みもねるさんの映画レビュー・感想・評価

みもねる

みもねる

フェアウェル(2019年製作の映画)

3.3

家族愛すごい。中国ってこんな感じなのかな。
結婚式が新郎新婦が主役じゃないみたい。お国柄だよね。どうして結婚式で五木の子守唄?しかも下手!
いくらアメリカ移住でも、家族全員中国人なら家庭内では中国語な
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.2

この手のやつはよくわかりません。
途中、歌っているところやライブハウスの描写など、長くて飽きてしまうところが何度かあった。
内容では、このフランクさ加減が信じられない。ボクも、さちこも、しずおも。仕事
>>続きを読む

パピチャ 未来へのランウェイ(2019年製作の映画)

3.9

これが1990年代の実際あった話なんて😱😱😱

日本はバブルが終わった頃ですか。ついこないだしゃないですか(そういう認識のお歳😝)

そんな頃にこんな状況の国があったなんて😱😱😱驚きしかありません。
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

3.9

臭ってきそうだった...
ホームレスの方はお風呂とか入ってないよね。うちの方はいないのでよくわかりませんが。満員電車に乗るって…想像しただけで、娘と顔を見合せながら「やめて〜!」

出来事が盛りだくさ
>>続きを読む

スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話(2019年製作の映画)

3.9

困ってる人がいて良い人の好意によってなんとか成り立っていたものを、政府は資格がないからとか言って潰そうとする。じゃ、その後どうするの?

文句言うだけはカンタンなんだよね。じゃ、その後どうするのか。
>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

3.5

ん〜ファンタジーって、どうしてもツッコミたくなる…

時を行ったり来たりして、「記憶」はどうなっているんだろう。あんなに酷く転がったりぶつかったりしたら、怪我してるし。
この学校は放課後野球場が空いて
>>続きを読む

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

3.9

才能ある系の物語。

自信がない、差別されているけど、ある日心に雷が落ちたように好きなものが見つかり、そして才能を見いだしてくれる人がいて、でどんどん明るく突き進み成功していく。私の大好きな、サクセス
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.5

なんか共感できなかった。

悪い世界に入っていく時、こんな感じなんだろうな。一人一人を見れば全然悪い子じゃないんだけど、悪いこと(タバコを吸うとか、遅くまで遊んでるとか)を誰かがやって、その子に憧れを
>>続きを読む

浅草キッド(2021年製作の映画)

4.0

大泉洋の演技力、タップ、柳楽優弥のタップ、門脇麦の歌声、監督脚本が劇団ひとりということ、そして鈴木保奈美の美しさ・・すごい、驚いたことが多かった。

役者は大変だね。でもタップもできるようになるんです
>>続きを読む

ぶあいそうな手紙(2019年製作の映画)

3.8

息子には頼らないのに知らない女の子に頼っちゃう。かわいそうな状況も嗅ぎ取って騙されてあげる。

身内よりも赤の他人の方がプライベートなことをサラッと話しやすいのはわかるなぁ。

そう、最後の手紙。差
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

4.2

とっても好きです❤

浅田家の家族写真、超いいよね。ホント‼️笑ったし、泣いた、何度か。

菅田将暉も幅のある役ができる役者さんですよね。最近のは見てないんだけど、「そこのみにて光輝く」と対極の人間で
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.4

ジャケとタイトル見てきっと恋愛モノだろうと、暖かい気分になりたい時に鑑賞。すると、…

離婚法廷ものかい。

最初こそ相手のいい所をあげ連ねてハッピーかと思ったら、アメリカらしく罵詈雑言、掴みかかりそ
>>続きを読む

静かな雨(2020年製作の映画)

3.8

きれいなお姉さんがあんなぽつんとしたところでたい焼きをモタモタ焼いているというところに違和感。

仲野太賀は、いいね。いい人。「あの頃」や「今日から俺は」なんかと全然違う雰囲気を静かに出している。
>>続きを読む

コロンバス(2017年製作の映画)

3.2

ん〜私には合わない映画でした…

まず、ジョン・チョーの演技、表情に初っ端から違和感。登場人物などはわかりやすかったが、話の展開があまりなく退屈だった。建築物は多く出てきて、コロンバスである意味がよく
>>続きを読む

マイ・バッハ 不屈のピアニスト(2017年製作の映画)

3.9

ずっとバッハのきれいな旋律が流れ続けて、心地よい映画だった。

天才的バッハ奏者の実話。天才とかその道に深く突き進み名声を勝ち取った人は、何か、家庭とか愛することとか、犠牲にするつもりがなくても結果的
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.0

アンソニー・ホプキンス、すごい!

認知症の認知機能の低下の様子がよくわかった。ひとが、状況が、くるくる変わり、見ながら混乱するが、それが認知症の人の頭の中なんだろう。

自分の家族がわからなくなり、
>>続きを読む

放浪記(1962年製作の映画)

3.5

私も森光子の舞台で聞いていたので手に取りました。どこで前転が出てくるのだろうと楽しみにしていたのですが・・・

本当に男運がないというか、見る目がないというか。どうしてそんなしょうもない男とばかり付き
>>続きを読む

破戒(1962年製作の映画)

3.9

う遙か昔、初任研で部落のことをやった。私の生まれ育ったところでは全く知らない世界で、赴任先のあたりでそのような場所があるとか。私にはまるで感覚的に理解できず、初耳で驚きだった。

この映画の頃から何十
>>続きを読む

恋多き女(1956年製作の映画)

3.1

イングリッド・バークマンの美しさにジャケ借り。んーーーそれだけだった・・

すぐ好きになり、夢中になる人々。そりゃ美人だからね。美人は得だなぁ。この頃の高貴な女性は、自分の外面を磨くことでステイタスを
>>続きを読む

ナニー・マクフィーの魔法のステッキ(2005年製作の映画)

4.2

コリンファース見たさに鑑賞。

いわゆる魔法使いの話だけど、おもしろかったです。すごい顔の怖そうな子守が、だんだん美人になっていく。まさかエマトンプソンだとは。

マクフィーが来る前の子どもたちの惨状
>>続きを読む

カルテット!人生のオペラハウス(2012年製作の映画)

3.3

んー、ジャケ借りしたけど、1度目はスイマーに負けて…、2日目はちゃんと見たけど…、最後、歌わないんかい‼️

また内容はよくありがちな、能力あるわがままを説得して最後成功〜みたいな。
前半のガンボンの
>>続きを読む

リンドグレーン(2018年製作の映画)

4.0

不倫や私生児が許されない時代、外国まで行って産んで預けてくるって・・大変な時代だったんだなぁ・・・
産んだばかりで子どもを置いてくるなんて。考えられない。置いてきたとしても自分の身体が覚えている。辛か
>>続きを読む

チア・アップ!(2019年製作の映画)

4.2

Agigonさんのレビューを見て鑑賞。いいねいいね!

裕福な方々専用だろうきれいなシニアタウン。広々とした町並みにきれいな一軒家が建ち並び、温かい光が町中の花々に降り注ぐ。その中で、元気なシニアたち
>>続きを読む

幸せへのまわり道(2019年製作の映画)

3.9

トム・ハンクスいいわぁ~!
優しさ満開。こんな人に心包まれてみたい。
実際にいらっしゃる人とのこと。ある意味、人間離れしてる。いつ汚いところが出てくるのかとドキドキしたが、最後まで聖人のまま。心が洗わ
>>続きを読む

トム・オブ・フィンランド(2017年製作の映画)

4.0

マイノリティを強く生きる話。

迫害される時代に、どんなことがあっても自分を貫き通し、場所も世の中も変わっていって、晩年やっと認められる才能。
場所が先進的なアメリカに移って、ここで大成するかと思いき
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

3.4

死をも笑いにするって、どうよ。

芸能人に夢中になるとか、自分には無縁だったので、知らない世界を見られてその点ではおもしろかった。
ハロプロファンのイベントとか、ああいう感じでほんとにやっているの?あ
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.5

原題「破壊」。そう聞くとああそういうことかと納得する。

ずっと訳が分からなかった。だんだん変になっていく、あ、これ、壊れていくって言うことか!今気づいた‼️

心が壊れ、モノ、特に愛するもの(自分で
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

3.6

何も知らずにトム・クルーズ見たさに鑑賞。
そしたらなにこれ!「おはようフェルプス君…なおこのテープは…」😱‼️
これって、大昔聞いたわ!テレビドラマですよね。なんてタイトルだったか、この後皆さんのレビ
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.8

皆さんのレビューを見て鑑賞。
おもしろかった!
軽く見られる。

成田凌かっこいい。

まともじゃない数学の先生とか何人も見てきたけど、成田凌はとってもまともだよ。かっこいいし、彼女に気の利いた事言え
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.7

もう1回見ないと分からない。
前半は何となく顔や状況の区別が複雑でわかりにくく、スイマーに襲われ撃沈😑
で、翌日ちょっと前から見直してラストまで、!

うっわー😱😱😱

で、また理解を深めるために最初
>>続きを読む

エリン・ブロコビッチ(2000年製作の映画)

4.0

痛快!サクセスストーリー👍🏻

ジュリア・ロバーツがテンポよくしかもナイスバディでカッコイイし可愛いし、とっても素敵😊
子ども3人抱えて、何にも負けないエネルギッシュな母。いいね〜

言いたいことをポ
>>続きを読む

キャスパー(1995年製作の映画)

4.2

あまり見ないジャンルの映画。図書館で借りてきた。

いやー、おもしろかった!!退屈するヒマがなかった。目が離せなかった。

もちろん内容は荒唐無稽だけど、キャスパーが良いやつだし、キャットはかわいいし
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.5

精神を病んでいるもの同士か・・危ういなぁ。
環境が安定すれば落ち着くのかな。

それより、父親(ロバート・デ・ニーロ)たちの、推しプロチームへののめり込みぶりが怖かった。そんなひと、いる?勝敗が、自分
>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

3.7

幼稚園でのトラブルの話かと思い、初っぱなから重い気分になった。けがさせたのでは、と先生たちが加害者と思われる親に言っているが、それより園の責任でしょ!と思った。まあそれ以上発展せず解決したのでほっとし>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.9

才能あるっていいなぁ。
よくあるタイプのサクセスストーリー、と言ってもまだサクセスまで行ってないか。でも愛する人と新しい世界へ飛び立つ。いいね。

ギターサークルでぼちぼち楽しみながらギターやってる私
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.0

トレインスポッティングから連続視聴。約20年も間があいて同じメンバーで2作目ということで、とても興味深く見始めた。
当然20年ほど制作年も経っているので、役者も歳をとっていて味わい深い中年になっていて
>>続きを読む

>|