qudan

流浪の月のqudanのレビュー・感想・評価

流浪の月(2022年製作の映画)
5.0
女児誘拐やロリコン・DVなどのある意味でキャッチーな昼ドラ的要素を、リアリティのある地に足のついたものに落とし込んでいる。

そんなことあるかい!という状況や展開を、そんなことあるかも…と思わせてしまうのは、俳優陣の演技はもちろん、映像の空気感を丁寧に構築していったからだろう。

見終わった後、誰にも邪魔されない二人の幸せをただただ願ってしまう。