いち麦さんの映画レビュー・感想・評価

いち麦

いち麦

レイティングは5段階でざっくりと。作品の評価というよりはどれくらい気に入ったかで付けています。2017年全鑑賞作品のレイティング平均=4.1
(Since 2015/10/16)

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

4.0

仕事一筋だった女性が恋人の実像を求めていく一寸したミステリーの味わいにラブ・ストーリーの薫り添え。アイテムの重み付けや景観の美しさが沁みた。最後、川原と探偵それぞれの2シーケンスが諄く余韻を搔き消し>>続きを読む

操作された都市(2017年製作の映画)

5.0

オンライン・ゲーマーのヒーローが仲間の協力を得ながら現実の世界で自らに掛けられた冤罪を晴らしていく爽快な韓国エンタメ作。陰湿な犯罪構造を豪快なアクションで伸す。仮想と現実でキャラのギャップに高揚。巨>>続きを読む

ガーディアンズ(2017年製作の映画)

2.0

“ロシア版X–MEN”とのフックが掛けられたSFアクション。続編も作られシリーズ化の勢い…その起章だからか対決構造が弱く力が入らぬ。シュワルツェネッガーを彷彿させる折角のマスク、アルススのキャラ造り>>続きを読む

ベロニカとの記憶(2015年製作の映画)

5.0

歴史が勝者の記憶で綴られれば史実は見えなくなる。人間の記憶も曖昧なもので生き残った者が都合よく物語を塗り替えることも。動かぬ物的証拠で一変する真実と、さらにそれを越える真相に胸が抉られる思いだ。ほぼ>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

5.0

何度も瀕死の事故に遭う少年ルイが、真相究明に当たった医師たちを導き導かれていく過程…ミステリーなのにファンタジーの様な演出で惹きつける。人間の奇異な行動や複雑な感情のテーマに胸を掻き毟られる思い。秀>>続きを読む

黒い箱のアリス(2017年製作の映画)

4.0

先ずは無機的/有機的なデザインの組み合わさった山荘ビジュアルが惹く。施された精緻な相違。章立てで区切り、微妙にずらし同じ描写を避ける事で緊張感を高めているのも好感。頭を回転させじっくり見入る類の作品>>続きを読む

スキン・コレクター(2017年製作の映画)

3.0

レベッカ・フォーサイスの怪しい美しさ。皮膚病の白塗り等、映像美には相当の拘りが感じられた。だが期待したスリラーとしての怖さが殆どなかったのが一番残念。治療法に纏わる設定に説得力なく百合要素も浅すぎ。

ミッシング・チャイルド~呪いの十字架~(2017年製作の映画)

3.0

Opの思わせぶりな演出と裏腹に怖がらせるホラーではなく地味。寧ろ時系列を往来させオーソドックスな展開で心霊現象の背景を追うミステリー。やや単調気味。アイスランドの荒涼とした景観は良い。

ファースト・キル(2017年製作の映画)

5.0

子供に狩猟を体験させようと家族を故郷へ連れていった男と家族が遭遇する捻れた衝撃的事件。少年ダニーを成長させたものが熱い。癖あるマスクでキャラの魅力を存分に演じたレビー役ゲシン・アンソニーが見事。良作>>続きを読む

OSIRIS オシリス(2016年製作の映画)

3.0

どう見ても地球にしか見えない景観やアイテムの少なさ、描写の粗雑さにB級感フルなSF。ただ、設定と物語、オチ…どことなく既視感はあるものの、それなりに組み立てられていた。元囚人サイ達が活躍するパートは>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

4.0

荒唐無稽な気象制御衛星の暴走が撒く地上の地獄絵は迫力充分…存分に見応えあったが、裏側が露呈した処から萎む。このハイテク故の人智を超えたもう一波乱が欲しい。兄弟二人の復縁を描くドラマも少々むさ苦しかっ>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

5.0

博愛のクマが周囲を変えながら、おばさんへの恩返しプレゼント獲得に奔走する物語は、前作以上に笑いと温もりに溢れていた。H.グラントの悪役ぶりは表情豊かで愛嬌もあり魅力絶大…クレジットの脇で最後まで大サ>>続きを読む

監獄の首領(2016年製作の映画)

4.0

刑務所内の受刑者は勿論、看守らや所長までも手玉に取ったドンの冷酷さが前半を牽引。飛び込んだ元刑事ユゴンと周囲の微妙なバランス変化と迎える最後の極限に息を呑む。塀外犯罪手口の巧妙さは薄いもののドラマが>>続きを読む

目撃者 闇の中の瞳(2017年製作の映画)

4.0

交通事故の加害者、被害者、そして目撃者の其々に隠された真実が互いに交錯し合う。9年間の時間と繋がった空間での因縁とも。一枚、一枚と剥がれる様に真相を露わにさせるプロセスがやや雑で後出し的なのが惜しい>>続きを読む

戦狼 ウルフ・オブ・ウォー(2017年製作の映画)

4.0

なぜ他国の内紛に単身でここまで身を投じるのか…愛する女性の命奪った弾丸を追い仇を討つという動機さえ霞んでしまうほどの、ド派手でスケール大な戦闘場面の連続。ただ、中国映画らしい突っ込み処も満載。

早春(1970年製作の映画)

4.0

愛多い女性に対する、思春期青年の不器用な思いが膨らみエスカレートしていき迎える終着。数々の逸話はコミカルであったり刺激的であったり。ズルい程の美少年なので周囲の反応も面白い。ハッとさせる魅力的な映像>>続きを読む

ニューヨーク、愛を探して(2016年製作の映画)

5.0

やや拗れた母と娘の、様々な形態の絆をテーマにした群像劇。一度は途切れそうになった関係を再び結びつけていくEpはどれも胸に沁みる。特に正直に感情を吐露する女性写真家リグビーが響いた。心温まる良作。

アンデッド刑事(デカ) 野獣捜査線(2016年製作の映画)

3.0

不死身だが何度も蘇生を施されるダウン。アクション主体と思いきや付いた新米刑事が彼の出自を掘り下げていくドラマも。ただ緩慢なテンポで二人に感情移入できず終い。 キャッチーな主題歌は愉快。

ザ・ヴォイド(2016年製作の映画)

2.0

スリラーのラインとホラーのラインが交錯しどう繋がっていくのか最初は吸引力大だったが、結局ゲテ系ホラーが丸呑みしていく展開に幻滅。肝心のショッキング・シーンに威力がないのと細部が放りっぱなしなのも頂け>>続きを読む

キリング・グラウンド(2016年製作の映画)

5.0

超胸糞悪系スリラーの逸品。プロットも良いし、時間軸の振り方も丁寧な映像演出として効果的。待ってた伏線回収が一点出ず終いだったがまぁ程よい残虐さに。最後のシーケンスに嫌らしさが効いていたのも面白い。

アンダードッグ 二人の男(2016年製作の映画)

5.0

仲違いした青年ギャングたちと悪徳オヤジら、三つ巴の抗争へ。後半は段々ジニルにフォーカスしていくのだが、遣ってた悪事と演技巧みなマ・ドンソクのキャラの肉付けもあり、ヒョンソクの方に感情移入するね。

カンフー・トラベラー 南拳(2017年製作の映画)

4.0

技の域を越えた中国拳法最後の仕上げや、機械人間ジエに同伴していく女性士官の切ないドラマなど、熱くさせる要素が如何にも大陸モノらしい。SFパートの未来世界はサブ的でありゲーム映像の様で惜しい。

ゲット・アライブ(2017年製作の映画)

4.0

詐欺師青年の愛嬌と命狙う追手組織の抜け具合がコメディ味の、ドタバタ逃避劇。ややテンポが緩慢だが、レオの背景や派手なアクションも織り込まれ、チープ感はない。何気に仏語話すドン役でG.ドパルデューが締め>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

5.0

視覚障がいを隠しながら一つ一つ修行をこなして行くサリーを、まるで綱渡りを見る様にハラハラしながら応援。友人マックスの支援にも心洗われる。役者が揃って惹きつけるマスクなのも魅力。

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

4.0

青年ディアロの穏やかさに対し、実は受け入れた側に幾つもの家族の病巣が見えてくる皮肉。現代社会の抱える問題を難民の素朴な視点から逆に捉えた物語は巧みだがコメディへの押し込みはやや強引な演出に感じた。

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年製作の映画)

5.0

宝探しに奮闘しちゃう海軍特殊部隊は新鮮。小気味好くスリルとロマンス、笑いまで撒くL.ベッソンらしい愉快なエンタメ作品。J.K.シモンズの悪態上官が嵌る。ユエン・ブレムナー共々笑わす。

リベンジャー 処刑人(2016年製作の映画)

2.0

元刑事が犯罪者を処刑する様になった動機の説明方法が雑。麻薬王とその取り巻きに凄みがなく組織間抗争の様で、折角の長丁場アクションに正義漢の高揚は感じられぬ。そもそもキャストに魅力がないのが一番辛い。

Z Inc. ゼット・インク(2017年製作の映画)

3.0

会社内で鬱積した怒り爆発の爽快感。剽軽な演出やテンポの良さもポイント。一方で、やや強引な展開と繋ぎの粗さもあって完全には乗り切れぬもどかしさも。感染者多数という状況を活かし切れてない画も勿体ない。

シークレット・デイ(2014年製作の映画)

5.0

母と娘とその友人。誰が本当の悪者で誰が被害者なのか。一番醜い心をもった者は誰なのか。実は本人すら気付いていないかも知れぬ屈折した対人感情を掘り下げた、実に深みのあるドラマだった。D.ファニングもE.>>続きを読む

ホステージX(2017年製作の映画)

3.0

人質となった男と監視する者達や外部機関とのやり取りは、緊迫感よりユーモラスで安穏すら感じる。人質の男が記憶を失っている事からも予想される相応のオチ。ステファニー・ヨーステンのパートが描写甘く不満が残>>続きを読む

アンダー・ザ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

タイムスリップものに想定される通りの展開。分離する設定が面白いし過去の自然環境を愛おしむ姿は沁みた。鬱屈したトーンなのも良い味わい。ただ過去へ飛んだ大尉の描写が薄く一々行動に説得力なく惜しい。

68キル(2017年製作の映画)

4.0

気弱なチップが次々と女達に大胆に翻弄されつつも変容していくリレー展開は、ロードムービーの様で飽きさせず愉快。下品で性悪なライザでさえ自ら進んで縁を切らない等、女性達に憎めぬ愛嬌を一寸だけ絡めている点>>続きを読む

ジャッカルズ(2017年製作の映画)

4.0

家族の一人として信じたい情と、決して油断ならないサイコパス集団の一員だという警戒心…その狭間に揺れる姿、完全に一線越えた息子の血走った形相が見応え充分。ただ人物背景は薄い。戦略に甘い処があるのもご愛>>続きを読む

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

3.0

意表突く筋立てと設定だとは思ったが説得力に欠ける描写。M.ロドリゲスもS.ウィーヴァーも良く語る割には心の襞が追い辛い。彼女の男装は一寸した見物なんだが、あの声も目元も特徴的なので直ぐに実像がダブっ>>続きを読む

ブリムストーン(2016年製作の映画)

5.0

ミステリアスな人間関係、壮絶な因縁をスリラー張りの演出も絡め次第に紐解いていく見事な4章構成…やや長尺なのに最後まで全くダレぬ吸引力。容赦ない凄惨な描写と繊細な情景映像に息を呑む。正義を知らしめる者>>続きを読む

ジャコメッティ 最後の肖像(2017年製作の映画)

4.0

次第に炙り出される芸術家の自信と迷い、だらし無さ等が人間味として愛おしく見えてくるG.ラッシュの名演。A.ハマーの顔の端正さもストレートに堪能。モデルの側が画家を優しく包み込むユーモアある着地が温か>>続きを読む

>|