とも

8番目の男のとものレビュー・感想・評価

8番目の男(2018年製作の映画)
3.8
"量刑を下げることで自分の気持ちを楽にしたいだけでは?"

韓国初の国民参与裁判をベースにした法廷ムービー。扱う事件は母親を殺したとして息子が被告人となった殺人事件。被告は自白をしていて量刑を決めるだけの裁判となるはずだったが、裁判当日にしたなって被告が急に容疑を否認したことから陪審員たちは複雑な選択を迫られていく…

裁判映画は"十二人の怒れる男" に始まり、"告発" "評決のとき" "真実の行方" "それでもボクはやってない" などなど他にも数多くの名作があるが、この映画もいい作品やと思う。
途中途中で笑いどころを入れてシリアスにさせ過ぎず、陪審員裁判の課題をわかりやすく描けている。後半からはお決まりの推理が始まって、物語最後の大きな方向転換はさすが韓国映画といったところ。

日本でも裁判員裁判がある。
この映画を観て思ったのは、どこの国でも司法は国民とのズレを無くすためにバランスを取ろうとしているんだろう。裁判員になることは法律上の義務ではあるが、きっと同時に権利でもある。