marika

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男のmarikaのレビュー・感想・評価

3.5
ファッションという言葉は虚しい、着る人間と共に成長できるタイムレスな服を作りたいというドリスの台詞におこがましくも共感。信頼できる長年のパートナーと愛犬と暮らす美しい邸宅や庭園、あの環境で服作り出来ることがただただ羨ましいと思った。もちろん「誰もが休みたがっている」この業界で裏付けするものがあってこそ成し得たものですが。
自分が服飾学生の頃は世界的ブランドのデザイナーって作る服とは裏腹になんでみんなシンプルな服装なんだろーって思ってたけど、最近はそりゃそうだよなと思う。