マシュウ

未来のミライのマシュウのレビュー・感想・評価

未来のミライ(2018年製作の映画)
1.0
両親が子育てに奮闘するなか、4歳の男の子くんちゃんは過去・未来を行ったり来たりして成長していく話。

タイトルやポスターから連想したのは、妹である未来がタイムスリップでやってきて主人公くんちゃんと物語を導いていくというものだったが全く違っていたので終始視点が定まらない。また上白石萌歌さんという声優の声が兎に角受け入れがたく、4歳児の声にも似つかわしくない。自分の耳があまりに拒否していたため物語に意識が向かなかった。

くんちゃんが未来に擽られて性的快感を覚えるような描写があったがかなり不快に映った。あれはフェティシズムとかそういう美しいものではなく細田守の性的倒錯だと思う、価値観の押し付けだ。

また細田守の家族観、性差に対する偏りが随所に見られた。例えば、表面だけ良い父親を演じる夫を描くことで女性を賛美しようとしているところが透けて見えたのが気持ち悪かった。これは個人的な気持ちなので他の人はどう感じたかわからないが。

僕らのウォーゲーム、おおかみこども、サマーウォーズ、バケモノの子とどれも素晴らしい作品だっただけに、今作には心底がっかりした。ただ名監督であることは揺るぎないので次の作品に期待したい。