ALLORA

すばらしき映画音楽たちのALLORAのレビュー・感想・評価

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)
3.5
映画であってもドラマであっても、後世に残る作品は音楽も必ず良い。
1フレーズ聴いただけで、それが何の作品なのか必ずわかる。

この作品は映画音楽を作る人達にスポットを当てたドキュメンタリー映画。
観ていてつくづく思ったのは、この人達は作曲家というより音楽家なんだな、と。
色んな楽器を試してワクワクするとか、本当に音楽を楽しんでいるのがよくわかる。

そして、廃れかけてた映画音楽としてのオーケストラを見事に復活させ、長年この世界で活躍するジョン・ウィリアムズは本当に化物だな、と。
対極にいるようで実はジョン・ウィリアムズの王道路線を引き継いでいるハンス・ジマーってやっぱスゲーと感心してしまう。
この二人がこの業界の中核である事がこの作品の他者のインタビューでもよくわかった。