修道士は沈黙するの作品情報・感想・評価

修道士は沈黙する2016年製作の映画)

Le confessioni

上映日:2018年03月17日

製作国:

上映時間:108分

3.5

あらすじ

ドイツ、ハイリゲンダムの空港に、イタリア人修道士、ロベルト・サルスが降り立つ。彼は迎えの車に乗り、ある国際的な会合が開かれる場に向かう 。バルト海に面したリゾート地の高級ホテルで開かれる予定のG8の財務相会議。そこでは世界市場に多大な影響を与える再編成の決定がくだされようとしている。それは貧富の差を残酷なまでに拡大し、特に発展途上国の経済に大きな打撃を与えかねないものだ。 会議の前夜、天…

ドイツ、ハイリゲンダムの空港に、イタリア人修道士、ロベルト・サルスが降り立つ。彼は迎えの車に乗り、ある国際的な会合が開かれる場に向かう 。バルト海に面したリゾート地の高級ホテルで開かれる予定のG8の財務相会議。そこでは世界市場に多大な影響を与える再編成の決定がくだされようとしている。それは貧富の差を残酷なまでに拡大し、特に発展途上国の経済に大きな打撃を与えかねないものだ。 会議の前夜、天才的なエコノミストとして知られる国際通貨基金(IMF)のダニエル・ロシェ専務理事は、8カ国の財務大臣と、ロックスター、絵本作家、修道士の異色な3人のゲストを招待して自身の誕生日を祝う夕食会を催す。会食後、サルスはロシェから告解がしたいと告げられる。翌朝、ビニール袋をかぶったロシェの死体が発見される。 自殺か、他殺か? 殺人の容疑者として真っ先に浮上したサルスは、戒律に従って沈黙を続ける。間近に迫るマスコミ向けの記者会見。ロシェの告解の内容をめぐり、権力者たちのパワーゲームに巻き込まれたサルスは自らの思いを語り始める。果たして謎の死の真相は? そしてロシェがサルスに託したものとは 。

「修道士は沈黙する」に投稿された感想・評価

ardant

ardantの感想・評価

3.0
作品の最初、海に面した会場に向かう修道士を乗せた車を、横からと上空から映すシーンを観ると、映画だなあと思ってしまう。それを含め、全編にわたって、落ち着きと重厚さを感じる作品だ。

金融システムのグローバル化において、貧しき者をより貧しき者にしてしまうことになる決定を発表しようとする主要国の財務担当者達。それを阻止することになる修道士。

しかし、いかんせん、テンポがのろく、眠気を催す。
そして、私には疑問に思う。あの数式が、各国の金融の悪の部分を暴きだすという設定が、あまりにも絵空事すぎるからだ。

私にとって好きなシリアスな題材の作品だけに、もう少し、どうにか出来なかったのかと思ってしまう。
ある事件が人里離れたところで起きて、その重要参考人となった修道士。
しかしその核心には個人の告解が含まれており、神に仕える修道士は板ばさみとなり…

ダニエル・オートイユ、モーリッツ・ブライプトロイ、ランベール・ウィルソン、コニー・ニールセン、ピエルフランチェスコ・ファビーノ、と錚々たる配役だったので大喜びで観に行って、ミステリ好きのロケーション(人里離れた保養地)死人に口なし、いやこれは面白い。

しかも時間も程よく、人の心のいやらしさ、所詮金と欲まみれの中の、修道士という対比も素晴らしくて。

それより何より鮮やかすぎる修道士、うーん小気味いいとはこういうものを言うんですよね。
ひわも

ひわもの感想・評価

4.0
予告を見ずに見たのでお話は修道士のほんわか話かと思ってたらミステリぽい感じになったので驚いた。

個人的には日本の偉い人が女性を使用人みたいに使って傘ささせてるシーンをイタリア映画で描かれてて、イタリアからすらこう描かれるなんて他国からもこう見えてんのねー。って思って痛快だった。
黒い笑いだけど
skm818

skm818の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

著名な経済学者?の主催で私的会合を装った財務相サミットが開かれることになり、カモフラージュに修道士や絵本作家も招かれている。修道士が到着した晩、主催者は彼に告解をきいてくれと頼むが、翌朝ビニール袋をかぶって死んでいる。真相やいかに?
…という話ではなくて、主催者が自殺なのはあまりみんな疑ってない(警察はいちおー修道士が怪しいのではないかと睨んではいるが)。知りたがるのは彼が死ぬ前に修道士に何を話したのかということで、それを知るために入れ替わり立ち替わり彼を訪ねては話をするんだけど、捗々しい成果はなし。この辺えらく眠くて内容わかんないんだけど。
その合間に主催者との会話の一部がさし挟まれて、どういう話だったのかほのめかすような展開。
そのうち修道士を拘束しようという話になってきて、とうとう彼は内密な会議の席で主催者との話について語ることになる。
なんかよくわからんけど、あの遠隔参加の高圧的なおばさん、なんなん?
最終的には、彼らは当初考えていた、世界経済を掌握して好きなように操作できる計画を断念するんだよな。修道士と話したことで気持ちが変わった人が数名いるっぽい。
そしてなぜかワンコが修道士について行ってしまう。途中ワンコを懐かせてる場面あったっけか? 最後笑えるんですけど。
あと一応日本の財務担当大臣も参加してるんだけど、いないも同然の扱いだった。日本人舐められてんなあ笑。
重厚な会話劇だったけど、仕事帰りで眠気が…

ワンちゃんが可愛かった
まり

まりの感想・評価

3.4
バックで流れている暗い音楽がよかった。

一見複雑なようでいて、最後まで観るととてもシンプルで、寓話的な映画だったとおもう。わかりやすいという意味ではそれはよいが、サスペンスというか推理をするものだと思っていたので観たあとは肩透かしを食らった気がして、ストーリーについてどこまで考えていいのかがわからなくなったりした。

でもこの監督の伝えたかったと思うことにはすごく同意する。本当に正しいこととは。

このレビューはネタバレを含みます

予告編からしてスっごく面白そうだったので期待しながら劇場へ。
始まってけっこうな時間が経過した気がするんですが事件解決のヒント無し?あの密室で何があったのか?告解は何だったのか?じらしにじらされもしかして聴き逃してしまったのか?と自分も疑い始めた後半も後半で答えが。なるほどね、あの公式は沈黙と共に提示しないと意味が無い、だから修道士に託したのかと納得。沈黙も時には武器になるんですね。
ちなみに自分が好きだったシーンはシェパードが会議のテーブルをグルグル回って結局はいつものご主人様でなく修道士の前でお座りした事。あの場で誰が力を鍵を握っているのか分かってらっしゃる。最後も修道士の後を着いて行く姿が可愛かったです。
答えが分かった上でもう一回観たら色んな伏線とかも見えそうなので機会が有ればもう一度観てみたいなと思いました。
marika

marikaの感想・評価

-
人々は権力者の考えに安易に同調し過ぎている、人を幸せにする為の経済が金儲けの為のマネーゲームになっている、本来の目的を忘れたエコノミストは偽者である、ただのバカヤローである、みたいな痛烈な皮肉と権力批判をバシバシ感じた。
mikan

mikanの感想・評価

3.8
彼の死に動く人間たちを見ていると、ケインズの林檎の例えは、この映画を包括しているように思える。経済学はモラル・サイエンス。
liftman

liftmanの感想・評価

3.8
経済、キリスト教、数学、政治と全く自分とはかけ離れた世界。
興味深く鑑賞しました。

世界のトップが集まる会議ということで、ロケーションからインテリア、カメラワーク全てが心地よく上質。
ストーリーは単なる修道士探偵の謎解きとはならずに、昨今我々を取り巻いている経済情勢なんかについても考えさせられるものでした。

各国首脳のキャラがイタリア人から見たそれぞれのお国柄と言うべきか、あるいは今の世界経済においてのそれぞれの国の役割と言うべきか、発言が昨今の情勢とリンクするところもありなかなか面白い。
アメリカの小物ぶりだったり、日本は意外にもいいようにみてくれてたり、イタリアはそりゃまあ正義だったり、それだけでも楽しめます。

修道士の俳優さんが素晴らしく、黙ってても絶妙なニュアンスのお芝居でこんなの他の人にできないんじゃないかと思います。
ちょっと変えれば上質のコメディにもなりそうだし、何を演じても面白い役になりそうと思いを馳せながらの鑑賞でした。
>|