みもねる

リンドグレーンのみもねるのレビュー・感想・評価

リンドグレーン(2018年製作の映画)
4.0
不倫や私生児が許されない時代、外国まで行って産んで預けてくるって・・大変な時代だったんだなぁ・・・
産んだばかりで子どもを置いてくるなんて。考えられない。置いてきたとしても自分の身体が覚えている。辛かっただろう・・・・完全に感情移入。

でもわからなかったのが、子どもが2歳くらいになり、育ててくれたマリーをママと呼び当然なついている。だからといって引き取りを諦めるって!!!マリーは報酬をもらってやっているのだろうか。でも、子どもがなんと言っても、引き取れる状況になってんだから当然引き取るでしょう。本当の親なんだから。長い人生の、まだ最初の2年なんだから、これからいくらでも取り戻せる。結局マリーが病気になって引き取らざるを得なくなったけど。
子どもの気持ちを大切にしたってこと?一見優しいけどしょうもない旦那を捨て、必死で働いて子どもに会いに行く、仕事も有能で。素晴らしい女性だと思うけど、そこだけは納得いかなかった。

あと、西洋は小さい頃から子どもは別のベッドだけど、子どもが「そっち行っていい?」という前に、苦しがっている子どもを抱き寄せ温めて安心させてあげないのかなぁ。

とにかく、いい人に出会って、才能を開花させられと思いますと思います。

邦題の方がその後の流れがわか想像でき想像できて良いと思った。

それにしても、子役の寝顔、抜群にかわいい!!