やかじょさんの映画レビュー・感想・評価

やかじょ

やかじょ

2015年開始。なるべく食わず嫌い(観ず嫌い)せず、いろいろな映画を観たい。
批評は苦手なので、あくまで感想文。
4.5〜5.0 誰がなんと言おうと良い!love!
3.5〜4.5 好き。良作。オススメ。
2.5〜3.5 良くも悪くも普通の面白さ。
1.5〜2.5 うーん、微妙。
〜1.5 すみません、私は好きじゃないです。

映画(229)
ドラマ(0)

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

3.0

東京国際映画祭にて。

決して明るいテーマではないけど、舞台あいさつで監督が言っていたように、暗いだけの映画ではなくって、ちょっとすがすがしい気持ちにさえなった。

人の死が訪れようとも残された人の日
>>続きを読む

輝ける日々に(『サニー』ベトナム版)(2018年製作の映画)

3.8

東京国際映画祭にて。

ベトナム映画は初鑑賞かな。
サニーは韓国版も日本版も未鑑賞。

よかった。私にはああいう若い頃の仲間がいないからとても羨ましかった。
ベトナムの歴史に合わせたアレンジもよかった
>>続きを読む

光陰的故事(1982年製作の映画)

2.9

「恐竜君」
上の子の虐げられ具合よ。
会社の人が、同じことをやっても下の子はそうでもないけど、上の子だとイライラする、という話をしていて、世の中で上の子の立場というのはそういう感じなんだろうな。

>>続きを読む

Last Wedding Dress(2014年製作の映画)

3.6

ショートフィルムコレクション、4作目。

1〜3作の流れで完全に気を抜いてた。
不覚にも上田監督に泣かされてしまった。

こういうの弱いんだよねぇ。
だってファンタジーじゃん。

これは短編の編集によ
>>続きを読む

テイク8(2015年製作の映画)

3.3

ショートフィルムコレクション、3つ目。

良い話だった、んだけど、4つの中で1番終わりが思い出せない。
なんだろ、これはもしかして実話の要素もあるんだろうか、とじんわりした。

監督役の方、時々見かけ
>>続きを読む

ナポリタン(2016年製作の映画)

2.9

ショートフィルムコレクション、2作目。

設定は面白いんだけど、主人公と共有する不安感が半端ない。
あー、あの時何言ってたのか気になるー。
字幕で観客を製作側に引き寄せてくれても良かったのにー。
たま
>>続きを読む

彼女の告白ランキング(2014年製作の映画)

3.1

ショートフィルムコレクション、1作目。

ぶっ飛んでる。
想定をどんどん超えてくる。
観客を置いてきぼりにしてく感じが一周回って微笑ましい。
もう有名になってしまったから、こういう作品は作れないんじゃ
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

2.9

プーを使って泣かせにくるなんて卑怯だ、と思ってたんだけど、どうやらそうでもないらしいとTwitterで様子見して観に行ったら、開始3分でやっぱり泣いた。

プーが思ってたより手のかかる子で、ちょっとイ
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.3

Twitterで好評だったんだけど、あんまり納得いかないことも…
ハリウッドでアジア人の映画、というのは確かに意義深いなと思った。

観終わって思ったことは、恋人が実はクレイジーリッチだったらどうしよ
>>続きを読む

ションヤンの酒家(みせ)(2003年製作の映画)

2.8

TSUTAYAのアジア棚から選んで鑑賞。

本当に中国圏のごみごみとした屋台街の魅力的なこと…あの感じなんですかねぇ。
もう日本にはなかなか醸し出せないような感じがある。
いつか見に行ってみたいのだが
>>続きを読む

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

3.9

具合悪くて会社を休んでた時に観た。
はずさないやつ。
絶対幸せな気分になれるやつ。

人混みが好きじゃないのでカウントダウンイベントは相当行ってないけど、タイムズスクエアのイベントは一生のうちに1度は
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.0

観てしばらく、寝ても覚めてもこの映画が頭から離れなかった。

私はラ・ラ・ランドが大好きで、総じて手に入らなかったものは美しいし強い派閥なんだけど、それを逆サイドから見るとこうなるのかという衝撃が最初
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.8

えっ!っていう展開からスタートする2作目。
ほんとにほんとにミュージカルのズルさよっ!(褒めてる)
アンダンテの音楽が頭から離れなかった。
サントラほしいなぁ。
あの3人組の若い頃の女優さん達が本当に
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

2.5

ヨーロッパ映画的。
観た当時、降霊術に取り憑かれた孤独なパトロンに思うところがあったんだけど、忘れてしまった。

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.4

前作に引き続き鑑賞。
え、やっぱり、頑張ってない?
楽しんで作って楽しく出来上がってる感じが良い。
今回は土方さんのギャップが良かったです。
銀さんの存在感があまりなかった。
このままみんなで頑張って
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.3

お盆の水曜日、ここは渋谷でも六本木でもないのにほぼ満席の映画館。
@takunoha 氏が何かのSNSに書いてたレビューで興味を持って観に行ったのだが、お客さんの入りに期待は高まるばかり。
ゾンビの自
>>続きを読む

サッドティー(2013年製作の映画)

3.3

こういう友達、友達の知り合い、友達の知り合いの元カノ、友達の知り合いの元カノの職場の人は私の友達、みたいな小さな世界が一周するような設定の映画って日本映画っぽい気がする(説明が分かりづらい)。
そして
>>続きを読む

運動靴と赤い金魚(1997年製作の映画)

2.6

走る走る。
1.3倍速で見たから、もう子供達の足が高速回転すること。
面白いという分野ではないけど子供なりの苦悩や思いやりや優しさ。
それにしても一つしか無い娘の靴がないと気づかない親もよっぽどだな。

2046(2004年製作の映画)

4.1

耽美…
直接的な表現を使わず色気を伝えまくってた「花様年華」には劣るけれど、今回も良かった。

2046、記憶が留まる場所、一度行った者は帰ってこない。
彼はそこに行ったのだろうか。
いや、行かなかっ
>>続きを読む

アフリカン・ダンク(1993年製作の映画)

3.3

意外と面白いの話を聞いて観てみたら、確かに意外と面白かった。
パッケージのお金のかかってなさそうなB級感。
もったいない。
確かにツッコミどころはあるけど、疲れた休みの日、気合いを入れずに楽しめる、そ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

本当ごめんなさい、正直に言って、恐竜は脇に置いておいて、私がジュラシックパークよりもワールドが好きなのは、オーウェンがカッコいいからです…
知力と体力と分別と優しさを持ち合わせて、他に何を求めようか。
>>続きを読む

正しい日 間違えた日(2015年製作の映画)

2.9

去年の上映時から気になっていたんだけど、日本名が「今は正しく、あの時は間違い」のが詩的で良かったなぁと思う。
正直前半と後半でどちらが正しい方なのか分からない。
いや、分かるけどそれほど正解だとも言い
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.0

最近はスターウォーズシリーズは、何を観ても面白いと思っていただけに期待ハズレだった。
キタキター!と盛り上がるシーンがないまま終わってしまったような感じ。
ハンソロの彼女の最後のシーンがちょっと心が動
>>続きを読む

それから(2017年製作の映画)

2.6

ホン・サンス4連チャン、楽しみにしてたけど、あれ?私あんまり得意じゃないのかな。
社長の奥様が暴れるシーンと社長と浮気相手が抱きしめ合うなんとも気持ちよくはない絵面しか思い出せない。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.7

小説が気になっていたまま読まずに鑑賞。
良かった。
人間の素晴らしさを感じた。
子供は素直ゆえに残酷だが、愛情満載で育てられたオギーの強さで周りの人を幸せにしていく。
誰目線だよと思いながらも素敵に子
>>続きを読む

29歳問題(2017年製作の映画)

3.8

香港映画と言えばアクションものが多いイメージ。
こういう映画をもっと観たいな。

30歳になって半月くらいの頃観に行った。
29歳のうちに観たかったなと思ったけど、30歳でちょうど良かった。

同じ年
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.3

映画を観てきたことの喜びを感じてしまう。
シャイニング観なきゃな。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

2.9

あ、これが?去年くらいにとうとう全編iPhoneで撮った映画が出来たらしいって話題にしていた?あの映画なの?
ということを後になって知った。
冒頭のパープルピンクの壁に映える子供のTシャツから入って、
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

2.7

前日に歩いててたまたまポスターが気になったので。
なんとなくミッドナイト・イン・パリっぽい。

ボーイとガールのシンクロした世界。
実際ボーイミーツガールだった。
たぶん博物館で出会った男の子が良かっ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.8

あれ、そういえばセトウツミにも菅田くん出てたな。
何気にどちらも良かったんだよな。
あれ?私菅田くんのこと好きなのかな、おかしいなそんなことないんだけどな。

なんですかね、この新しいファンタジー感。
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

2.9

パイレーツシリーズ、観たはずなのにだいぶ記憶にない。
断片的に思い出せるので、観たはずなんだけど。
このシリーズ、後ろに行けば行くほど、記憶に残らない。
つまらないわけじゃないのに。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.7

この映画を観るにあたって、初めてなぜ名前に入ってないのに「ロック様」と呼ばれているのかを知りました。

楽しい。
子供と大人も子供に少し還って楽しめばいいのさ!
それぞれのキャラクター設定としての個性
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.7

アーミル・カーンが好きなので、本当はあんまり興味ない分野なのだけど鑑賞。
みんなバーフバリバーフバリ騒いだんだから、これだってもうちょっと観てもいいんじゃない?

今よりももっと男女の壁が高かった頃。
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

デルトロ、といえば私の中でパンズ・ラビリンス→トラウマ映画の1つ。ブラックファンタジーを舐めておったという感じだった。
ややビクビクしながら観たけれど、今回は以前にも増して美しく、うまく言語化はできな
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

3.1

その後の青春映画の手本になってそうな感じ。
普段存在を意識もしない、別グループの同級生のケミストリー。
だって普段毎日同じところへ通ってるんだもの、本当は話ができないわけないじゃない。
こういう発見っ
>>続きを読む

グラン・ブルー/オリジナル・バージョン(1988年製作の映画)

2.8

リュック・ベッソンと言えばトランスポーターとかタクシーみたいなごりごり娯楽映画のイメージが強いんだけど、初期にはヨーロッパ映画らしいというか、暗めのアートっぽい映画を作ってたのね。

何かに夢中になっ
>>続きを読む

>|