ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男の作品情報・感想・評価

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男2016年製作の映画)

Dries

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

これまで、殺到する密着取材を断ってきた孤高のファッションデザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテン。カメラはパリのグラン・パレで開催された2015春夏レディース・コレクションの舞台裏から、オペラ座で発表した2016/17秋冬メンズ・コレクションの本番直後までの1年間に密着。半年間かけて準備した努力の結晶であるショーの舞台裏はもちろん、アトリエ、刺繍工房など創作活動の全貌を明らかにする。ドリスのユニーク…

これまで、殺到する密着取材を断ってきた孤高のファッションデザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテン。カメラはパリのグラン・パレで開催された2015春夏レディース・コレクションの舞台裏から、オペラ座で発表した2016/17秋冬メンズ・コレクションの本番直後までの1年間に密着。半年間かけて準備した努力の結晶であるショーの舞台裏はもちろん、アトリエ、刺繍工房など創作活動の全貌を明らかにする。ドリスのユニークな創作活動を支えるインスピレーションの源であるアントワープ郊外の邸宅にも初潜入。季節ごとに表情を変える花園や家庭菜園をドリス自らが案内し、採れたばかりの野菜を手際よく調理する貴重な映像も収められた。美しいものを愛し、スキャンダルとは無縁で、何事にも全力で取り組む完璧主義者の彼がのぞかせた意外な素顔とは。これまでの25年間の軌跡とこれからの25年間を予感させる夢のような93分が、今、始まる!

「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」に投稿された感想・評価

SaeKozuka

SaeKozukaの感想・評価

4.5
今まで観たドキュメンタリーのなかで、ダントツの1位になりました。

広告も出さず、アクセサリーも出さず、ファッションという言葉ではチープな、タイムレスなお洋服たち、インドの手作業シーンが印象的。
目の前のことに素直で忠実な彼の人生を観れてよかった!
まえ悩んで結局買わなかったジャケット買えばよかったなあ。。。

ちょこちょこ出てくる犬が可愛すぎ。
犬とのお茶目シーン可愛すぎ。

あと、コリン・グリーンウッドの音楽がすごくマッチしていて最高。

美しかったです。
hu

huの感想・評価

3.9
新宿武蔵野館で鑑賞。

とにかくすべてが美しかった。NHKBSかな…?ってぐらいドキュメンタリー。

ドリスの「時間割」にとても共感した。自分が今、時間をとても浪費しているので、ドリスがすべての目の前のことに、素直で忠実でいる姿勢がとても美しいと思った。

彼のパートナーであるdogやパトリックとの関係性を、日常生活を通してシンプルにありのまま画面に描かれていく様子が、彼の人生や人間性をそのまま切り取っている。

SHOWのシーンは夢とエンターテインメント、そしてドリスの「服」を愛するパーソナリティに溢れていて、映画的演出いらずのそのままの姿に鳥肌が立った。


もう1度、お酒を飲みながら家でみたいと思う映画です。
saki

sakiの感想・評価

4.8
映画館で何度も鳥肌が立ったのはこれが初めてかも。
名古屋での上映は明日までという事で急いで観に行ってきたら、案の定満席。笑

あの美しい世界観を生み出す裏側が見えて、終始感動してた。
あれだけ心を込めて作ってもらえたら洋服たちも嬉しいだろうな。

パートナーとの関係も素敵だし、
たまに映るわんちゃんに癒されたり。

感無量です..
miyuki

miyukiの感想・評価

3.5
"服とは日用品なのか芸術なのか"という命題に焦点を当てるタイプのドキュメンタリーではなく、彼のファッションに対する向き合い方が淡々と描かれた作品。
仕事とプライベートの暮らしぶりの美しさが印象的。
個人的には、インドのファブリックの美しさに魅了されました。
構成は少し退屈するかなぁ、、
チェ

チェの感想・評価

4.0
人生で一番洋服のことを考えていた10代後半から20代前半の頃、バイト代や就職した先の給料のほとんどが飲み代←と洋服代に消えておりました。社会人になってからは手に入れた『魔法のカード』に苦しめられた日々が今じゃとても懐かしい(いや今もあんまかわってないっちゃない)。その頃の憧れのブランドと言えば、(あくまで憧れですのでね)ドリス・ヴァンノッテン、マルタン・マルジェラ、アレキサンダー・マックイン、ジョン・ガリアーノ、クリストフ・ルメールにマークジェイコブス、今じゃすっかり映画監督のトム・フォードグッチのバッグを持つコンサバ(死後)女子大生が木屋町中におりました…今でもすらすら言えるくらいには洋服のことを考えていた時期があったんですよ、今じゃヒートテックにスエット+スニーカの立派なクソババアですけどね、だからもうなんか胸いっぱいの90分。目に飛び込んでくるものがすべて美しく、ドリスヴァンノッテンの言葉がすべてが素晴らしいので久々映画館でメモ魔になりました。洋服やお花、インテリアが好きな方は是非!
Shodai

Shodaiの感想・評価

4.0
2015春夏のレディース・コレクションから、オペラ座での2016秋冬メンズ・コレクションまでの1年ちょっとに密着したドキュメンタリー・フィルム。巨大資本によるチームにも参加せず、広告も出さず、アクセサリーも出さず、流行も追わず、インディペンデントを貫いて創作を続ける背景が追える。最大の見所はアントワープ郊外の、150年以上前に建てられた自邸でのシーン。広大な庭で花や野菜を育てて、パートナーとそれらを摘んで料理をしたり、美術品に合わせて生けたり。なんだこの美しすぎる生活は…という。一方でショーに向けての苦悩は、他の多くのクリエイターが抱えるであろう悩みと同じようなものを抱えているのだな、ということが伺える。これは貴重な映画。オススメ。
Kelly

Kellyの感想・評価

3.3
服もだけれど、花ってこんなに綺麗だったのかと思った。
ドリスのインテリアに現れている“ファッション”のバランス感覚が見事だった。
このドキュメンタリーはおそらく、「その人の創ったもの」についてのものではなく、「その人そのもの」についてのものだったのだなと理解はしたのだけれど、そこがあまりはっきりと見えてこない印象があってややもやもやしてしまった。
HiNAKO

HiNAKOの感想・評価

3.2
ドリスの生み出す色彩、
自然美、誰もが美しいと感じる服。

とても古典的な視点を
今も良い意味で持ち続けている
ファッションデザイナー。

服や人間を形作るものを作る上で
「美しくあること」
について終始考えられた映画
空子

空子の感想・評価

3.9
孤高のファッションデザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテンの、コレクションの舞台裏や創作活動、プライベートに密着したドキュメンタリー

「お美しい……」

この言葉に尽きる

やはり、妥協せず貫徹する人や何事にも全力を尽くす人には、周りがついてくるんだよ

かっこいい
Miki

Mikiの感想・評価

3.9
タイムレスな服を目指してるから、自分が作ってるのはファッションじゃないと言い切る彼が本当に好き。

よし、ドリスの服は絶対おばあちゃんになっても着るんだから。
>|