こうた

火口のふたりのこうたのレビュー・感想・評価

火口のふたり(2019年製作の映画)
3.0
人間の三大欲求「食欲」「睡眠欲」「性欲」を2人だけの関係性だけで描き切った官能作品。
ストーリーはもはやどうでもいい。
瀧内さんの美しい裸体をスクリーンで拝むことに価値がある。
ホテルのシーンで柄本佑に一枚一枚服を剥ぎ取られ、全裸となった瀧内さんの秘部に顔を埋める。その時の公美の恍惚とした表情に情欲を掻き立てられる。佑の肩に脚を乗せて乱れながらも気持ち良さを隠せない公美の演技に脱帽した。その際に浮かび上がる可憐且つ妖艶な肋骨も相まって、劇場でいきり勃ちそうになる肉棒を抑えるのに必死でした。

瀧内公美、あなたは素晴らしい女優だ。