修道士は沈黙するの作品情報・感想・評価

修道士は沈黙する2016年製作の映画)

Le confessioni

上映日:2018年03月17日

製作国:

上映時間:108分

3.5

あらすじ

ドイツ、ハイリゲンダムの空港に、イタリア人修道士、ロベルト・サルスが降り立つ。彼は迎えの車に乗り、ある国際的な会合が開かれる場に向かう 。バルト海に面したリゾート地の高級ホテルで開かれる予定のG8の財務相会議。そこでは世界市場に多大な影響を与える再編成の決定がくだされようとしている。それは貧富の差を残酷なまでに拡大し、特に発展途上国の経済に大きな打撃を与えかねないものだ。 会議の前夜、天…

ドイツ、ハイリゲンダムの空港に、イタリア人修道士、ロベルト・サルスが降り立つ。彼は迎えの車に乗り、ある国際的な会合が開かれる場に向かう 。バルト海に面したリゾート地の高級ホテルで開かれる予定のG8の財務相会議。そこでは世界市場に多大な影響を与える再編成の決定がくだされようとしている。それは貧富の差を残酷なまでに拡大し、特に発展途上国の経済に大きな打撃を与えかねないものだ。 会議の前夜、天才的なエコノミストとして知られる国際通貨基金(IMF)のダニエル・ロシェ専務理事は、8カ国の財務大臣と、ロックスター、絵本作家、修道士の異色な3人のゲストを招待して自身の誕生日を祝う夕食会を催す。会食後、サルスはロシェから告解がしたいと告げられる。翌朝、ビニール袋をかぶったロシェの死体が発見される。 自殺か、他殺か? 殺人の容疑者として真っ先に浮上したサルスは、戒律に従って沈黙を続ける。間近に迫るマスコミ向けの記者会見。ロシェの告解の内容をめぐり、権力者たちのパワーゲームに巻き込まれたサルスは自らの思いを語り始める。果たして謎の死の真相は? そしてロシェがサルスに託したものとは 。

「修道士は沈黙する」に投稿された感想・評価

emily

emilyの感想・評価

4.0
ドイツのリゾート地でG8財務相会議が開かれる前夜、国際通貨基金の専務理事ロシェは、各国の財務相およびロックスター、絵本作家、修道士を自身の誕生日会に招待する。イタリア人修道士サルスは、食事後ロシェに呼ばれ告解を受けるが、翌日遺体として発見される。その告解について警察の事情調査がはじまるが、サルスは沈黙を守り。。

不思議な銅像、双子、意味深なカットが続き、不穏な空気を漂わせる。鏡やプールの水面、奥行きを使ってミステリアスに、常に何かを感じさせる。じわりじわりと歩み寄り、シリアスな中に皮肉満載で時にその皮肉が笑いを呼ぶ。

小出しに交差させていく過去の描写が今を引っ張り深みを与え、ミステリアスがミステリアスを呼び、思い込みを操るように、想像以上に計算され尽くしている感じがする。

時にあざわらい、皮肉満載で、人間の真意にズケズケと入ってきて笑われているような気分になる。まるで観客を弄び、あざわらい、冷たく捨てられた気分だ。
minorufuku

minorufukuの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

世界経済の今後を左右するG8の財務相会議がドイツで開かれる。その中心人物であるIMFの専務理事の意向で、ゲストとしてロックミュージシャン、絵本作家、そして修道士の3名が招かれる。会議の前夜、専務理事は修道士を自室に呼んで告解(罪の告白)を行う。その翌朝専務理事は死体で発見される。死の原因や会議の決議に関わる内容が告解に含まれていたものと予測され、修道士の事情聴取が行われる。しかし彼は戒律を理由に沈黙を貫くのだが…という話。イタリア映画。

経済界の政治ドラマに宗教観や哲学的な要素を絡めた、一風変わったサスペンス作品。
とにかく登場人物の対話のほとんどが専門用語か、抽象的な哲学問答か、シニカルなジョークばなりなので、最初は話の流れを追うのが大変。だが、話の仕組み自体はシンプルで、一部の先進国の一部の人間たちが世界を牛耳り、他の国家の命運を握っているかのように考えてる輩を痛烈に皮肉った内容となっている。財務相会議での決議案については作中でそれほど具体的には語られていないが、要は経済的に上位にいる強国が生き残り、弱い立場の国々が淘汰されるような決議と思われる。その会議の前夜に専務理事が、財務相たちの後ろ暗い部分や決議そのものをひっくり返すような事実を修道士に告白したらしく、各国の要人たちが慌てふためく様子が滑稽に映る。そして主人公の修道士も清廉潔白な聖人というわけではなく、無表情で何を考えてるか分からない人物なのも面白い。映像的には奇妙な角度のアングルや色んなものの隙間からの撮影が独特だった。
通常の時間軸に、告解の回想シーンを小出しに挿入する構成が上手かった。最後に修道士が開示する秘密によって迎える結末が意外性もあって驚かされた。修道士が元◯◯なのは少しご都合主義と思ったけれど。あと、専務理事の葬儀のあとの展開はかなりファンタジーで、そのことでこのお話自体が寓話めいた意味合いの作品なのかもと感じた。

この会議、現実なら日本から麻生さんが参加してるんだよなあ…
感想川柳「罪悪感 これほど重い 鎖はない」

レンタル店でパッケージ借りでした。。φ(..)

バルト海に面したドイツのリゾート地ハイリゲンダムでG8財務相会議が開かれる前夜。国際通貨基金の専務理事ロシェは、各国の財務相およびロックスター、絵本作家、修道士という3人の異色ゲストを招いて自身の誕生日祝いを開催する。会食後、イタリア人修道士サルスはロシェから告解を受けるが、その翌朝、ビニール袋を被ったロシェの死体が発見される。警察の極秘捜査が進められる中、戒律に従ってロシェの告解内容について沈黙を続けるサルスは、各国財務相の政治的駆け引きに翻弄されていく…というお話。

政治的な問題と宗教的な問題が絡んでるので、取っつきにくいかと思いきや、それなりに楽しめました。(^ー^)

ダニエル・オートゥイユが出てますが、早々に死んでしまいます。f(^_^;でも『ローマに消えた男』のトニ・セルヴィッロがいい味出してます。(*´ω`*)

ロシェとサルスの会話は興味深いですね。( ゜ρ゜ )

『民主主義は絵空事だ』というセリフがありましたが、
少数の富者と大多数の貧者の世の中を見てると、確かにそうだなと思う。(._.)大多数の貧者が汗水働いたお金を富者がすくい取り、蓄える構造にしてしまった。

そんな現状をビジネスマンであり手品師でもある政治家と、人間性が入る余地のないIMFの理事が、貧者に気付かれないようのらりくらりと誤魔化し続ける。(-""-;)


でもその富者も精神的プレッシャーが凄そうですね。(-。-;)いくら心を無くしてタクトを振ろうとも、どこかで反動が来るわけで。( ̄▽ ̄;)


ラストは『ウホッ』( ̄0 ̄;と思いました。老獪とはこのことか。


それにしても日本の閣僚だけ血も出てない死体を見て、倒れるとかそんなヤワなイメージですか?(-。-;)


気になるセリフ
『自分に死をもたらしても他者を救うための行為なら自殺ではない』『時は存在しません 魂の変数にすぎない』『悪が加味されない善行は称賛されない』『私の経験では改善を試みるほど世の中は後退します』『創造的破壊こそ資本主義の特徴と言えます』


んでまず(^_^)/~~
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.5
エコノミクスとロビー活動と敬虔な信仰
小難しい綻びを さっぱりちゃっかり 素直な表現で紐解いてくれるっていう 自分のような無知なタイプには もしかすっと 大変親切な映画なのかもしれない
なんか昔 ”つるかめ算“を教えてくれる ドラえもんの漫画を思い出した

神父のオッサンのすっとぼけた表情が まぁ小気味良いんだけど もし自分が刑事だったら撃ってるね
こんな風に議事進行があっさりすりゃ苦労はないんだろうけど きっと現実でもスーツのお偉方はそんな化かし合いをしてんだろうね
ホテルの廊下を裸の女が歩き回ってね…
来夢

来夢の感想・評価

3.3
『修道士は沈黙する』国際通貨基金の専務理事であるロジェはG8財務相会議の前日に、各国の財務大臣と修道士、ミュージシャン、絵本作家という3人を招待して、自身の誕生日会を開催する。その晩ロジェは修道士を呼び出し告解をする。明朝、ロジェは頭に袋をかぶった状態で自室で死んでいるのが発見された。
主人公である修道士は、真っ先に容疑者として疑われるのだが、みんなが知りたいのは真犯人ではなく、ロジェが修道士だけに語った世界の経済バランスを崩しかねない告解の内容だった。
サスペンス風なストーリーと政治的な泥沼感と宗教観、哲学と結構複雑で難解さも持った映画なので、小難しい映画や抽象的な映画が好きな俺でも油断すると置いて行かれそうになった。というと色々な知識がないと観られないんじゃないかと思われるかもしれないけれど、実はそんな風に難しく必死に考えること自体を小馬鹿にしたような側面もあり、途中ついていけなくなっても最後までみたら何だか腑に落ちてしまうという。初めはサスペンス。終わってみたら修道士を中心に周囲は空回りし続けるドタバタコメディーにも見えてきて、一風変わった映画でした。
ミステリーっぽい。

正直、難しくないけどよくわからなかった。眠くもならなかったけど。

女性陣がなかなか。

『グレイテスト・ショーマン』の後に観た。

48本目 招待券
jocx

jocxの感想・評価

3.5
トニ・ゼルヴィッロが神父様にピッタリで、風景と溶け込んでいた。内容はヒッチコックを彷彿させるが、監督自身が意識したという。告解の秘密を守るという使命、人は何が1番必要なのか。経済界を牛耳る1人の男の死、自殺か他殺か?常に静かに進む、まるで神父様の生き方のように。そして癖のある政治家達。それに対峙していく神父様。最後はあっけなかったが、小さな映画館によく合う映画だ。自前に予習していった方が、淡々と進む映画に対応できる。
ardant

ardantの感想・評価

3.0
作品の最初、海に面した会場に向かう修道士を乗せた車を、横からと上空から映すシーンを観ると、映画だなあと思ってしまう。それを含め、全編にわたって、落ち着きと重厚さを感じる作品だ。

金融システムのグローバル化において、貧しき者をより貧しき者にしてしまうことになる決定を発表しようとする主要国の財務担当者達。それを阻止することになる修道士。

しかし、いかんせん、テンポがのろく、眠気を催す。
そして、私には疑問に思う。あの数式が、各国の金融の悪の部分を暴きだすという設定が、あまりにも絵空事すぎるからだ。

私にとって好きなシリアスな題材の作品だけに、もう少し、どうにか出来なかったのかと思ってしまう。
ある事件が人里離れたところで起きて、その重要参考人となった修道士。
しかしその核心には個人の告解が含まれており、神に仕える修道士は板ばさみとなり…

ダニエル・オートイユ、モーリッツ・ブライプトロイ、ランベール・ウィルソン、コニー・ニールセン、ピエルフランチェスコ・ファビーノ、と錚々たる配役だったので大喜びで観に行って、ミステリ好きのロケーション(人里離れた保養地)死人に口なし、いやこれは面白い。

しかも時間も程よく、人の心のいやらしさ、所詮金と欲まみれの中の、修道士という対比も素晴らしくて。

それより何より鮮やかすぎる修道士、うーん小気味いいとはこういうものを言うんですよね。
ひわも

ひわもの感想・評価

4.0
予告を見ずに見たのでお話は修道士のほんわか話かと思ってたらミステリぽい感じになったので驚いた。

個人的には日本の偉い人が女性を使用人みたいに使って傘ささせてるシーンをイタリア映画で描かれてて、イタリアからすらこう描かれるなんて他国からもこう見えてんのねー。って思って痛快だった。
黒い笑いだけど
>|