mh

アウシュヴィッツ・レポートのmhのレビュー・感想・評価

-
ヴルバ・ウェッツラー報告書もしくは、アウシュヴィッツ議定書という名前でも知られている報告書が題材。
アウシュヴィッツから脱走するまでを緊迫のドラマにしたのが前半。実話ベースとはいえ、サスペンスを盛り上げるための演出がちょっと気になる。
後半は脱走後の世界。
ポーランドの隣国チョコスロバキアまで逃げてくる。
動けなくなってひとに見つかってそれがレジスタンスの家族だったのがすごい幸運なんだけど、そこは別に強調してなかった。
チェコスロバキアのユダヤ人評議会の説得に成功して、少しずつ世論が変わってくる(いくつもあったはずの)はじまりのひとつ。
直接的には、矢十字党が政権執る前のハンガリー政府を動かして、ユダヤ人の移送を停止に追いやっている。
これ、前から疑問だったんですよ。なんで、ハンガリーからの収容者は生かされてることが多いのか。映画だと「フェイトレス~運命ではなく~(2002)」あたり。
つまり、命がけの告発者の行動に意味があったということなのだった。
チクロンBが使われていることも把握してたらしいいっぽうで、ユダヤ人の移送を手伝っているドイツ赤十字のなにを信じているのか不思議だった。
逃走中に画面が横倒しになる演出がある。これはどうも、視点人物の苦しさとか痛みを表しているようなんだけど、脱走が成功したあとだったら適切な演出ではないんじゃないかなぁとか思ったりした。
地面から頭だけ出るように埋めたひとたちの上で、乗馬のギャロップとか、唐突に出てきたのも意味わかんなかった。
たぶんテーマとは無関係のプロットだったから浮いてみえたのだろうと分析する。
面白かった。

他のユーザーの感想・評価

「過去を覚えていない人は、過去を繰り返す運命にある」

今まで見たナチス映画の中で一番残酷で生々しかった

最後のエンドロールを持ってこの映画は完成する

今日でも似たようなことが起きているというのが未だに信じられない
YasTkg

YasTkgの感想・評価

5.0
冒頭の言葉
「過去を忘れる者は必ず同じ過ちを繰り返す。」
が重くのしかかる。
TAKA

TAKAの感想・評価

4.0
2021-222-211-011
2021.9.23 キネカ大森 Scr.3
短文感想

真実

事実

真実は如何にして事実になるのか

緊迫感溢れる
けれど少し派手さには欠ける前半
胸に訴えるものがあります
これは真実なのか?

後半のドラマ
ありがちと言えばありがちです
正直、そんな感想でした。
事実の衝撃はあるけれど
やや地味かなと

けれどふと
レビューを書く段になって思いました

これって凄く恐ろしいことで
アウシュビッツの全てが歴史の闇に葬られてしまっていた可能性もあるのか
或いは肯定する歴史もあり得たのか
そもそも現在認知されている歴史は事実であっても真実と言えるものなのか

全ては
事実を積み上げて判断するしかない

そんな
色々なことを考えさせられました


「過去を忘れる者は、必ず同じ過ちを繰り返す」
maaa

maaaの感想・評価

3.5
1分間に2人殺される強制収容所

エンドロールに現実を突きつけられる。
どの国でもこの蛮行が起こり得る可能性がある。
MAAAAA

MAAAAAの感想・評価

3.7
『過去を忘れる者は
必ず同じ過ちを繰り返す』

冒頭のこの言葉が
すごく残る。

そしてエンドロール
めちゃめっちゃ重くのしかかる
「アウシュヴィッツ・レポート」の感想・評価を全て見る

mhさんが書いた他の作品のレビュー

だれのものでもないチェレ(1976年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ハンガリーの鬱映画。
1930年のハンガリーの農村が舞台。
七歳の女の子が全裸で牛飼いをしているのは見方によっては、ジャケと邦題から連想するようなかわいいシーンなんだけど、実際は壮絶ないじめを表現して
>>続きを読む

二重被爆(2006年製作の映画)

-

撮影当時は後期高齢者になっている二重被爆者のみなさんへのインタビュードキュメンタリー。
誠実でオーソドックスな構成で、内容も盛りだくさん。
なかでも諸外国の現代人に、映像を見せて感想をいってもらうくだ
>>続きを読む

ヒトラーの秘密(2005年製作の映画)

-

姪との関係に着目したヒトラーのテレビ映画。原題「アドルフおじさん」そのままの内容。
フレームストーリーは「総統地下壕の最後の一日」つまり「エヴァブラウンとの結婚の日」その合間合間に、これまでを振り返る
>>続きを読む

愛にかける橋(2002年製作の映画)

-

ちょっと前にみた「イースト/ウェスト 遙かなる祖国(1999)」はソ連から脱出できなくなる話だけど、こちらは中国から抜け出せなくなる。
序盤は1930年代で支那事変前。オーストリアの警察学校で訓練を受
>>続きを読む

わが生涯のかゞやける日(1948年製作の映画)

-

公開当時の現在――終戦直後が舞台のサスペンスとロマンスの娯楽作。
戦争の継続を目論む青年将校に、大臣である父親を殺された娘が主人公。貴種流離譚というわけでもなくダンサーとなって厳しい世の中を生きている
>>続きを読む

イースト/ウェスト 遙かなる祖国(2000年製作の映画)

-

大祖国戦争の痛手から立ち直るべく、国外に避難・亡命していた白軍関係者を呼び戻そうしたスターリンの政策に翻弄されたフランス人夫婦のお話。
入国するやいなや、間違いだったことに気がつくももう戻れない絶望が
>>続きを読む