Hirosさんの映画レビュー・感想・評価

Hiros

Hiros

2016年ー237本 内劇場鑑賞55本
2015年ー361本 内劇場鑑賞34本
一度観た映画を数年寝かして忘れた頃にもう一回観るのが好き。
感想はきほん次回観る時の自分へのコメント。

ザ・コール [緊急通報指令室](2013年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

前半檄オモロ、後半平凡。
ほぼ前半から中盤くらいまでの点数。
序盤の車からペンキのくだりとか、親切なおっさん2名が巻き込まれていくくだりとか大好きだった。
主人公が犯人と対峙してからはありきたり。
>>続きを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ロッキーホラーショーをそこまで最高と思えない自分には案の定そこそこだった。
でもいうか再鑑賞はすべき作品だと感じた。
途中のアニメーションは好き。

あなた、その川を渡らないで(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

世間の評価が高くて感動するドキュメントつながりで人生フルーツに似ている感じかなと思って観たら思った以上にリンクした。
落ち葉をかけ合うところ、雪ぶつけ合うところほのぼの。
でも鏡を壁にかけるくだりでイ
>>続きを読む

サッドティー(2013年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

まったりと観れておもろい。
曲がはまっている。
リアルな会話劇。
恋愛映画はあまり好きでないが、最近多いこの手の恋愛映画は大好き。
全編リアルに描きつつ、途中存在が透明になっていく非リアルなシーン、こ
>>続きを読む

罰ゲーム(2006年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ストーリー無茶苦茶、でも何かおもしろい。
悪魔のいけにえオマージュなのかパクリなのか序盤はまんまの展開。
ツルハシ飛び交うくだりはもはやバラエティー番組。
カビウジサンドが寒気するほどキモい。
焼死体
>>続きを読む

復讐鬼 マイ・ジャスティス(2010年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

子供を理不尽に殺された親が、犯人に対して考えうるありとあらゆる拷問をする。
こんな映画あったらおもろそうやのに意外とないなと思い続けて10数年。
吹き替えが安っぽかったり、細かいツッコミどころ満載では
>>続きを読む

パーフェクト・ルーム(2014年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

序盤からスコフィールドにめちゃ似てるヤツが出とるなぁと思いながら中盤以降に本人だと確信。残念ながらスコフィールドが強すぎてなんか残念な出来。カミングアウト後なのか役柄でもちょっとゲイを匂わす役柄をさせ>>続きを読む

知らない、ふたり(2016年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

韓国のシュッとした俳優の顔が似ていてキャラ整理に時間かかったことと、前半のテンポが悪かったためダレそうになったが途中からめちゃくちゃ引き込まれた。
ハッピーアワーをみたときのようないつまでもみてられる
>>続きを読む

ゴールデンスランバー(2009年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

何故主人公がこんな目にあうのかが良く理解できないままみてたから気持ち悪かったし、昔話がちょいちょい入って映画だけでは説明不足に感じた。
伊東四郎のインタビューは感動で泣きかけた。
渋川清彦が若くてショ
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

タイトルから難しい映画だと思い観る気にならなかったが吃音に関する話だと知り鑑賞。
コリンファースの演技が◎
昔の大竹しのぶ風の見た目の嫁役の夫以外への態度はちょいちょいイラついた。
吃音については何と
>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

速攻で閉じ込められる展開にかなりわくわくしたが、シチュエーションものと思ってたらエンタメ映画だった。
もっとリアルなのを望んでいたからちょっと期待はずれ。
同じエンタメなら新感染の方が圧倒的におもしろ
>>続きを読む

ライク・サムワン・イン・ラブ(2012年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

日常をリアルに描きすぎてるが故に本編に直接関係ないくだりが入りまくっているところが好み。
じじいと初対面時の女のクソ面白くない話の噛み合わない具合とか、じじいが必死に機嫌とってるところが変にリアル。
>>続きを読む

マイ・マザー(2009年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

おかんと何回も繰り返される喧嘩のやり取りが思春期あるある満載。
おかんの沸点が低いと言うかキレるツボが分かりにくい。
こんなおばはんおるなあて感じ。
映画としては予想より地味だった。

セックスの向こう側 AV男優という生き方(2012年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

目新しさはないが興味深く楽しんでみれた。
2、3人顔がピンとこない男優がいたのと、この企画にいてしかるべきだと思う男優が5、6人いなかったのが残念。
加藤鷹の貫禄。
編集の関係なのか冒頭からインタビュ
>>続きを読む

スリーピング ビューティー 禁断の悦び(2011年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

映像美の要素強め。
裸は綺麗だが、エロさはほぼ皆無。
じじいの局部モザイクなし。
金持ちの変態倶楽部の中身をもうちょっと掘り下げてほしかった。
黒下着女の中に1人だけ白下着で接客するときに微妙に乳首だ
>>続きを読む

ありふれた事件(1992年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

大声でのババア殺し。
拗ねるブノワ。
晩餐中の銃殺後の空気感。
他にもオモロいシーンはあるが、あまりに適当に殺しまくりで後処理も雑なのになかなか捕まらないあたりがリアルでなく好みではなかった。
ある戦
>>続きを読む

害虫(2002年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

映画としてはまったく面白くなかった。
宮崎あおいが暗くてほとんど喋らないがそれでも宮崎あおいの魅力だけで観た映画。
メイキングの宮崎あおいがびっくりするくらい無邪気で思っていた素のキャラと全然違った。
>>続きを読む

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃワクワクしてオモロい。
ここまでシリーズ観てきたが圧倒的に一番好き。

名もなき復讐(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

最初に殺される鬼畜が劇団ひとりにみえたのがツボった。
どつき回したい糞がいっぱい出てくる。
包みに入れたバラバラ死体がみられたシーンはちょっと意外で良かった。

監督失格(2011年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

林由美香と、いうAV女優は昔から知っているが可愛いいと思ったことは一回もない。死んだのも当時何かの雑誌でみて知っていた。
この映画のことも当時何かでみて知っていたけどそこまで観たいと感じていなかった。
>>続きを読む

0.5ミリ(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白ければ長尺でも良いがこの作品は後半ダレる。
坂田の演技は個人的に全然良くなかったが竜爺はなかなか。
義理のおとんとほぼ顔騎シーンとれるところが俳優一家と一般庶民の違いを感じた。
安藤サクラが割と可
>>続きを読む

キセキの葉書(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

題材が良いので冒頭から泣きそうになったが、絶賛されている鈴木紗理奈の演技がまったく受けつけなかった。
男の子もグレることなく真っ直ぐ育ってそうなところが良かった。
母親が手紙で良くなったのは分かったが
>>続きを読む

下衆の愛(2015年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

予告観て全く期待していなかったが楽しく観れた。
忍成はいてもいなくても良かった。
渋川清彦はこれまで観た中では一番良かった。
古舘寛治は相変わらず良い。
ワークショップシーン、演技指導シーンも何か好き
>>続きを読む

ワイルド・スピード MAX(2009年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ハンが3の時よりカッコ良かったのでもうちょい出てほしかった。
3と比べて同じシリーズと思えないくらいいろいろスケールがデカい。
これがシリーズ2作目だったら一番しっくりきたかも。
ラストカットとか結構
>>続きを読む

チェインド(2012年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

冒頭からの掴みが凄い。
タクシーが母子をさらうところ、母親が連れていかれて車内に残される子供のシーンとかの痛々しい描写がエグい。
その後も部屋にさらってくるシーンも生々しくてグロシーンそのものよりもエ
>>続きを読む

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

このシリーズのことあまりに知らずにみたのでえらく主演男優が劣化したと思ってみていたらキャストが違った。
ヤバイ日本描写。
外国人の学ランはもはやコント。
柴田理恵のくだり、小錦のくだり諸々1作目、2作
>>続きを読む

ワイルド・スピードX2(2003年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ベタなバディものだったけど、それがおもしろかった。1のキャラ全員出てくるものだと思い込んでいたから意外だった。
ネズミ拷問はわりとドキドキできた。

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

今作を当時観てないのと、多分好きではない雰囲気の映画との先入観でまったくこのシリーズには触れてなかったが、意外にもレースシーンが気持ちよかった。
終わり方も好き。

先生を流産させる会(2011年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

おとなしい先生がクズなクソガキどもにいびられる映画かと思ったら意外と先生も自己中でガキっぽい。
自分の担任だったらウザい先生。
ラスト先生が生徒をブチ殺せば良かったがクソ綺麗事な着地が物足らなかった。
>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

子供の頃何度か観たことあったが、大人になってみたらさぞかし面白くないんだろうとの予想を大幅に裏切るおもしろさ。
40年以上前の映画であることを抜きにしてもめちゃくちゃおもしろい。
傷自慢のくだりとか笑
>>続きを読む

ザ・ゲスト(2014年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

期待してなかったのに最初からなかなか引き込まれる映画だった。
主人公が良い奴なのか鬼畜なのかかなり分かりにくくつくられてるところが良かった。
家族殺す時に謝りながら殺したりするところはつくり手の意図が
>>続きを読む

ファイナル・ゲーム(2014年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ロストの簡易版と思ってたらそこそこ観れた。キャラが立っていないため誰が誰か分からんようになったのが残念。
姉妹だけしか女が出ないのに可愛いくなかった。
最後の展開や、ボート組のくだりは嫌いではなかった
>>続きを読む

ライフ・アフター・ベス(2014年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

突然変異的にベスだけがゾンビ化する話かと思ったら違っていた。
ベスの演技は好き。
母親が腕を食わせるくだり好き。
背中にドデカいの背負って移動するくだりはかなり好き。
ラストの展開はドライで予想外では
>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ニンフォマニアック的なの想像してたら普通の恋愛モノだった。
映像が綺麗なのもありふつうにおもしろかった。

ツールボックス・マーダー(2003年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

トビーフーパーに期待したが画が悪い意味で古臭く悪魔のいけにえとは雲泥の差。
惨殺シーンそのものはどれもそんなに悪くないが小道具の荒さが目立つ。
それ以上に主人公のブスさが目立つ。

ケンタとジュンとカヨちゃんの国(2009年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

主演3人と新井の演技は相変わらずの安定感で好き。
男2人でずっと一緒におったらこんなんなるあるあるがいっぱい。
車破壊シーンが好き。
新井にもうちょい暴れて欲しかった。
ブス設定の安藤サクラよりも10
>>続きを読む

>|