これは君の闘争だの作品情報・感想・評価

これは君の闘争だ2019年製作の映画)

Espero tua (Re)volta/Your Turn

上映日:2021年11月06日

製作国:

上映時間:93分

4.0

あらすじ

『これは君の闘争だ』に投稿された感想・評価

恵比寿でダブルヘッダーの2本目は、“市民、暴力、権力、その所有をめぐる映画祭” にて。

2010年代のブラジル、高校生3人が語る闘争の歴史。そもそも政治が無茶苦茶なので思想的では無く、主に軍警察に…

>>続きを読む
えふ

えふの感想・評価

5.0

最高。ブラジルの公共交通機関の値上げに対する抗議に始まった高校生デモが教えてくれる、日本にいると知らないままだったり、忘れちゃいそうになる「声を挙げること」「ルールを”おかしい”と自分の頭で考え、自…

>>続きを読む

昨年(2021年)公開時に見た時の感想です。

カッコエエ‼️そして熱い❗️感動のドキュメンタリー🥰
始めは、2013年ブラジルのサンパウロでバス料金の値上げ反対デモから始まった。
2015年、高校…

>>続きを読む
おひな

おひなの感想・評価

4.2

ブラジルの高校生が、体当たりで自分達の教育を守るために政府と戦っている姿をみた。行動力が果てしなくすごく、圧倒させられた。自分が高校生の時、ここまで真剣に自分達の教育について考えたことがなかったし、…

>>続きを読む
nimo

nimoの感想・評価

4.5

『これは君の闘争だ』🇧🇷
ブラジルで、政治に異を唱えデモをする若者に迫ったドキュメンタリー。

若者の熱量・行動力に圧倒された。

時折ラップなどを織り混ぜ、デモの当事者たちがポップにナレーションす…

>>続きを読む
DrYOUKI

DrYOUKIの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

格差、貧困…

ホントのところは、日本にいる限りわからない感覚なのかも。

行動力、意思表示、彼らのエネルギーは、見習うことが多いが、鑑賞中は学生たちのあのやり方を手放しで賛成する気にはならなかった…

>>続きを読む
すごい熱量で見ているだけで疲れが押し寄せてくる。色々と問題はあるけど日本という国は幸せだと思う。
ハル

ハルの感想・評価

4.3

タイトルが最高。


終始泣いてた。なんでだろ。
いろんなものが混じり合った涙だった気がする。怒り、憤り、喜び、羨望、悲しさ、歯痒さ、悔しさ。

圧倒的エネルギー!
:音楽。フェミニズム。人種差別。…

>>続きを読む
kmr

kmrの感想・評価

3.8

もっとヒップホップ要素あるのかと思ったらそれはなかった
語りも彼ら彼女自身のものだからかなり切に迫るものを感じる
ただその語りを活かすためなのかかなり時系列がわかりにくかった
今はバスの値上げについ…

>>続きを読む
maya

mayaの感想・評価

5.0

なんとかDVD化してくれ...
ぶっ飛ぶくらい良かった、アジアの学生運動との違いも顕著だけど、なにより「学生運動には戦い方があり、そのノウハウは共有され、蓄積される」というのが、目から鱗だったし、ホ…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事