いち麦

ストレイ・ドッグのいち麦のレビュー・感想・評価

ストレイ・ドッグ(2018年製作の映画)
5.0
過去の潜入捜査時に起きた事件への悔恨に苛まれ続けた女性刑事の経緯が、断片化された場面によりパズルを組む様に描かれていて引き込まれた。自業自得でも哀し過ぎる。様々な伏線がさり気なく映像によって解かれていくのにも好感。N.キッドマンの擦れた造形と演技が新鮮。