まむみ

パピチャ 未来へのランウェイのまむみのネタバレレビュー・内容・結末

4.3

このレビューはネタバレを含みます

キャラクターに寄り添った、とても人間らしい撮られ方(?)をした作品だなあと思った。ドキュメンタリーみたいな。

それにしても、男女差別的な宗教的/文化的価値観、早く滅んでほしい。
男は奔放で女性は貞淑であるべきとか、女性は美しい部分を隠さなきゃいけないとか、この映画で表現されていたものだけでもまだまだあるけど、一方的に自由を奪われてたまるかという気持ち。

あまりに辛い物語だったのでどこまでが実話か調べてしまった。
女性だからという理由で、大学の食堂で臭化カリウム入りの牛乳を飲まされたり、ベールを被れと脅されたり、こういった抑圧は90年代において日常的だったという監督の言葉を聞いて衝撃を受けた。

アルジェリアは暗黒の10年を乗り切ったけれど、それは差別と憎悪の終わりではないし、そもそもアルジェリアに限った話でもない。平等と平和の実現を目指して、できることから少しずつ行動したいなと改めて感じた。