いち麦

ロキシーのいち麦のレビュー・感想・評価

ロキシー(2016年製作の映画)
4.0
感傷的な出会いだが、因縁の深さに傷つけ合いながらも惹かれていく二人。中盤のバイオレンスを孕む展開やロキシーの大きな変容より寧ろエミール・ハーシュ演じるヴィンセントの危ういキャラや兄弟の背景に引かれた。劇伴も好み。