ymmtdisk

ジョジョ・ラビットのymmtdiskのレビュー・感想・評価

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)
4.0
第二次世界大戦中、ヒトラーに心酔しているが臆病であることからいじめられているドイツ人少年・ジョジョは、イマジナリーフレンドのアドルフを支えに、母・ロージーと暮らしている。ユースキャンプへの参加中、気持ちを奮い立たせて手榴弾を投擲したところ、事故により負傷し、しばらくはビラ配り、ビラ貼りなどの仕事を任される。ある日、亡くなった姉の部屋で隠し扉を発見し、その中で母が匿っていたユダヤ人の女の子・エルサを見つけてしまう……

よかった。
戦時中のドイツ市街やジョジョの家などをかなりポップなイメージで描いていて、過度に重たい印象にはならない。それ故に中盤のショッキングな展開が、演出の良さもありかなり鮮明に映るのかもしれない。
全体的には、(恋の力を借りて)他者を知ることで偏見や差別を改めることができる、というメッセージを受け取った気分でいる。

エルサ(トーマシン・マッケンジー)、キュートであり知的でもある。好き。
クレンツェンドルフ大尉(サム・ロックウェル)は、最初は嫌なやつなのかな、と思って見ていたけどそんなことなかった。この映画で一番いいところを持って行きやがった。
ロージー(スカーレット・ヨハンソン)はかっこいい母であった。クレンツェンドルフ大尉の扱いがすごかった。この関係性から、大尉とロージーはどのぐらい繋がっていたのか、と推測することになる。

ジョジョ役のローマン・グリフィン・デイヴィスは、もう彼自身がウサギ的。
フィンケル役のアルフィー・アレンって、リリー・アレンの弟だったのね!
アドルフ・ヒトラー役であり監督でもあるタイカ・ワイティティは、ただただコミカルであった。

ポスターのピースはウサギの耳。