chi

セブンのchiのレビュー・感想・評価

セブン(1995年製作の映画)
3.5
定年寸前の老年刑事と新しく配属された若手刑事のコンビが連続殺人事件の謎に迫っていくのはよくあるお決まり設定だが、やっぱりフィンチャー、そこにはたっぷりと見がいがある。降り続く雨、陰鬱な色味、単一な現実に覆い隠された世界。見ていて吐き気をもよおす。
以前はどんな映画もどんと来い、むしろ絶望的なの来いやって感じだったのに、最近だめなんだよなあ、こういう映画。内容ではなく、自分の気持ちが拒否反応を起こす。あまりにも引きずりすぎてしまって、実生活に影響を及ぼしかねないんである…。