ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男の作品情報・感想・評価

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男2016年製作の映画)

Dries

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:93分

3.9

あらすじ

これまで、殺到する密着取材を断ってきた孤高のファッションデザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテン。カメラはパリのグラン・パレで開催された2015春夏レディース・コレクションの舞台裏から、オペラ座で発表した2016/17秋冬メンズ・コレクションの本番直後までの1年間に密着。半年間かけて準備した努力の結晶であるショーの舞台裏はもちろん、アトリエ、刺繍工房など創作活動の全貌を明らかにする。ドリスのユニーク…

これまで、殺到する密着取材を断ってきた孤高のファッションデザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテン。カメラはパリのグラン・パレで開催された2015春夏レディース・コレクションの舞台裏から、オペラ座で発表した2016/17秋冬メンズ・コレクションの本番直後までの1年間に密着。半年間かけて準備した努力の結晶であるショーの舞台裏はもちろん、アトリエ、刺繍工房など創作活動の全貌を明らかにする。ドリスのユニークな創作活動を支えるインスピレーションの源であるアントワープ郊外の邸宅にも初潜入。季節ごとに表情を変える花園や家庭菜園をドリス自らが案内し、採れたばかりの野菜を手際よく調理する貴重な映像も収められた。美しいものを愛し、スキャンダルとは無縁で、何事にも全力で取り組む完璧主義者の彼がのぞかせた意外な素顔とは。これまでの25年間の軌跡とこれからの25年間を予感させる夢のような93分が、今、始まる!

「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」に投稿された感想・評価

mame

mameの感想・評価

3.8
去年から待ちわびてたドリスのドキュメンタリー
創造主の生活には妥協しない美しさがあった、悪趣味一歩手前をスマートに、巧みなセンスに変えてしまう魔法
ファッションのドキュメンタリーは色々あるけど、存命しているデザイナーのドキュメンタリーは本当に刺激があって面白い(Dior前デザイナー、ラフシモンズのもよかった)
ファッションなんて消費する側の方が楽しい、って思っていたし思うけど、でもクリエイション側を見られるというのは貴重だとも思う
富裕層向け、と言うけれど一着一着に込められてる時間と浪漫は底なし、そうプライスレス
そら

そらの感想・評価

-
広いフロアに いっぱいファブリックを並べて選んていくシーン。

庭で摘んだ真紅のダリアを無造作にぶら下げて歩く後ろ姿。季節の花や野菜がいっぱいの庭。

プリントにプリント。変わった素材。
エマ

エマの感想・評価

4.0
特別ドリス・ヴァン・ノッテンのファンというわけではなかったけれど、とても良かった。(後半特に)

絵画みたいな庭と家。
家の中にも花が沢山で、そのインテリア色彩感覚も凄い。
パートナーのパトリックとの関係もめちゃくちゃ素敵だった。
(仕事と私生活を28年共にするって並大抵の事じゃないよね)

個人的にはファッション(という言葉は彼は嫌いらしいが)は、アートだけどビジネスでもあるっていうのが、絶妙な魅力を作り出してると思うんだけど、それもデザイナーによって姿勢が違うんだなって見えて面白かった。

良い映画です。
翔一

翔一の感想・評価

4.5
俺もあんな菜園欲しい
クリエーションに対するこだわり、情熱が伝わってくる
作り手ドリスを映す。
作り手ドリスを追う。

奇をてらいすぎない
新しさと、
品の良いセンスが、
ドリスの服。

そのイメージを壊さない
その暮らしぶり。
服への向き合い方。
そして彼の性格。

好きにならずにはいられない。

アイリス・アプフェルが語った言葉が
全てなんじゃないかなって思う。

彼みたいな人は、この世で最後。
IDEOFF

IDEOFFの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

わたしもfashionという言葉が嫌いです。fashionを超えたreal timeなもの、そして時代を象徴するものを垣間見ることができ、心が動かされる。創業者でなければできないこと、伝えられないことがある。洋服をデザイナーさんから直接買いたい理由がすこしだけわかった気がした。
Shigerun

Shigerunの感想・評価

3.2
京都シネマ

面白かった。
ただ、ドリスバンノッテンがどんな人でどんなデザイナーなのかってかんじ。
情熱大陸の上品でちゃんと撮った版って感じだった。

著名メゾンの裏側的な、服づくりにもっと特化した感じを期待してたので。
そういう見方では何年か前のディオールとラフシモンズの方が数段おもろかった。
Saya

Sayaの感想・評価

3.0
ドリスの私邸と庭がめちゃくちゃ美しい。料理シーンでちらっと見えたキッチンもシンクも、素敵すぎる。触発されて、家具の色に合わせた花を生けたくなった。201805
kedama

kedamaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ドキュメンタリーの質としては、『ディオールと私』の方が上な感じ。

温和で、チームとして洋服を作っていくドリスは魅力たっぷりだけど、映画としてこちらがわに迫ってくるものがない(洋服作りの情熱はビンビン)。

好きなデザイナーで、好きなブランドだから、裏側が見られたのはよかった。
marika

marikaの感想・評価

3.5
ファッションという言葉は虚しい、着る人間と共に成長できるタイムレスな服を作りたいという台詞におこがましくも共感。信頼できる長年のパートナーと愛犬と暮らす美しい邸宅や庭園、あの環境で服作り出来ることがただただ羨ましいと思った。もちろん「誰もが休みたがっている」この業界で裏付けするものがあってこそ成し得たものですが。
自分が服飾学生の頃は世界的ブランドのデザイナーって作る服とは裏腹にみんなシンプルな服装なのなんでだろーって思ってたけど、最近はそりゃそうだよなと思う。
>|