ツタヤ

ガリーボーイのツタヤのレビュー・感想・評価

ガリーボーイ(2018年製作の映画)
4.0
女性監督が描くインド版「8 Mile」。経済格差と階級意識が根付くインド社会にはなるほどヒップホップの精神が寄り添いやすい気がしますね。ガリーボーイ自身の怒りや苦悩を表現した嘘のない楽曲が心に刺さります。好きな映画でした。

主人公がいかにもなラッパーではなく、七三分けの好青年然としたルックスなことにも好印象。…ただ、気になってモデルになったNaezyさんを検索したら、七三分けじゃなく普通に見た目で分かるラッパーでした。(笑)

一番印象に残った登場人物は、美貌の裏に狂気を秘めた主人公の彼女。浮気相手を酒瓶で思い切り殴るシーンにはビックリしました。彼女の尻に敷かれる未来しか見えませんね。いいのか、ガリーボーイ。頑張れ、ガリーボーイ。