドロの欲望まみれの中に、ポツンと落とされた修道士の波紋が心地いい。ミステリアスな修道士の過去を知りたくなる女心がよくわかる♪飼主を裏切るワンちゃんの頭を撫でたくなる(o^^o)
もっと宗教色な強い作品かと思ったら、ミステリって感じ。赦してもらえると思ったら大間違いだぜ!はっはっはー(^^)とか思って楽しくなってしまった。静かに静かに。。。
>|