風来坊

ウォリアー・ゲート 時空を超えた騎士の風来坊のレビュー・感想・評価

2.5
ゲーム好きのオタク少年がひょんな事からゲームの世界に入ってしまい美しい姫を救うために奔走する姿を描いたファンタジーアクション。

孤高の映画監督リュック・ベッソンもとうとう中国の顔色を伺う時代になってしまったか…。設定はどこかで聞いたような設定で使い古されていて新しさはない。不思議な体験をして少年が強くなるのも既視感がある。しかし、世界観は壮大で面白さはあります。底が浅く雑な部分はどうしたって気になってしまう。いくら逃げるためでも缶拾いのおばさんを倒しちゃいかん❗それで主人公が好きになれなくなった…。

ストーリー展開の軽快さとチェイスシーンの感じは脚本だけでなく製作にも名を連ねたリュック・ベッソンの色が出てる印象。全体的な雰囲気は中国の武侠映画+ファンタジー。
ヒロインは中国の巨匠チャン・イーモウ監督の作品で注目されたニー・ニーさん透明感のある美人さんですが中国の女優さんにありがちな顔立ち。

バウティスタさんが悪役ですが彼の良さをあまり引き出せてないような…。ストーリー展開は分かりやすいし、際どいのはあるけどそれほどソードアクションなのに血生臭さはないので少中高生とかファミリー向けなのかな。おっさんが独りで観るのは少し気恥ずかしい…特に姫をとの交流シーン…アクションシーン流れるような感じでスピードがあって良い。スゴく面白いという訳ではないけど、気軽な感じで観れるので悪くはないです。