Yoliceさんの映画レビュー・感想・評価

Yolice

Yolice

2015.11~
映画と本が日々の糧 / 雑食 / 初恋はピーターパン

映画(412)
ドラマ(58)

メン・イン・キャット(2016年製作の映画)

3.5

家庭をかえりみない仕事人間のトム
娘の誕生日にしぶしぶ猫を買うが、その帰りにビルから落ち、なんと猫と入れ替わってしまった…?!


邦題から勝手にメン・イン・ブラックをパロってる部分があるのかな?なん
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

4.0

ついに3作目が10月19日に日本上陸ということで!


バーデン・べラーズが全米大会で優勝してから3年、とあるスキャンダルで大会停止処分になってしまうが、名誉挽回として世界大会で優勝しなければならない
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.9

ついに3作目が10月19日に日本上陸ということで!


初めは個性が強くてなかなかまとまらなくても、それぞれが悩みと向き合ったり本音でぶつかり合って行くことで、徐々に団結していく
ザ・王道っていう感じ
>>続きを読む

勝手にしやがれ(1959年製作の映画)

3.6

À bout de souffle!


フランスのヌーヴェルヴァーグを代表するジャン=リュック・ゴダール監督による長編第1作

ただフランス人男性とアメリカ人女性の恋愛模様を描いた作品かと思いきや、
>>続きを読む

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

3.9

恵比寿ガーデンプレイスで開催されてた、恵比寿ピクニックシネマという野外上映イベントにて

シェルブールの雨傘に引き続き、ジャック・ドゥミ監督によるフレンチミュージカル
個人的にはシェルブールの雨傘より
>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

3.6

フレンチミュージカルの代表的な作品の1つ

雨の日の通りを行き交う人々とカラフルな傘たちを真上からのアングルで撮られたタイトルシークエンス
冒頭からオシャレなオープニングが印象的な今作
ただのミュージ
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.2

「何もしないって最高の何かにつながることなんだ」


最近スケジュールが詰め詰めでなかなか忙しいのですが、今作は制作決定時からずっと楽しみにしていたので、公開日の朝一で映画館にダッシュしてきました
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

楽しみにしていたアントマン続編、今回も最高でした!
IWで絶望していたあとなので、なおさらコメディ要素もたくさん取り入れている今作は気軽に楽しめてよかったです

今作の醍醐味とも言えるサイズチェンジア
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.5

Here We Go Again!


レビュー遅くなってしまいましたが、公開日に極上音響上映で見てきました!

前作は個人的に可もなく不可もなく素直に楽しめるミュージカル映画という感じだったので、今
>>続きを読む

ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談(2017年製作の映画)

3.5

脳は見たいものだけを見るーーー


とある3つ超常現象の調査を依頼された心理学者が体験者達に話を聞きに旅に出る
彼がそこで目にするものとは…

英国発のゴシックホラー
普段あまりホラーを見るわけではな
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.1

「この謎を解いてごらん。どうだ、君にはできるか?」


原作者の森見登美彦先生の大ファンなので、今回はちょっとファン目線からのレビューとなってしまうかもしれませんが、どうかお付き合いください…!

>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

5.0

待ってられない未来がある。


初見がいつだったかはもう覚えていませんが、今まで何度も見返してきて、今でもふと思い出して泣きたくなる、そんな大好きな作品
今回角川シネマ新宿の細田守フィルムフェスティバ
>>続きを読む

グッバイ・ゴダール!(2017年製作の映画)

3.5

2番目のパートナーとして公私共にゴダールを支えたアンヌ・ヴィアゼムスキー
1960年代パリを舞台に、彼女の目線からゴダールの中期のキャリアを描いていく


アンヌが執筆した自伝的小説が原作

ゴダール
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.5

ボクは未来に出会った。


細田守監督新作ということで、とても楽しみにしていた作品
未来のミライ展に行く約束があったので、その前に駆け込みで見てきました

過去と未来という縦糸と現在という横糸
時とと
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.1

ターゲットも、ダマしも最強 目撃者は全世界。


再掲です

ワーナー・ブラザース内幸町試写室にて
Filmarksさんのご招待でワーナー・ブラザース試写室での女性限定試写会に参加させていただきまし
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.8

テニスを通して見る男女平等への道のり。


エマ・ストーン主演ということで楽しみにしていた作品

ビリー・ジーン・キングという女性テニスプレイヤーは以前から名だけは知っていたのですが、こんな世界を巻き
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.5

1950年代ロンドン。天才的な仕立て屋に見初められ、彼のミューズとなった若きウェイトレス
彼らの愛は新境地へと向かっていくーーー


アカデミー賞で衣装デザイン賞を受賞したというだけあって、物語を彩っ
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.5

まわる、まわる。秘密の恋が回る。

1950年代のコニーアイランド。廃れ始めた遊園地を舞台に恋の歯車が狂い出すーーー


酒癖の悪い夫、放火癖のある息子、そしてビーチでバイトをしている若き大学生との不
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.8

すべてのヒーローに、始まりの物語があるーーー


最近色々と忙しかったため、
レビューを投稿するのがかなり遅くなってしまいましたが…特典のポストカードが欲しくて初日初回で行ってきました!今回は極爆上映
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

ジャパンプレミア TOHOシネマズ六本木 スクリーン7にて


まさかまさかのゲスト登壇のジャパンプレミア試写会に当たってしまいまして…!行ってきました…!!
まさか肉眼でクリプラとブライスを拝める日
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.3

やさしさの半分は勇気でできている。


Twitterですこぶる評判がよかったので見てきました!

生まれつき "顔" が他の人とは違うオギー
幼い頃から母と自宅学習をしていたが、小学5年生になるとき
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

4.4

YA小説を映画化した三部作、ついに完結


主演のディランくんが怪我をして撮影延期になったり、色々ありましたが前作から3年、満を持して完結作が公開となりました…!

原作も読んでるし元々普通に好きなシ
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.6

東宝さんのスニークプレビューモニター試写会 日比谷の東宝試写室にて


今回は上映開始されるまで何を見るのか分からないスニークプレビューというタイプの試写会に初参加
そして蓋を開けてみたらこの作品だっ
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

2002年 アメリカ カリフォルニア州サクラメント、ある少女の高校最後の1年間の物語ーーー


第75回ゴールデングローブ賞 ミュージカル・コメディ部門で作品賞と主演女優賞を受賞

閉鎖的な片田舎での
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.9

田舎は平和だなんて誰が言ったんだ?


うさぎ好きの母が見たいと言っていたので、母の日のプレゼント代わりに母を連れて見に行きました

絵本のイメージ通りのウサギ達のほのぼの生活を描いた作品かと思いきや
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.1

待ちに待ったデップー続編、初日初回に見てまいりました!
手乗りデップーが欲しかったので、もちろん今回はIMAXでの鑑賞です


公式「デッドプールは恋愛映画」 私(いやいやウソだろ…)→鑑賞後 私(
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.7

彼女は世界中から愛され、一瞬にして世界中から憎まれた。


史上2人目にしてアメリカ人女性初のトリプルアクセル成功者、トーニャ・ハーディングの幼少期からナンシー・ケリガン襲撃事件までを描いた伝記的映画
>>続きを読む

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮(2015年製作の映画)

3.8

迷路から脱出し、次のステージは砂漠へーーー


このシリーズは原作を読んでから映画を見始めた組なのですが、迷路が出てこない案件についてちょっと擁護をさせていただくと、原作2巻目にも迷路は全く出てこない
>>続きを読む

今日、キミに会えたら(2011年製作の映画)

3.4

LAの大学に通うジェイコブはイギリスからの留学生のアンナと恋に落ちるが、ある決断のせいで国境を越えた遠距離恋愛となってしまい…


遠距離恋愛を強いいられたカップルがどうなっていくのか描いた作品
なぜ
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

4.0

身長1.5cmになった男は、ヒーローになれるのか?


MCU フェーズ2の最後を飾ったのが今作

正直はじめは蟻…?と思っていたのですが、いざ見始めるととても面白い!

シリアスな面もありつつ、しっ
>>続きを読む

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

3.6

舞台も映画も見たことがなかったので、今回が完全に初ANNIEです

オリジナルでは世界恐慌直後のNYが舞台となっていたようですが、今作では現代NYが舞台として設定され時代に合わせたリメイクになっている
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.7

毎年恒例となったコナン映画の劇場鑑賞、もちろん今年も行ってきました!

ちょっとどうしちゃったの…!と思わず困惑しちゃうほど安室さんのかっこよさが思う存分描かれていて、鑑賞後周りでは安室さんファンの皆
>>続きを読む

名探偵コナン ベイカー街の亡霊(2002年製作の映画)

4.0

歴代のコナン映画の中で唯一未鑑賞だった作品でしたが、これでやっとコナン映画全制覇できました

冒頭から雰囲気が他の作品と毛色が違うなという印象を受けた今作、子供向けというよりも大人向けなのでないのかな
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.1

何ひとつ忘れない。


80年代、北イタリアのどこかの避暑地で

レビューをあげるのは遅くなりましたが、公開日初回で見に行って豪華版パンフレットも無事購入できました
(2000部限定販売の豪華版パンフ
>>続きを読む

水をかけられた散水夫(1895年製作の映画)

-

『工場の出口』などと共に上映されたリュミエール兄弟による作品

『工場の出口』や『赤ん坊の食事』では日常の一場面が撮られていましたが、今作は短いながらもきちんと起承転結が存在しています
世界初のコメデ
>>続きを読む

赤ん坊の食事(1895年製作の映画)

-

世界最古の映画『工場の出口』を撮影したリュミエール兄弟による作品
『工場の出口』と同時上映されたものらしいです

こちらの作品は赤ちゃんの食事シーンを撮ったもの
いわば世界最古のホームムービーといった
>>続きを読む

>|