きのはる

これは君の闘争だのきのはるのネタバレレビュー・内容・結末

これは君の闘争だ(2019年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

学生運動の話です。運動はざっくり三つに分けられます。①バスの賃上げ反対。②公立高校の閉鎖反対。③給食費の不正利用とか教育費の凍結とか。(この辺よく把握できませんでした)
①で彼らはデモ行進などで勝利を収めます。
②で彼らは学校の占拠や道路の封鎖で勝利を収めます。(マジで車道を封鎖します。封鎖のバリケードの間を通るバイクや自動車がいます。「仕事に行かせて!」と訴えるマダムもいます。彼らは必死で頑張っているのは分かるのですが「邪魔!」と思う大人たちの気持ちも正直分かります。しかし「邪魔!」と思わせることが彼らの狙いでした。詳しくは本編で)
③で政府は彼らに対し強硬手段に出ました。占拠している学校に押入り生徒たちを無理矢理引き摺り出したりします。①のときから催涙弾を打ちまくっていた軍警察でしたが、③ではより一層暴力的になったようです。
彼らの運動は順調に行っているように見えましたが、最終的に極右の人が大統領に当選して映画は終わります。現在ブラジルはどうなっているのでしょう。バスの賃上げや公立高校の閉鎖は今どうなっているのでしょう。
映画としては面白かったと思います。深刻なノリは少なく、失礼な話かもしれませんが学祭のように楽しげにすら見えました。
かつての日本の学生運動もこれくらいの規模だったのかなぁとぼんやり考えます。