パピチャ 未来へのランウェイの作品情報・感想・評価・動画配信

「パピチャ 未来へのランウェイ」に投稿された感想・評価

saskia

saskiaの感想・評価

4.2
ファッションデザイナーを夢見るアルジェリアに住むネジュマのお話。

自分の好きなお洋服を着られない人生なんて想像もできない。
日本にも女性蔑視はあるけど
彼女たちのように制限されることはないし、ここまでひどくないから申し訳なくなる。
日本は本当に恵まれてる。

そして、テロにいつ遭うかわからず
命の保証もないのに、国外に逃げる気はなくて、アルジェリアで生きていきたいと強く願っているネジュマ。何があっても諦めない彼女はかっこよかった。

私ならどうにかして国外に逃げる方法を模索するだろうな。でもそんな行動力はないかもしれない。

「すべて神に委ねろ」

委ねたら神が何かしてくれるとでも?
───────────
2022/𝒩𝑜.247◡̈*✧🌛☽・:*
おうち映画𝒩𝑜.247
劇場映画𝒩𝑜.
𓂃‪𓃱𓈒𓏸❁*·⑅
主人公がひたすらつらい目に遭う話。
その「つらい目」がなかなかハードなので観るのが苦痛だった。
メンタルが大丈夫なときに観るべき。

ただ、「主人公に災難が次々と降りかかる」だけの映画になっていたのが残念。
主人公のリアクションが想像以上に軽くて「え、そんな簡単に立ち直れるんすか?」って思った箇所が多々ある。
内戦下はこんなに大変なんだぞ!ってことを伝えたかったのかもしれないけど、イベントを重視しすぎているのか、キャラの扱いが若干雑になっていると思う。

演出は良かった!!
辛いシーンが多いけど、昔の話でも遠い世界の話でも無いのが更に悲しい
何不自由なく暮らしている人たちに是非見てほしい。
自分の好きな服すら着れない。
これが実話ベースで現在も続いていることがおそろしい。
戦争が起こっても、みんなでダメだよと言いながら一向に解決しない状況も同じ。
anag

anagの感想・評価

-
「女性の人権」なんてレベルじゃない、好きな服を着て自分を表現するなんて日常をおくるために命の危険があるなんて信じられない。そんな最低限のことを保証されないような国がこの世界にはたくさんあることにちゃんと目を向けなければならないと感じた。

「そんなことで!!!??」というシーンで人が殺されてしまう。ただの日常を脅かす存在が消えるような世界になってほしい。
noa

noaの感想・評価

-
危険なのにそれでも満足してる、外国に行くんじゃなくて、母国で闘う必要があるなんて、自分が好きなことをやり遂げるって、、本当にかっこよすぎ
私だったら絶対外国へ逃げたいと思うのに

現実だなんて信じられない、受け止めきれないままだけど、知ることも大事だよね、みんなにみてほしい、
イスラム原理主義色が濃くなってゆく情勢の中で抑圧に抗い自分の道を進む少女と仲間達、キラキラ輝く瞬間の隣りにいる殺されるかもしれない現実に凹む。実話ベース。
色んな感情で溢れて書き切らないわ。
こういうの金ローでやればいいのにって思うけど、まぁ難しいだろうなぁ。
良い映画だった◎
しっぽ

しっぽの感想・評価

3.7
少し前の物語だけど、どんな国か知らなかったアルジェリアを少し知ることができた。
女性は現代でもかなり抑圧されているんだな。
そんな中で、逃げずに戦う主人公がカッコいい。
重い社会問題を正面から描いた作品だった。
未来への希望を込めたドレスの白い布と、女性を拘束するヒジャブの黒い布の対比が印象的で忘れられない。これほどまでに女性が貶められ、自由がない社会というのが信じられないが、これは実話に基づいているという。とてもショックだった。人の(女性の)生き方を規定する文化とは、宗教とは何だろうと考えざるを得なかった。
しかしそのような状況の中で、ネジュマはどんなに苦しくても辛くても立ち上がろうととしていた。その姿に心打たれた。アルジェリア中の女性に自分の服を着てもらいたいという彼女の想いが叶いますようにと心から願った。
>|

あなたにおすすめの記事