まこ

人間の時間のまこのレビュー・感想・評価

人間の時間(2018年製作の映画)
-
ピエタが好きなら、と勧めていただいて鑑賞。ピエタを観たのは随分前だし、比べるのも違うけど、私にはこちらの方がずっと地獄だった。点数をつけるのが難しい。ひたすら不快で変な映画だなあと思いながら観ていて、それでも徐々に心を掴まれていったので、後半の展開は飽きなかった。まず、冒頭の日本人夫婦の会話内容や演技から、明らかに不自然でおかしい。夫の強すぎる正義感にも違和感。異なる言語で、意思疎通ができているのも謎。物語の全貌がなんとなくつかめてきてから、これらは寓話感を出すため、あえてだったのかなと思った。何より気になったのは、極限状態になる前、平常時から理性のかけらも無い狂人があまりにも多いこと。予想と違う。あとからギドク監督のインタビューは読んだけど、今も蟠っているまま。。それによって欲が暴走して全員が狂っていく様の印象がぼやけてしまうことはなく、物語が進むほど、本当に悍しい光景になってはいくのだけど、最初のチャプターではその醜悪さは控えめにした方が、後半の暴力描写がより際立ったのではないかなあ。とは言え、このパートがやはり一番面白くて、のめり込んだ。鑑賞後に気付いたのだけど、前半の見ていられないほどの不快さが、いつのまにか剥がれ落ちていたのも不思議。ずっと不快シーンは続いているのに。劇中では呼ばれないけど、主演2人の名前はイブとアダムだし、意外とそのまんまでわかりやすい内容。しかし序盤の、あのタイプの胸糞描写は、きっと一生耐性つかない。何を観るよりもきついかも。とにかく、倫理的限界線を超えていた。これを観たあとのごはん、肉が食べられなかった。