masaさんの映画レビュー・感想・評価

masa

masa

映画(72)
ドラマ(0)

トゥモローランド(2015年製作の映画)

3.3

イッツ・ア・スモールワールドに乗るたびにトゥモローランドへの入り口に行けないかなーとワクワクしちゃうことになる。もう少しトゥモローランドの描写が見たかった。

インターステラー(2014年製作の映画)

4.2

ノーラン作品は、設定を理解するのに時間がかかるけどそれを紐解いたときのあー!!という感覚が好きでつい夢中になってしまう。そんな作品。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.1

元気になるミュージカル映画。

最も崇高な芸術とは人を幸せにすることだ。The noblest art is that of making others happy. -P.T.BARNUM

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

3.4

ラストが衝撃的でなんとも言えない後味がある映画。

マレフィセント(2014年製作の映画)

3.5

眠れる森の美女とはまた違ったストーリーで、面白かった。マレフィセントへの見方が変わる。エル・ファニングもアンジーもハマり役!

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

3.8

ジェニファー・ハドソンの存在感
ミュージカルでも観てみたい

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.0

データサイエンティスト必見
冒頭で結末は明かされるけれども、最後の新たな歴史解釈が斬新でした。
全編通して非常に面白い作品でした。

雲のむこう、約束の場所(2004年製作の映画)

2.4

風景描写は相変わらず良い。
短編やめて背景もっとわかるシーンがあった方がメッセージが(あるのかわからないけど)伝わるのでは。意味深にして読者に考えさせるマーケティング手法な気もしてきている。

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.2

自然の描写が綺麗

「どうせ人間なんて、みんなちょっとずつおかしいんだから、」
って言葉が残ってる

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.5

天気の子の微妙感に懐かしさを感じて、久々に見返したんですが、天気の子が微妙なだけでした。
秒速5センチメートルはただただ切ない。。

天気の子(2019年製作の映画)

3.1

凪くんとRADWIMPSの音楽と花火の映像美は良かった。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.1

希望は素晴らしい。
知は力なり。
慣れに慣れないように気をつけたい。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.3

何気ない平凡な一日の素晴らしさを再認識できる映画。

この日を楽しむために自分は未来から来て最後だと思って今日を生きている、僕の非凡で平凡な人生の…
I just try to live everyd
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

3.8

クエンティン・タランティーノ監督の長編デビュー作。

キングダム(2019年製作の映画)

3.6

原作知らなくても、楽しめる作品でした。
ところどころグッとくる場面もあり、アクションもありで面白かったです。

ハゲタカ(2009年製作の映画)

4.0

2009年ではフィクションでも、近未来に同じようなことが起こる可能性は全然あるなと考えたらゾワッとする

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ピカチュウ可愛すぎて、めっちゃ癒やされました。あとミュウツーがイケメン(?)すぎました。

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

2.8

3時間は冗長で、金と女とドラッグにまみれてる金融マンの話ってだけで中身はない
レオナルドディカプリオが主演じゃなかったらそこまで話題になってないと思う
ただ、セリフとか言い回しはちょっと勉強になるかも

劇場版 お前はまだグンマを知らない(2017年製作の映画)

3.6

グンマ出身だから、当然と思ってたけど、当然じゃないことがこんなにあるんですね〜笑

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

コミカルにちょいグロ

前作が良かったからって期待しすぎるのも良くないなと思いました。

相変わらず面白いけれども…

>|